« 首相靖国神社参拝の外交カード | トップページ | 野党の脊髄反射的な対応 »

10 12, 2004

パリーグ・プレーオフ 是非論

今年のプロ野球界は、本当に動乱の年でした。
もちろん、問答無用の近鉄、オリックスの合併問題に、ナベツネの独裁、NPBの横暴や選手会によるストなど、本当に大変な年でした。

その締めくくりに、パリーグが初めて導入したプレーオフがありました。
導入には賛否両論はありましたが、今年度の結果は、リーグ戦では2位の西武が、ダイエーを破って、2年ぶり15度目の優勝を果たしました。


ネット上では、各論が飛び交っていますが、私もプレーオフについて自分の考えを述べてみます。


まずは、私の立場を明確にしておくと、プレーオフは大賛成派です。
今年のプレーオフは、少し出来すぎの感じも受けますが、本来はあれほど劇的な展開になる事は、まずない気がしますけどね。
ただまあ、今年のような展開にならなくとも、プレーオフ制度は導入して良かったと思っております。

もっとも、アドバンテージ面で、ホーム&アウェイの差だけで良いのかと言う疑問や、今後に向けての改善面は、議論の余地あると思いますが、総合的に見てのプレーオフは、今回は非常に良かった。

ペナントレース終盤の3、4位争いが盛り上がったのは言うまでもなく、5ゲーム差以上が開けば、1勝分のアドバンテージと言う条件も、最後までダイエーと西武の戦い方に緊張を持たせたもので、賞賛されるべき条件だった。
プレーオフの出場権が決まっている両チームで、首位と2位のゲーム差が開いている試合にもかかわらず、ダイエー西武戦の最終戦は、まるで勝った方が優勝するかのような、非常に緊迫した、盛り上がった試合を見せてくれた。

結果的に、3勝2敗で西武が勝ったわけですが、ペナントの最終戦でダイエーが西武に勝っていれば、ゲーム差が5ゲーム差以上が開いたわけで、そうなっていれば、プレーオフもダイエーが2勝をした時点で、優勝が決まっていたわけですから、ペナントの1位と2位の最終ゲーム差の、わずか0.5差が、プレーオフにも劇的に影響をもたらせたわけで、この5ゲーム差という基準も、非常に効果的な案であった事がわかる。
これは、ダイエー三冠王の松中選手のアイデアだそうですが、これまた成功した事例の1つでしょう。

このように、機構側と選手側、出来ればファンも参加して、1つの企画、新しい試みを考えて導入できれば、これからも面白い制度、システムが出来る気がして、賛成したいですね。


また、アドバンテージの面でも、ペナント1位だったダイエーは、ステージ2からの戦いで、おまけに5戦全部ホームでの試合と、条件はそれほど悪いとは思えなかったし、西武が最終戦で勝って優勝を決めたのも、ステージ1からの8試合、5ゲーム差を開かせないペナントの終盤の戦いなど、決してハードルは低くなかったと思いますし、その中での優勝は、十分に評価されるべきでしょう。


 

ところで、ネットを見ていると、不満だった方が声を上げる傾向が強いので、ネットでは目立つと言う理由もあるのでしょうが、意外に多くの方が、プレーオフ制度に反対している、不満を持っている事に、正直な話し私は驚いています。

確かに、シーズン前にプレーオフ制度が導入される事が発表された時、反対の声も聞かれたのは事実ですが、現在の反対、批判の声はそれを上回るもので、結果を見て怒っているとしか思えないほどの多さ。

ダイエーファンが、内心納得しない理屈は、分からないでもないが、シーズン途中でルールが変わったわけでもなく、最初から決まったルールでシーズンを戦って来たわけですし、それを負けたから、「やっぱり反対」「シーズンの価値が無い」などと声を荒立てるのは、多少大人げない気はしますね。


 

ペナントレースか、プレーオフか、どちらが優勝を決めるのにふさわしいと考えるかは、これはもはや個人の感性の差、もしくは制度に対する慣れの問題もあるでしょう。

そもそも、ペナントが1位だったダイエーが優勝出来なかった事で、「1位のチームが優勝出来ないのは、やっぱりおかしい、ペナントの意味がなくなる」という意見も聞かれますが、私から見ればそりゃ当たり前です。

