« パリーグ・プレーオフ 是非論 | トップページ | やっぱりキーワードは橘高 »

10月 15, 2004

野党の脊髄反射的な対応

小泉首相が、何でも米大統領選でブッシュを強く支持したみたいな報道がなされていますな。
本音は当然だろうけど(笑)、でも、公然と言っては何かと問題は多いでしょうね。
でも、民主党の国対委員長が内政干渉だ!と、面白いことを言ったとか。
相変わらず、笑いのネタを振りまいてくれるなぁ。





民主、首相の応援発言批判 閣僚は「友情」と擁護

 民主党の鉢呂吉雄国対委員長は15日午前の記者会見で、小泉純一郎首相が米大統領選でブッシュ大統領の再選を期待する発言をしたことについて「内政干渉につながる問題ではないか。首相の場合、(対米)介入というより追随だが、他国の選挙で特定候補を応援する発言は、民主主義の観点、外交や国際関係からいってもおかしい」と批判した。
 一方、閣僚からは15日の記者会見で、首相を擁護する発言が相次いだ。
 細田博之官房長官は「親しいブッシュ大統領に頑張りなさいとエールを送ったが、どちらの候補が勝てばいいと言っているわけではない」と釈明。日米関係への影響について「特にないと思う。どのような選挙結果でも日米の固いきずなは揺るがない」と強調、民主党のケリー候補が当選した場合、首相が親しい関係を築けるかとの質問には「当然だ」と答えた。
(共同通信) - 10月15日11時26分更新


この鉢呂吉雄議員って、自分のとこのボス(党首)が、ついこの間大事な国会を休んでまで、ケリー候補の米民主党大会に出て行った事を忘れたのか?
靖国神社の首相参拝に対する、中国、韓国の対応は、内政干渉とは言わないのか?

全く、自分の事を棚に上げて、首相の言葉1つに、意味を吟味せずに反射的に反対ばかりするなぁ。
しかも、内政干渉だなんて、中国にも言ったことが無いようなことを、自分の国の首相にはすぐに言うとは。


自民の武部幹事長が言っていることは、一理あるでしょ、ケリーは北朝鮮問題には六カ国協議を無視して、二カ国協議を行うべきという主張であり、それは北朝鮮の核開発、拉致問題を包括的に解決したい日本の政略とはかけ離れているから、その意味ではブッシュの方が北朝鮮問題では、応援できるだろうに。

もちろん、米大統領選であからさまに一人の候補を応援してしまうのは、対立候補が当選してしまった場合に、非常に両国の外交に問題が生じる可能性が高くなるけど、もっとも、経済や外交において、日本は共和党の方が民主党よりはありがたいのは、昔から変わっていないでしょうし。

よく調べたら、鉢呂吉雄ってのは、北海道の横路派の、モロ社会党出身じゃん。
そりゃ分かる、社会党ってのは与党に対し、何でも反対、反対と唱えて来ただけで生きのびて生きた政党だったからね。
キャビネット内閣など気取っていたけど、いざ、連立でも自分たちの党首が首相になって見れば、いかに政治能力が無かったか、国民に恥をさらして、すぐに解体しちゃった政党ですからね。
口先、反対だけする政党ってのが、国民にばれちゃったわけですから、しょうがないけど。

まあ、その社会党出身である鉢呂氏は、何でも与党には反対党のクセが出ちゃったんだろうね。
自分の意志とは無関係に反応する、膝蓋腱反射みたいなもんだね、自分たちの党首がほんの3ヶ月ほど前かな、何をやったのかも忘れて反応しちゃうんだから。(笑)


思うに、二大政党として政権交代を目指すうえで、脊髄反射を起こすような旧社会党の議員って、いい加減に民主党は切り離せないないと、本当の政権交代が望めないでしょうね。
個人的には、民主党内にも結構な人材はいると思っているんだけど、全てを台無しにするのが旧社会党の議員であり、二大政党といいながらも、ピントのずれたことばかりやって、政権を取れない期間が続くと、それは単なる第2の旧社会党になるだけで、どっぷり野党の立場に浸ってしまうだけだと思うんだけどね。


