« 学位力低下で騒ぐ怪 | トップページ | 岩隈選手問題が解決 »

12月 19, 2004

岡田氏が岡田氏たる所以

まあ、ここまで来たら、くどいようですが、岡田氏の記事を見かけたら、何度でも書きましょう。
小泉氏が未だに日本の総理をやっていられるのは、絶対、この民主党党首のおかげだろうな。(笑)

民主代表が東南アから帰国、小泉外交批判は不発に


 民主党の岡田代表は18日、シンガポールやマレーシアなど東南アジア諸国連合(ASEAN)4か国訪問を終えて帰国した。各国首脳との会談や講演で、岡田氏は小泉首相の外交姿勢を“対米偏重”などと批判したが、十分にアピールできなかったようだ。

 岡田氏は一連の会談で、「中国は日本にとってチャンスだ。経済関係の拡大は中国にもアジア全体にも大きな利益がある」などと指摘した。バンコクの大学での講演でも「中国脅威論の立場には立たない」とした上で、「小泉政権はあまりにも日米同盟に傾きすぎている」と訴えた。

 岡田氏は最近、ほぼ毎年のように訪中している「中国通」だ。小泉首相の靖国神社参拝で日中首脳の相互往来が実現しない中、「政権交代すれば、日中関係は好転する」(岡田氏周辺)ことを印象づける狙いもあった。

 だが、会談相手からは「日米の軍事的同盟は、中国の軍事力拡張に対する一つのくさびとなる」(ハッサン・インドネシア外相)、「中国と台湾の関係をきっかけに中国と米国の関係が緊張する可能性がある」(リー・クアンユー元シンガポール首相)といった日米関係を重視する発言が目立った。党内でも、「日本人の中国への感情は悪くなっているのに、岡田代表は中国への思い入れが強すぎる」との声も出ている。


(2004/12/19/01:47 読売新聞)

靖国神社参拝に関して、ここでも私は毎回岡田氏を批判してきたが、岡田氏の場合「中国通」と言うよりも、完全に中国に傾倒している印象を受ける。
小泉氏を、アメリカのポチと表現するが、私からみれば岡田氏のほうが、よっぽど中国のポチに見える。
毎年中国参りを行い、中国にご機嫌伺いを行っているようだが、小泉氏は毎年アメリカ詣でを行っているのか?
私から見れば、中国にしっぽを振って、何かあれば海外で自国の首相を批判し、中国様が日本に対する批判は受け容れる。


国防と言うよりも、アジアの大国として、軍事バランスに対して敏感であるべき日本の政治家が、反対に東南アジアの首脳から中国の軍拡に対するバランスについて、日米同盟の重要さを指摘されてどうするんだろうか。
これが、政権交代を目指す政党の党首の発言とは思えない、もし政権を執って、海外でこんな発言をすれば、中国様は喜ぶだろうが、反対にもっと多くの東南アジアの国々から、どんな目で見られるのか。


 

中国は、ダブルスタンダード外交を平気で行う無節操な国であり、反政府運動を行う学生を戦車で轢き殺す国であり、共産党の独裁政権で民衆には真実を伝えない国である、これらの事を岡田氏がどこまで理解しているのだろうか。
日本は核を持っていないが、アメリカと中国と北朝鮮は持っている。
日本は防衛以外で外国を攻撃する事は出来ないが、アメリカと中国と北朝鮮は出来る。

この3カ国関係で、日本が同盟国として共に国防を頼むとすれば、どの国が一番良いか、どの国と親密にならざるを得ないか、一目瞭然だろう。
ハッサン・インドネシア外相に指摘されるまでもなく、独裁政権国家が、近年異常な軍拡を行っており、これを日本としてどう考えるのか。 中国とアメリカ、どちらの軍事力が周囲に脅威に移るのか、日本国の首相になりたいと思うのであれば、常識を身につけて欲しい。


 

「中国は日本にとってチャンスだ。経済関係の拡大は中国にもアジア全体にも大きな利益がある」

→ 「中国はイオンにとってチャンスだ。経済関係拡大は、イオン全体に大きな利益がある」(岡田氏の本音)

あくまでもジョークだが、国民の中には岡田氏のこの発言に、異常な親中態度にジョークと見られない人が増えている事にも留意すべきでしょうな。

面白い話しを拾ったので紹介します。


小泉純一郎首相を囲むいくつかの財界人の会がある。
ある会の座長は奥田硯トヨタ自動車会長で七、八人で定期的に会食をしていたが、
このところ、声をかけても総理の方からさっぱり返事がない。
しびれを切らして催促に行った使者に対して小泉首相はこういったという。
「あの会に出ると、『総理、靖国参拝だけはやめてて下さい。
 あれさえなければ新幹線でも何でも受注でき日本は大儲けできるんですから』という人物が二人いる。
 心の問題と金儲けを同じ次元で考えるような人物に会いたくない」
この二人というのは奥田氏と小林陽太郎富士ゼロックス会長だという。~(略