そもそも、プレーオフとは1位だろうが3位だろうが、プレーオフに出場できる全てのチームに、優勝できるチャンスを与える事であり、今回のNPBのように、1位のチームにはかなりのアドバンテージがあったにもかかわらず、1位のチームが優勝を逃してしまう、不利な条件で逆転優勝をする可能性がある、そこに、プレーオフを導入する意味があるのですから、1位が優勝できなかったからおかしい、と言った感じに受け取れてしまうような言い方は、プレーオフそのものを理解していないと言っても、過言じゃないでしょうね。


 

私は、以前からアメリカスポーツで、MLBはもちろん、NFLやNBAなど好んで見てきた事もあり、プレーオフには全く違和感などなく、むしろ導入にはシーズンの変化をもたらせるので、大賛成であり、個人的には以前から導入するべし、と言う考えでした。
反対に、サッカーなど(欧州スポーツ)1リーグだけで、前後期別れるとか、プレーオフも日本(ワールド)シリーズに当たるものもなく、優勝を決める事には違和感がありました。
ですから、ずっと日本の野球に慣れ親しんだ人から見れば、プレーオフ制度は違和感を感じて反対する、その気持ちを持っている人が多い、という話は分かります。

 

長い間戦って、チームの成績を決めるペナントレースの意義は、プレーオフを導入してもそれ自身、何ら色あせることはない、私はそう思っています。
例えば、ダイエーと最下位のオリックスでは対戦成績はダイーエの23勝4敗ですが、もし、この両チームがトーナメントで1回戦で当たったとしても、15%ほどの確率で圧倒的な成績を残すダイエーでも、負ける可能性があるわけですよ、最下位になる可能性がそれほどあると言う話です。
ですから、長いシーズンを戦って、最終的に順位付けする事には、より実力があるチームを選ぶ意味があり、そこで1位になる栄誉は何ら色あせることなく、賞賛されるべきものです。


ただ、プレーオフは、その長いシーズンを戦った上で、なおかつ、短期決戦でも勝てるだけの実力を要求されるわけで、意味合いが全く違います。
真の実力者とは、長いペナントレースで1位を取り、プレーオフでも優勝をもぎ取るか、2位か3位に甘んじたとしても、不利な条件の下で、成績上位のチームに対して勝ち上がって優勝できるチームこそが、真のチャンピオンだ、そう言う認識で良いでしょう。


1位をとっても、2位や3位のチームに優勝をさらわれるのは不公平だ、ズルイという意見も聞かれますが、それを言うなら、シーズン開始前からプレーオフは決定されていたわけですから、ズルイと言われるならご自身でその方法、自分達が2位や3位になって、最後で逆転優勝する戦法を選択すれば良かったのです。
ペナントも1位、プレーオフでも1位を目指して、夢半ばで敗れたものを、シーズン前から決まったルールをズルイなどの言葉で批判するなら、それはまさしく、プレーオフの優勝を目指してシーズンを戦ってきた選手自身への冒涜だと、私は思うんですけどね。

つまり、ペナンとレースの意味がなくなる、そう感じるのは、あくまでも見ている人、ファンの方で、そのように見てしまうからだと思います。


NBAなどは、前チームの半数がプレーオフに参加します。
シーズンなどは、プレーオフへの出場権の獲得、アドバンテージを得るため、プレーオフで勝ち残るためのチーム作り、調整など、多様な目的で戦っています。

今年のパリーグも、例年なら7月の時点で、3位以下のチームは消化試合になってしまい、なんら、緊張感も意味もない試合が3ヶ月ほど続いた事でしょう。
ところが、今年はプレーオフと言う目標があった為、5位までのチームが終盤まで頑張れた、ファンも応援できた、これこそがプレーオフの最大の目的でしょうね。

プロ野球、パリーグを盛り上げるのに、最後まで選手もファンは諦めない、そんな試合が出来るのですから、制度的には何が悪いのか、個人的にはさっぱり分からない、と言いたい気はするんですね。(笑)

 


 

あと、余談ですが、私がプレーオフに賛成する理由は、もう一つあります。
それは、パリーグは昔から、DH、予告先発などのアイデアを積極的に取り入れ、以前は前後期制まで導入して、セリーグとの差別化を計り、何とかパリーグ人気を掘り起こそうをした経緯があります。

