« やっぱりキーワードは橘高 | トップページ | 安倍の不動と、加藤の凋落 »

10月 19, 2004

中国は、日本に喧嘩を売っていないか?

中国の王毅駐日大使が、都内で記者会見を行いましたが、これがまたどう読んでも、日本の対応を非難し、おまけにウソを平気で付いているわけだが、どうして日本国内で、平気でここまで言えるんだろうね。
日本と中国って、国交断絶中だっけ? まるで北朝鮮の報道官が、記者会見したみたい。

本当は、今日はオーストラリアの捕鯨の事を書きたかったんだけど、こっちも酷いので、こちらを取り上げます。

「政冷経熱」関係は正常でない、靖国問題再考を=中国大使

 [東京 18日 ロイター] 王毅・新中国大使は、都内で講演し、日中の経済関係は緊密だが首脳外交が途絶えるなど政治関係が停滞している状況(「政冷経熱」の関係)は、正常ではないと懸念を示した。また、その原因は小泉首相の靖国神社参拝にあるとし、「日本の指導者が考え直し、中国の国民感情を傷つけるようなことをしないよう希望している」と述べた。

<「政令経熱」、両国発展にヒビ及ぼす可能性も>

 王大使は、政令経熱は「正常ではない。双方の共通の利益にも合致しないし、長続きもしない。最終的には両国の発展にもヒビを及ぼすのではないか」と述べた。さらに、「政治関係が健全・順調に発展できない主な障害は、(小泉首相の)靖国神社参拝があるからだ」とした。

そのうえで、王大使は、「中国の国民に大きな罪を犯したこうした人(A級戦犯)に、なぜ敬意を表するのか。中国の国民感情を直接傷つけ、中日関係の政治基盤を揺るがし、(こうした行為は)中国国民は受け入れがたい」と批判した。

 日本独自の文化や死生観は承知しているとしながらも、「この問題は、もはや日本の内政問題を越えている」と述べ、「日本の指導者が考え直し、中日友好関係、両国の長期的ニーズから、中国の国民感情を傷つけるようなことをしないよう希望している」と語った。


<反日教育はしていない>

 中国国内で高まっていると指摘される反日感情に関しては、「中国の歴史図書のなかで、日本に関連するものは少なくないが、事実通り述べている。友好の歴史も、侵略の歴史も書いてある。中国には、愛国教育はあるが、反日教育はない。日本に向かって何かあるとすれば、対日友好の教育ではないか」と述べ、中国の反日教育が反日感情の背景だとする日本国内の見方を否定した。

<中日FTA>

対ASEAN諸国とのFTA締結の動きに関しては、「アジア諸国とのFTAを進め、アジア経済の一体化を進めたい」と述べ、現在サービス・投資分野の交渉進めており、年内に終わるのではないか、と述べた。

 一方、日中FTAに関しても、「中国はグローバリゼーションの流れに適用し、日本、韓国も含め、適時にFTA交渉したい」と述べた。王大使は、重要な貿易パートナーである日本とのFTA交渉を重視しているとしたが、この問題については、「中国は相対的に積極的で、日本が相対的に消極的だ」と、日本の積極対応を促した。


<東シナ海天然ガス田開発問題>

 日中間で摩擦が強まっている東シナ海の天然ガス田開発問題については、「今月下旬に協議が開始される」との見通しを示したが、中国の立場については、「中国が東シナ海で開発する天然ガスの位置は、意見の相違のない中国の近海の範囲内だ」とする従来の説明を繰り返した。

一方で、日本側が主張する中間線(日本の排他的経済水域の日中境界線)は、「中国と合意した結果でない。この線をもって、現在の問題が正しい、正しくないと判断するのは公平さに欠ける」と語った。


<懸念は、両国の国民感情>

 GDPが昨年1000ドルを越えたことなどを挙げ、「中国は新しい発展段階に入った」とした。

そのうえで、政権運営の基本について、(1)中国共産党の理念を明確化。民主的、科学的、法律に沿って政権運営をし、政治改革を含め各分野の改革を推進していく、(2)国の発展は経済のスピードだけでなく社会全体の質的向上を求める時期に入っている。都市と農村、沿海部と内陸部、経済と社会、人間と自然、国内と国外という5つの矛盾する分野で、調和のとれた発展を目指している──などを上げ、外交面では、協調・協力を重視していると指摘した。

 さらに、日中関係は、「最も重要な2国関係のひとつ」としたが、懸念する点として、「問題や摩擦が増えている。歴史問題など従来の問題が両国関係の建設的な発展に影響しており、貿易摩擦や知的所有権などの新しい問題も起きている」と指摘。

 さらに、「両国の経済関係が活発化しているにもかかわらず、国民感情が、必ずしも好ましい方向にいっていない。国民感情が一番気になっている」と懸念を示した。

c ロイター 2004年 10月 18日 月曜日 18:26 JST


<「政令経熱」、両国発展にヒビ及ぼす可能性も>
まず、別記事だが、靖国参拝問題を、「内政問題でも文化問題でもなく、正義を守るかどうかという外交問題」と言ったそうだが、何に対しての正義なんだろうか。