 

本当なら、小泉首相が米大統領選でブッシュ大統領の再選を期待する発言を、本当に述べたとしたら、どんな形であれ、それは首相の発する言葉としては、無用心だろうとは思うのだが、実はこんな記事も見つけた。




14日夜の首相と記者団のやりとりの要旨は次の通り

 〈記者団〉 第3回テレビ討論があり、各社の世論調査でケリー氏勝利という結果が出たが、盟友であるブッシュ大統領にどういった言葉をかけたいですか。

 〈首相〉 世論調査と選挙の結果が違うことはよくある。結果を見ないとわからないですね。他国の選挙には干渉したくないけど、ブッシュ大統領とは親しいから、頑張っていただきたいね。
 (朝日新聞) (10/15 11:35)


これ、マスコミの誘導尋問でしょ。
仮に、ここでブッシュではなく、「ケリー議員に一言」と記者に問われても、小泉さんなら「まあ、がんばってください」とか言ったでしょうが、それも「小泉首相、ケリー議員の当選を期待する発言」とか記事にするのか?

現在、世論調査で不利な盟友に、どういった言葉をかけたいですかと聞かれて、親しいので頑張って頂きたいとは、まさに自然な応援だと思うけどね。
これが、いつのまにか、米大統領選挙に日本国の首相が、片方に肩入れ発言とか大げさな発信になるのか。
マスコミが言葉尻を捕らえて、あまりにも偏った報道をし過ぎる、悪しき一例だね、これはひどい。

朝日新聞によれば、世界10カ国で行われた世論調査の結果として、米国の同盟国の国民の大半が、米大統領選でケリー民主党候補に好感を持っているらしいね。

国名      =ケリー:ブッシュ
イスラエル   = 24 : 50
ロシア     = 48 : 52
イギリス    = 50 : 22
日本      = 51 : 30
オーストラリア = 54 : 28
メキシコ    = 55 : 20
スペイン    = 58 : 12
カナダ     = 60 : 20
韓国      = 68 : 18
フランス    = 72 : 16

イスラエルが、ユダヤよりの民主党よりもブッシュを支持しているのは、今までの実績から?
ここだけは良く分からないけど、欧州全般は、イラク戦争への経緯からして、反ブッシュだろうね。
もっとも、反ブッシュと言うよりは、反米国中心主義だろうけどね。

ただ、日本がどうしてブッシュよりケリーなんだろ?
ケリーは、ブッシュのイラク戦争のやり方に批判しているんだけどね、俺ならもっとうまく出来たって。
つまり、日本は反戦でのブッシュ嫌いだと思ったけど、よりイラク戦争強硬派みたいな側面があるケリー候補を支持とは、ちょっと違うんじゃないかなと(勘違いなのか、マスコミに誤った印象を刷り込まれているとか)。
おまけに、民主党って、経済面でも日本には好ましくないしね、北朝鮮問題でも、先ほども言ったけど日本にはプラスにならないんだけど。

もっとも、好き嫌いでいけば、オレもブッシュは嫌いだけどね。(笑)
どう考えても、イラク戦争は誤った選択だったからね。(でも、日本の米支持は間違っていないと思っている)
かと言って、ケリーが好きなわけじゃない、どちらかと言えば、候補者よりも政党で、民主党より共和党の方が日本には都合よいと思うので、共和党を支持するだけ。


|

« パリーグ・プレーオフ 是非論 | トップページ | やっぱりキーワードは橘高 »

コメント

マスコミの誘導尋問に近いとはいえ、特定候補を応援するような発言は問題にされてもしかたないかもと思ったりするわけですが、、、
それより共同通信の配信記事は凄すぎますね。
「武部氏 ケリー氏はとんでもない」とのタイトルで配信されていますが、内容を読んでみると
http://www.minyu-net.com/news/2004101501002397.html
_____
武部氏は「ブッシュ大統領でないと困ると思う。例えば、ケリーさんなんか北朝鮮問題を(米朝の)2カ国でやろうというのは、とんでもない話だ」と強調。
_____
と北朝鮮政策を「とんでもない」と批判しているわけで、このタイトルに共同の悪意を感じられずにはいられません。
グーグルニュースで検索すると削除されてるサイトが多いので共同もヤバイと思ってタイトル変えるのかな?