ネットでは、プレーオフを導入するなら、セリーグもやらなければ不公平なだけ、意味がないと批判する人もいますが、セリーグも導入するのが、私はベストだと思ってはおりますが、今年の選手会のストがあるまでは、セリーグは読売人気にオンブに抱っこでここまで上手くやってきて、何ら自分達で変革をしようとも、パリーグに対し歩調を合わせようともしてきませんでした。

もちろん、セパによる交流戦でもセのオーナーの反対で実現せず、放映権料の話しも含めて、いろんな案がパリーグから出されてきましたが、その都度、危機感を持たないセリーグのオーナーに無視されてきたわけです。

その中で、パリーグだけでNPB規約に違反しない形で、新しい試みを行ってきたパリーグの評価をしているからです。
セリーグも導入しなければならない、などと言っている方は、今までのセリーグの対応をご存じなのでしょうかね、パリーグが持ちかけても無視するのがセリーグの常でしたから、同時に導入など出来るわけありませんでした。


今後、NPBもどのような変化をするのか、未だ不透明ですが、個人的にはただ合併と新チーム加盟だけで、放映権やドラフトなどの根本的な問題を解決しない限り、また同じ事が今後も起きることは火を見るより明らかですから、改革して欲しい、セパ両リーグで共同で改革して欲しい、そう思っていますので、今後はこのようなパリーグだけの制度、みたいな歪な形は減ってくれると、信じたいのですが。


 

|

« 首相靖国神社参拝の外交カード | トップページ | 野党の脊髄反射的な対応 »

コメント

TB返し&コメントどうもです。
大成功だったPOの流れを壊すことなく
不満を減らせる方向へ行ければ良いですね^^。

投稿: グーパパ | 10 26, 2004 09:16

グーパパさん、どうもありがとうございます。

私もプレーオフに関しては、多くの他の人の考えを聞き、いろいろ考えさせられました。
基本的には、プレーオフはパリーグだけでなく、セリーグも含めてやるべきだと思っていますが、どうやらプレーオフは来年もパリーグだけのようですね。
あと、チーム数も減らすのではなく、16チームほどにして、日本を2つのリーグ(セ・パ)をさらに2つ(東西地区)に分けて、4x4の形にして、プレーオフは各地区の優勝と、勝率の高いチームの3チームにより行うと言ったものが良いな、そう思っています。
(もちろん、交流戦は行います)

しかしながら、こんなのは夢物語。
プレーオフそのものが、セリーグは行いませんし、こんなに新規参入したいという企業があるにもかかわらず、NPBは相変わらず閉鎖的な組織であり、あれほど叫ばれた改革も、辞任騒ぎになってんも、ドラフトの逆指名すらなとかしようとする声も聞かれません。 行うのは、交流戦のみ。

ウェーバー方式、サラリーキャップ、FA、放映権一括管理など、規模は違いますが、大リーグやNBAやNFLなどで、興行的に成功している方式もありますし、ファンも支持するやり方もあるのに、何ら前進も改革もしないNPBに、幻滅の繰り返しですね。


その中で、パリーグだけでもPOを導入し、これを育み、POのメリットやデメリットをはっきりさせた上で、POのおもしろさを国民に浸透させて欲しい、そう願うだけです。
理想を語っても、簡単に実現はしませんし、理想に近づくまで何も行わない消極的姿勢もあまり賛成出来ません。
私の考える理想とは、日本に取って最善のプレーオフ形式を、ファンや選手も巻き込んで、みんなで考えて作り上げて行く事ですね。
例えば、今年の1位と5ゲーム差が開けば、プレーオフでは1勝分とカウントする、と言うアイデアは、松中選手のものだそうです。
あれがあったので、1位と2位が決まった後も、ダイエーも西武も、緊張した試合を続けてこられたわけで、これぞ選手からの視線で考えた、ナイスアイデアだと思っています。

まぁ、難しいのは分かっていますが、難しいからこそ、理想なんですけど。(笑)
また、機会があればよろしくお願いします、ありがとうございました。

投稿: akinopapa | 10 27, 2004 23:34

パリーグのプレーオフ、ゲーム差を勝利数プラスではなく、
試合の点数にプラスすること(初期得点)に変更すれば、全
チーム参加のリーグ戦のプレーオフが可能になり、プレーオ
フ前の消化試合は全チーム0%にできます。プレーオフ・リ
ーグは2試合ずつの対戦でゲーム差の数字をそのまま2試合
に分割し初期得点として加点します。例えばホーム球場での
加点数を少なめにするなど、分割比率は自由です。

