« 安倍の不動と、加藤の凋落 | トップページ | 布教の許可との取引材料に在日外国人参政権問題 »

10月 29, 2004

カメさんとオカちゃん

亀井静香氏と、民主党岡田克也代表が、お互い人質事件に関連して、パフォーマンスを披露したようです。

「人質救出に自衛隊活用を」亀井静香氏が首相に申し入れ

 自民党の亀井静香元政調会長は28日、小泉首相を官邸に訪ね、イラクでの日本人人質事件について「イラク政府が救出できないなら、サマワに駐留する自衛隊が捜索、救助活動をするべきだ」と求めた。

 亀井氏はもともと自衛隊のイラク派遣には慎重で、派遣承認案を採決した1月の衆院本会議を欠席した経緯がある。しかし、この日は「日本国民の生命・財産を守るのが自衛隊の任務。現にイラクに自衛隊が存在し、そばで同胞が拉致されている以上、黙って見ているべきではない」と自衛隊の活用を提案した。

 ただ、イラク復興支援特措法に人質救出は定められておらず、「自衛隊には法的にも能力的にも不可能」というのが政府の立場。自民党内でも自衛隊活用論は少数派だ。亀井氏としては政治的存在感をアピールする狙いもあったようだが、首相はとくに反応を示さなかったという。
朝日新聞(10/28 22:41)


ものすごい計算高い亀井静香氏のことですから、これらは明らかなパフォーマンスだと思います。
専用の訓練も受けていない、しかも復興支援の目的で派遣されている自衛隊に対し、犯人グループの規模や居場所も分からないのに、救出のために出動しろとは、素人でも言えませんよね。
そんな(相手の組織規模不明で、居場所も分からない)状態で出動しろとは、自衛隊員に死んで来い、と言っているようなもの。
まあ、先の大戦での日本軍も、きっとこんなものだったんでしょうね、国民のために死んで来い、みたいな。

そもそも、亀井氏は警察庁出身ですから、いくら威勢が良いと言っても、交番勤務の人に、人質を取り立て篭もった凶悪犯が、このビルのどこかにいる、相手の犯人は何人かも分からないし、携帯している武器も分からない、だけど人質は大事だから救出に行け、と言う話が、どんなに無謀な事かは理解しているでしょうからね。


それにしても、人質事件を使って自分のパフォーマンスに使うとは、ちょっとみっともないなぁ、亀井静香氏も落ちぶれたものだ。
仮に、パフォーマンスじゃないとしたら・・・本気で言っているとすれば・・・余計にあきれる。(笑)

まあ、私はこの人が大嫌いでしたから、こんなバカ発言は歓迎しますけどね。
何でも、亀井氏は以外に若い人から人気あるとか、信じられないんだけどね。(笑)
何か困ったことがあれば、「赤字なぞ関係ない、国債発行だ、公共投資だ」としか叫ばない、現在の日本の赤字の原因となった箱物行政時代の、貴重な生き残りの人ですけどね。

まあ、若手と呼ばれていた亀井氏も、小泉氏の登場であれほど欲しがっていた総理の椅子が遠のき、いつのまにか自分が座る前に、次の世代に主導権が移りそうで、焦っているんでしょうね。


 

さて、亀井氏はさておき、民主党の岡田氏がアルジャジーラで、人質解放のためにメッセージを出すと言う話を聞いて、これは政権交代を目指す野党第1党の党首としては、ポイントが高いと思ってました。

<イラク邦人人質>人質解放を呼びかける文書 民主党

 民主党は28日、イラク日本人人質事件で国際テロ組織アルカイダ系の武装グループに人質解放を呼びかける文書をまとめた。岡田克也代表名で「このようなやり方をしても自衛隊撤退につながらない。同胞の命と引き換えに要求をする人たちの主張に耳を貸すわけにはいかないという気持ちになる」として即時解放を求める内容。
(毎日新聞) - 10月28日22時49分更新