投稿: 色々種 | 10月 15, 2004 21:42

内政干渉云々については、まぁどうでも良いと思ってます。
だって、当のアメリカでは日本の政治家がどっちの候補者に
肩入れする発言をしたところで全く気にも留めないし(笑)。
相手が気にしてくれなきゃあ、内政干渉になんかなりようが
ないです(爆)。まぁ、この手の発言が影響をあたえるほどに
日本が“政治大国”になってくれることには、些かも反対す
るつもりはありませんけど・・(まぁ、あり得んけど)。

しかし、NHKでも「武部氏 ケリー氏はとんでもない」と
のフレーズで報道されてましたけど、先にコメントされてる
方のおっしゃるとおり北朝鮮政策についてとんでもない!と
言ってるだけですよね?。べつにケリー氏の人格や全般的な
資質を否定しているわけじゃないし・・。なのに、どうして
天下のNHKまでがこんな“下劣な”フレーズで報道するの
だろうか?。民主党議員の発言などより、余程こちらのほう
が気になります。

そもそもが政権与党である自民党の幹事長が、もしかしたら
おつきあいするかもしれない人に向かってそんなこという筈
がない。確かに共和党のほうがウマが合うとは思っているで
しょうけど、民主党出身の歴代大統領と長年付き合ってきた
のだって結局は自民党です(野党じゃない!)。それに小泉
首相の“ブッシュ応援”発言も、厳密に言えば確かに公平を
欠いてると言えばまぁ一応言えますけど、私などからすれば
彼の性格からして随分と大人しいというか遠慮したというか
大人の発言をしたというか(笑)、そういう印象ですよ。

あと、ケリー氏の人気は、イラク戦争をアメリカ以外で唯一
圧倒的に支持しているイスラエル以外では日本を含め概して
高いのは、まぁ今までの経緯からしても当然だと思います。

ケリー氏のイラク戦争に関する発言には、確かに“ブレ”が
ありますが、最近の発言からしても、ブッシュ現大統領より
は少なくても根拠薄弱な状態での戦争発動は否定的に捉えて
いるようだし、より国際協調を図ろう!という意思も一応は
感じられます。そういった意味からすれば、そもそも共和党
と民主党の違いなどよく分からないしあってもさして影響が
ないと考えてる平均的な日本人からすれば、なにもブッシュ
氏を敢えて支援する理由などどこにもなくどちらかといえば
ケリー氏の方が良いんじゃない?ということで落ち着くので
はないかと思います。実際、見た目ほどに民主党政権が日本
に不利益を与えてるとも正直思えないし・・。まぁ「太平洋
戦争当時の大統領は民主党(F・ルーズベルト)だったじゃ
ないか!」等を持ち出せば、また話は別になりますが(笑)。

投稿: 雷電 | 10月 16, 2004 00:05

色々種さん、どうもコメントありがとうございます。

ブログも読ませて頂きましたが、なかなか面白い題材を拾ってらっしゃる。
特に「100ヘクタールの大豆畑に何千人もの村民押しかける」には爆笑。
まあ、これからも遊びに行かせてもらいます。

小泉さんの発言は、それほど大げさにするものじゃない、と思うんですよね。
ブッシュと小泉は、ロン・ヤスと同じようなもんでしょ。
今更小泉氏がブッシュ氏にエールを送ったぐらいで、アメリカでも驚きはしないと思うけど。