「首相靖国神社参拝の外交カード」でも述べたが、日本は、裁判で裁かれて罪を償ったものは、いつまでも罪を問われて差別を受けることはありません。
また、国民の希望で処刑されたA級戦犯も、復権されていますが、これが日本にとっての、罪を償った死者に対する「正義」です。
日本は罪を犯せば、末代までも消えない、一族郎党に罪が及ぶ、そんな時代はもう100年以上前に終わらせました。
中国の言う正義と、日本の正義とは当然違うわけで、それこそまさに内政問題、文化問題であって、外交問題にあげるほうがどうかしている。
日本の国民が復権を決めた人達を、自分たちが許せないから「外交問題」と扱うのであれば、それは立派な日本に対する内政干渉でしょう。

自分たちも、「中国の国民に大きな罪を犯したこうした人(A級戦犯)に、なぜ敬意を表するのか。中国の国民感情を直接傷つけ、中日関係の政治基盤を揺るがし、(こうした行為は)中国国民は受け入れがたい」と言っているように、対立しているのは、感情面の違いだけ。
中国は、4000年の歴史と言いますが、私から見れば殷の紂王、周の幽王、夏の桀王や、秦の始皇帝など、歴史上の明と暗の双方の人物が中国史には存在したからこそ、現在の中国が存在すると思っていますが、これが中国には理解できない感情なのでしょう。

もっとも、中国国民に大きな罪を犯したとは、具体的に誰のどの行為を指しているのか、聞いて見たい気はしますけど。


ただまあ、こんなことを私が言うまでもなく、中国側も問題点はしっかり整理して、分かっていると思います。
分かっていながら、外交問題だと平気で大使ともあろう地位の人が、記者会見の席上で批判するのですから、中国の確信犯のようなものであり、これって要するに、日本をなめて恫喝しているようなものでしょ。


個人的には、中国などの諸国に配慮して、首相や閣僚が靖国神社に参拝するのは、自由でいいやと思っていたけど、中国は日本側のその配慮など全く受け入れず、むしろ強行に出てくるようですから、それは今まで中国に対して遠慮して、中途半端な態度を取ってきた歴史が悪かったのかな、と最近は思っています。
靖国参拝は、日本に対する中国の、有効な外交カードになりえない事を示すためにも、きちんと8月15日に参拝して欲しいと思うようになっています。(笑)
もっとも、中国も自分の国民に対する立場、面子もありますので、むしろ靖国参拝は中国にとってのカードではなく、日本にとって有効なカードになるかも知れませんね。


 

<反日教育はしていない>
これは、真っ赤なウソですね。
このブログで、私は散々言って来ましたが、最近では「江沢民にとっての文化大革命」でも書いています。
反日教育と言う表現はもちろんありません、そんなもの露骨に書いてあったら、それこそ国際社会に対して言い訳が立ちませんから。(笑)
あるのは、「愛国主義教育」ですね。
でも、この内容が、日本に対して怨み、憎しみ、反感を抱かせて、国内の共産党支配による不満を逸らせるもので、反日教育を意味することは、誰でも知っています。
中国の国民は、洗脳されている立場ですので、そこまで気付いていない人も多いでしょうが。
(気付いていても、共産党による圧力で、国内では自分の主張がいえないでしょうけどね)


 

<東シナ海天然ガス田開発問題>
ここでは、「日本側が主張する中間線は、中国と合意した結果でないので、ここで正しい、正しくないと判断するのは公平さに欠ける」と言う話ですが、まあ国際的に見て、中国が主張する大陸棚ルールって、排他的経済水域圏が重なる所では使えない、いや使っちゃいけないと思うけどね。
そんなの認めていたら、当然国同士が揉める要因になるだけですから、国際的にも認めていないと思ったけどね。

それと、中国側の認識として、中国と合意した結果でないので不公平、と言っているわけだが、その合意した結果が無いのにもかかわらず、日本側が主張するEEZに進入して調査、開発しようとしている横暴な国はどこかね?
日本は、EEZの主張はしていたが、合意していないとの理由で、中国側に遠慮して調査も行ってこなかったが、合意していないと了承しつつも、無遠慮に進入して来たのは、見事な二枚舌と言うしかないですよね。
これが、中国の外交であって、日本は遠慮も付き合う必要も無いと思うけど。


 

<懸念は、両国の国民感情>
まあ、新しい発展段階に入った、ってのは間違いないでしょうね。
頑張ってくださいと、エールを送るしかないですね、現在は、下手に中国経済が急速に傾けば、日本経済にも大きな影響を及ぼすことは間違いない話なので、コントロールして下さいと応援します。
正直な話、経済は開放、政治は独裁でどこまでその矛盾を抱えたままで、この先行くのか、興味を持って見守っていますだ。