ここに書かれている内容も、もっともな話で、全文は載っていないのが残念ですが、珍しく岡田氏を支持します。
民間人を人質に取るテロは、国際世論はもちろん、日本国民の誰からも支持を得られない。
人命を盾に、自分たちの要求を行うことは、日本人の憎しみや怒りを買うことはあっても、決して同情は得られない。
人質を取る行為により、日本が要求に従う事はあり得ず、むしろマイナス行為にしかならないことに気付いてくれ。
だから、すぐにでも開放して欲しい、これが流れでしょうね。


ところが、先ほどニュースが配信されてきましたが、雰囲気が全然違います。

民主党の人質解放要請報道 アルジャジーラ

 【カイロ28日共同】中東の衛星テレビ、アルジャジーラは28日夜、イラク日本人人質事件の犯人グループに対し香田証生さんの解放を求める民主党の呼び掛けを放送した。
 同党は「自衛隊の派遣期限が切れる12月以降の撤退に全力で取り組む」とし、香田さんの即時解放を訴えている。
(共同通信) - 10月29日5時59分更新


岡田民主党代表、人質解放を求める=アルジャジーラが声明放送

 【カイロ28日時事】カタールの衛星テレビ局アルジャジーラは28日、イラクで拘束された香田証生さん(24)の即時解放を犯行グループに求める民主党の岡田克也代表の声明を伝えた。アラビア語で書かれた声明は、日本人の過半数が自衛隊のイラク派遣に反対だとした上で、「香田さんは日本政府とも自衛隊とも全く無関係の人です」と強調している。 
(時事通信) - 10月29日7時1分更新


なんだか雲行きが怪しいなぁ。
報道が断片的なので、全文を知らないので何ともいえないけど、言うべきことはきちんと言ったのかな。

まあ、我々は自衛隊派遣に反対しているし、日本国民も全員が賛同しているわけじゃない。
君達がテロ行為を行えば、国内で我々の意見を聞こうとしている日本人が、反対に君達に対して憎しみを抱いて、自衛隊派遣の賛成に回ってしまう恐れがある。 だから、人質を解放して、自衛隊撤退は我々に任せてくれ。

こんな感じで言いたかったのだろうけどね。

問題は、最初のニュースで流れた文章(下書き原稿か?)と、どれだけ近いことをきちんと述べたのか、ここが大事ですね。
人質の解放をしてくれなければ、日本は自衛隊の撤退を国会で論議することすら出来ない、と言うことをきちんと説得してくれれば、今回の岡田氏の行動には、珍しく賛同するんですけどね。


 
亀井氏と岡田氏は、ともに小泉氏に敵対する勢力ですね。
亀井氏の発言は、自分では国民向けのパフォーマンスに違いないけど、国外的には、反対にテロリストグループから見れば、やはり自衛隊とは復興支援だけでなく、軍隊の役目として来ていると理解し、今までの自衛隊の活動が無に喫する場面もあるかも知れません。
サマワの自衛隊にも、危険が迫るかも知れません。
本当に、浅はかで無謀な発言で、むしろ自分の価値を下げる結果となったようです。

一方の岡田氏は、今までは与党に反対する野党の党首、それだけのイメージが強かった、非建設的な攻撃しかせずに、ポイントを下げてきましたが、きちんと「国民はテロでは同情はしない、テロでは撤退は絶対にしない」と主張した上で、まあ、民主党は自衛隊反対なんだから、人質は解放してくれと言う展開なら、個人的にはポイントを少し上げたい気分です。
まあ、全文を読んでみないことには、評価のしようもありませんが。

まあ、いまのところ、反小泉勢力の2人の立場は、大きく差が開いた、そんなところでしょうか。

 

|

« 安倍の不動と、加藤の凋落 | トップページ | 布教の許可との取引材料に在日外国人参政権問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カメさんとオカちゃん:

« 安倍の不動と、加藤の凋落 | トップページ | 布教の許可との取引材料に在日外国人参政権問題 »