これは静岡新聞のコラムでの記事だそうだが、まさにみっともない話しである。
岡田氏も、これと同じ次元で日中の経済関係を考えているとすれば、情けない話しであり、ここでも小泉氏と岡田氏の器の違いが見せつけられた気がしますね。
中国との関係を考える、経済関係を深めることと、理不尽な中国の要求に日本が何でも屈する事とは、次元が違う話。


 
そもそも、岡田氏はどのような構図を考えているのだろうか。

自民党=親アメリカ  民主党=親中国

このような対立構造にしたいのだろうか?
もし、そうならば退場願うしかないだろうね。

対中親近感37%で過去最低 内閣府世論調査


sei043-1
内閣府が18日付で発表した「外交に関する世論調査」によると、中国に「親しみを感じる」と回答した人が昨年の前回調査と比べ10.3ポイント減の37.6%に落ち込み、1975年の調査開始以来、最低となった。「親しみを感じない」は58.2%(前回48.0%)と大幅に増加。現在の日中関係が「良好だと思う」は28.1%(同46.9%)に激減した。

 サッカーのアジア・カップでの中国人観客による「反日姿勢」や小泉純一郎首相の靖国参拝に対する中国側の反発などが影響したとみられ、経済活動は活発だが政治的関係は冷え込んでいる「政冷経熱」の現状を反映した格好だ。

 一方、最近の「韓流ブーム」を反映して韓国への親近感は1.7ポイント増の56.7%と過去最高を記録。55.5%が日韓関係は「良好」とした。

 米国への親近感は71.8%と前回より4ポイント減少、日米関係が「良好」とする回答も76.7%(同79.1%)とわずかながら減った。ロシアへの親近感も16.3%(同20.0%)に減少した。

 北朝鮮に対する関心事項(複数回答)は日本人拉致問題が88.3%とトップ。核開発、ミサイル問題と続いたが、昨年と比べて全体的に関心がやや低下した。

 日本の国連安保理常任理事国入りには、賛成が62.6%だったのに対し、反対は16.0%。反対理由のうち「常任理事国にならなくても非軍事分野で十分な国際貢献を行える」との意見が前回より7.5ポイント増えた。

 海外での日本人保護については「個人や企業が対応できない時は政府が対応すべきだ」との回答が39.0%で最も多く、「各自の責任で対応すべきだ」とする自己責任論は3.2ポイント増の9.4%だった。

 経済協力で重点を置くべき地域は韓国、中国などの「北東アジア」が過半数を占めた。

 調査は成人男女3000人を対象に10月に実施、回答率は68.9%。 産経新聞記事(共同)(12/18 17:14)


サッカーアジアカップでの、中国国民の態度と言い、靖国問題などの、中国の度を超えた干渉、さらに、捏造による反日教育を行う中国に対し、中国そのものを嫌う国民が増えたと言うことでしょう。

これは、10月のアンケートですから、その後は潜水艦による領海侵犯問題に、謝罪をせずに靖国だけを問題にする中国の姿勢などあったので、今、アンケートを行えば、もっと親近感が減っていると思われますね。

言っておきますが、日本人の中国への親近感が減った(対中感情が悪化した)のは、日本の国政の結果ではなく、あくまでも中国側の責任だと言うことを、中国も忘れないべきですね、中国国民の対日感情の悪化に、さらに日本の対中感情の悪化まで引き出しているのですから、中国政府には猛省してもらいたいものです。


 

岡田氏が代表である限り、民主党は私は信用がおけない。
そもそも、野党という物は、与党(自民党)のやることに何でも反対する必要はないはず。

もちろん、野党は与党との対立機軸があって初めて争えるものは否定しませんが、その政策における対立機軸は、何も政策の方向まで反対にする必要はなく、同じ方向でありながら、より特化を計る事で十分に対立機軸になるはず。
例えば、憲法改正に関しては、共産・社民に対しては、自民、民主ともに同じ方向性で、ただ、その内容に差があるわけだが、そのような形で十分なはずです。

民主党は、昨年の衆議院選挙と、今年の参議院選挙ともに、自民党のやる事を、もっと高度な政策で差を付ければ、簡単に政権を執れていたはずなんですよね。(笑)
自民党に反対するだけが、野党の存在意義だと勘違いしている間は、ダメだろうね。
(と言うか、同じ政党内に自民党から社民党まで抱えているような政党だから、1本にまとまらない気もするけど)


 

|

« 学位力低下で騒ぐ怪 | トップページ | 岩隈選手問題が解決 »

コメント

連絡遅れました。

トラックバックさせて頂きました。

投稿: 安保 仁 | 12月 20, 2004 22:48

安保さん、いつもありがとうございます。
こちらもTBを、させていただきました。
また、よろしくお願いします。

投稿: akinopapa | 12月 21, 2004 11:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岡田氏が岡田氏たる所以:

» 日本の経済人って奴は・・・・。 [冒険少年ぶろぐ本館]
Akinopapaのあくびさんからトラックバックです。 こちらで取り上げられてい [続きを読む]

受信: 12月 19, 2004 22:30

« 学位力低下で騒ぐ怪 | トップページ | 岩隈選手問題が解決 »