そもそも「○○氏にどのような言葉をかけますか?」と質問されて、用心深く「ノーコメント」ってのが、普通の政治家の対応だろうけど、それじゃつまらない。(笑)
答えたのも、小泉氏ならではだし、一言どうぞで、「頑張って下さい」は、普通の挨拶言葉だしね。
本文でも言ったけど、記者が仮に小泉氏に、「ケリー候補に一言」と質問すれば、同じ答えが返ってきた可能性もあるし、所詮は記者が自分の書きたい記事を誘導したに過ぎないから。

投稿: akinopapa | 10月 16, 2004 01:47

雷電さん、コメントありがとうございます。

内政干渉ってのは、鉢呂氏の勢い余った言葉でしょうね。
日本の首相の応援が、他国の大統領選挙に影響を与える、と言う意味でしょうけどね、本文でも言いましたが、「頑張って」とエールを送るより、国会を休んで党大会に参加するのはどうよ、って話ですよね。

まあ、雷電さんも仰っていますが、今更「ブッシュ・小泉」関係で、小泉がエールを送った程度で、アメリカが騒ぐとは私も思えないしね、そもそも小泉首相の影響力を買い被り過ぎでしょ。 アメリカじゃ、日本の首相の名前さえ、多くの人が言えなかった気がするんですけど。

あと、武部氏の発言は、これまたマスコミ得意の三文見出しですね。
最近多いですよね。
「ライブドア、アダルトサイトでつまずいた」ってのも、いかにもってな表現。
楽天だって簡単にアダルトサイトには行けるし、未成年は見られないってのもウソだし。
結局は、NPBは楽天に決めたいから、何とか理由づけてライブドアを落とそうとしているだけ。 アダルトサイトが問題になるなら、楽天もそれなりに問題があるはず。
そこを指摘しないで、恣意的に取り上げる。

まあ、昨日の委員会で、堀江社長がたまたま報知新聞でも持っていれば、面白かったのにね。 アダルトサイトで追求したのが、巨人のオーナーらしいんだけど、売店販売のスポーツ新聞には、電車で広げて読むには恥ずかしい紙面がありますね。
アダルトサイトについて質問された時、「そう言えば、新幹線でこれを買いました」なんて言って、報知新聞のアダルト面を見せてやれば、どんな顔をしたのかな。(笑)

ああ、話がそれました。

武部氏の意見は、結局はケリー候補の北朝鮮問題に対する政策面での批判、と言うか反対ですよね。
今は、選挙期間なので政策面で対立点を明確にしていますが、誰が大統領になったとしても、米朝2国間協議には、日本政府の立場では反対するのは当然だと思いますしね。
まあ、それが大統領になってもらっては困る、みたいな表現に変えさせられてしまうのは、マスコミのイヤらしさ、そのものですけど。


ケリー候補に関して、確かに彼の主張はコロコロ変わっていますが、「大統領として、われわれの安全をどの国、どの機関にも譲り渡すことはない。必要ならば、武力を行使する私の決意に揺るぎはない」と言った言葉がやはり忘れない。
この辺は、ブッシュと何ら変わらず、いざとなれば先制攻撃は、アメリカ大統領として当然だと思っているわけですし、やはり最終的には国連よりも、ブッシュ同様、自分判断に従うと宣言したわけですから、その意味では民主、共和ともに変わらないはず。

違うのは、現職であるブッシュは、イラク戦争も起こしたし、「キライ」という感情が多くの国民にある、ただそこだけかなと。


最後に、http://www.nikkei.co.jp/sp1/nt60/20040729AS2M2801729072004.html">ケリーはスーパー301条復活に意欲を示しています。
クリントンの時も、民主党は日本にやたら指示して来たしね、カーターの時もあまり良い印象は無い。 それに対し、パパブッシュやロンヤスのレーガンなど、共和党は比較的対日関係は良好のような気がするんですよね。

投稿: akinopapa | 10月 16, 2004 01:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野党の脊髄反射的な対応:

« パリーグ・プレーオフ 是非論 | トップページ | やっぱりキーワードは橘高 »