ただ、「歴史問題など従来の問題が両国関係の建設的な発展に影響しており」っつう下りは、自分たちで責任取れよな。
国民を焚き付けているのは、中国政府でしょ。 国民感情のコントロールは、自分たちでやってください、自分たちの政策のツケを、日本に回して来ないでね。
靖国神社参拝を、外交カードとして煽るのはいいけど、中国の国民感情が爆発して、日本と何も外交がうまく行かない、アジア経済を巻き込んで沈没しちゃった、なんて笑えない結末だけは止めてください。

北京五輪では、この間のアジアサッカーのように、政府が自粛しろと言っても、国民が言うことを聞かない、コントロールできない事態になって、どうするんでしょうか、また戦車や軍隊で、押さえ込みますか? 天安門事件のように。
まあ、そんなみっともない真似は止めて欲しいけど、少なくてもその時に、日本が歴史認識が悪いからだと、責任を転嫁しないようにね、今からきちんと考えておくように。


 
あと、今回の記事で、少しWEBで調べていたら、こんな記事を見ました。
こんなデタラメな、すぐにばれるウソも、もう止めてね、自分の国が恥ずかしいだけだから。





■ 中国駐米総領事が事実に反する発言
「日本は侵略認めず謝罪拒否」
賠償要求「3500万人殺害」

 【ワシントン4日=古森義久】中国政府の公式代表であるサンフランシスコ駐在 総領事が地元での公開のシンポジウムで日本政府が中国その他のアジア諸国 への過去の侵略を認めず、謝罪もすべて拒んでいるとする、事実に反する言明 をしたことが四日までに明らかになった。同総領事は日本が戦争中に中国人三千 五百万人を殺したという根拠のない数字をあげる一方、日本政府に中国側への 賠償支払いまでを求めた。
 中国のサンフランシスコ駐在の王雲翔総領事は四月二十二日にサンフランシスコ 大学で開かれた「日本の戦争記憶問題と対決する」と題するシンポジウムで基調 演説者の一人として発言した。王氏の発言内容は複数の参加者による録音報告 で一般にも明らかとなった。

 王総領事はまず日本の対中侵略についてとして(1)一九三一年の中国東北部の 占領から四五年の終戦まで日本軍は中国人民に対しホロコーストを働き、合計 三千五百万人の中国人を殺した(2)三七年に南京を占領した日本軍は六週間で 三十万人の中国人を殺した(3)その際、日本軍将兵は殺人の競争をした(「百人 斬(ぎ)り」への言及)-などと述べた。

 王氏はさらに日本はフィリピンその他の近隣諸国をも侵略し、残虐行為を働いた と述べたうえで「こうした残虐や長年の経過にもかかわらず、日本の政治家も政府 も現在にいたるまで近隣諸国への侵略を認めず、残虐行為を否定し、中国、韓国 を含むこれら諸国に対し口頭でも法的にも謝罪することを一切、拒んでいる。日本 政府は犠牲者への賠償支払いも拒否した」と言明した。

 王総領事はまた日本政府が戦争中の侵略や残虐の記述を教科書から削除し、 国際社会への責任を果たしていないため、近隣諸国の間には日本がまた侵略戦争 を始めるのではないかという懸念があると非難したうえで、「中国政府としては日本 政府に対し(侵略の)犠牲となった諸国に対し公式、かつ法的に謝罪し、犠牲者への 賠償を支払うことを厳粛に要求する」と述べた。

 このシンポジウムは中国政府ともきずなのある「中日戦争真実保存同盟」など 中国系米人の活動家組織の共催で開かれ、「ザ・レイプ・オブ・南京」の著者のアイ リス・チャン氏や韓国のサンフランシスコ駐在副総領事も基調演説者として発言した。 主催者側では日本のサンフランシスコ総領事も招待したが、辞退したと述べている。

産経新聞

言うまでもなく、日本は多くの国と条約を結んで、賠償金を支払ったし、中国や韓国にも何度も謝罪を行って来ましたね。
中国に対して、今まで行った謝罪は、一体何だったのでしょうね、もう何も言わない方が良いですね、日本がいくら謝罪しても、中国側では謝罪は無いと言う始末で、しかも、中国だけでなく、その他のアジア諸国まで巻き込んで、ダシに使うし。

もっとも、シンポジウムは中国政府ともきずなのある「中日戦争真実保存同盟」など 中国系米人の活動家組織の共催で開かれたものらしいので、いわば中国のオナニー的な会議だから、そんなに気にする必要も無いかも知れませんけどね。
でも、いくらオナニー会議でも、これほど堂々とやられては、どうみても日本をなめているか、喧嘩売っているようなものでしょ、やはり中国との付き合いを見直すべきだと強く思うね。



|

« やっぱりキーワードは橘高 | トップページ | 安倍の不動と、加藤の凋落 »

コメント

酷いですね・・・。

この総領事・・・。日本政府は抗議すべきですよ。

投稿: | 10月 23, 2004 10:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国は、日本に喧嘩を売っていないか?:

« やっぱりキーワードは橘高 | トップページ | 安倍の不動と、加藤の凋落 »