投稿: TM | 12 06, 2004 17:29

 だから、ダイエーがどうこうではなく、結論からいえば私はプレーオフは始めから反対です。なんのために136試合してきたんだ???それなら最初からトーナメントで優勝決めればいいじゃん(笑)。それやったら年に何回も優勝ティーム作れまくるで(笑)まあ価値がなくなるだろうが・・・・・
 それにメジャーはなぜ、そういうワールドシルーズすると思う?????????????日本とメジャーを一緒にしたらあかん。規模(スケール)が全然違うから・・・・・・・
 アメリカは日本と違って球団数が多いが故、全部が全部ペナントできないから。日本は狭い。12球団しかない。つまり半分の6球団がいきなり日本一権があることになる。そんなんアホとしかいいようないんちゅうけ?????日本一の価値がないんちゃうけ?????????
 以上のことからプレーオフは反対です(笑)

投稿: 田澤 | 9 19, 2005 13:57

田澤さん、コメントどうもありがとうございます・・・

って、古い話題にくれましたねぇ。
よく1年も前の記事を探して来てくれました。(笑)


まあ、プレーオフについては、考え方は人それぞれだとは思いますが。
ただ、野球は長いペナントレースには、ペナントレースの戦い方があり、チームによっては得意、不得意がありますわな。
もちろん、トーナメントにはトーナメントの戦い方、日本シリーズのような短期決戦には、短期決戦の戦い方があり、それぞれに得意、不得意な形があるのは言うまでもありませんね。
もちろん、見るファンの方も、それぞれの試合形式において、楽しみ方も代わる場合はありますが。


そう考えると、ペナントレース1発勝負では、ペナントレースの戦い方に長けて、得意なチームが有利なわけで、プレイオフのような短期決戦+トーナメントみたいな戦い方が得意とするチームは、どうなるの? って面もありますな。

136試合も何のためにやるのか・・・それは長丁場のペナントレースの戦い方で、まず順位を決め、次にプレイオフで短期決戦+トーナメント形式で真の年間チャンピオンを決める、そう思えば良いと思いますけどね。(笑)
まあ、スキー競技でのクロスカントリーだけだったのが、ジャンプを入れてノルディックにして(欧州ではこの種目の王者を「King of Ski」と呼ぶそうです)、チャンピオンを決めるようにした、って言う受け止め方はどう?


>>つまり半分の6球団がいきなり日本一権があることになる。

大リーグは、全30チーム中、8チーム(26.7%)がプレイオフに進出。
NFL(アメフト)は全32チーム中、12チーム(37.5%)がプレイオフに進出します。
NBA(バスケット)は、全30チーム中、16チーム(53.3%)がプレイオフに進出します。。

NBAなど、11月開幕で、4月中旬まで戦って、半分以上がプレイオフに進出します。(笑)

半数がプレイオフ出るとは・・・と言う数が気になるのは、単にこのシステムに慣れていないだけだと思いますよ。


投稿: akinopapa | 9 20, 2005 00:15

あんた経営者だろ?

投稿: | 10 01, 2005 16:15

↑に続く
先ほどは思い上がってすいません。
しかし、この見解、経営者サイドとしか思えません。プレーオフ自体がファンのためというより興行のためにあるからおかしいのです。確かに、西武のような「ギリギリプレーオフに進出した負け犬球団」のファンのためにはなるでしょう。しかし、この意見にはシーズン1位を取ったチーム、そのファンに対する考慮も何もない。1位に何の優遇も与えないでいいのですか?他のプレーオフ賛成意見と違うところは、ADVに関する見解です。5ゲーム差つかないとADVがもらえない方が儲かるからです。この意見はファンのためというより儲けるためです。ホームで出来るからいいじゃんなんて言ってるやしもいますが、ホーム試合の方が勝率が低いことだってあります。全体的にもホーム勝率はビジター勝率とさほど変わらないものです。確かに去年は盛り上がりました。大いに盛り上がりました。球団側も大成功でしょう。金も儲かりました。しかし、ダイエーは大いに苦しみました。しかもこの意見はプレーオフの短所(汚点)について一切述べられていません。
今年西武がが優勝するのはまだいいとしても、今回は「負けてプレーオフ進出決定」です。これもおかしいとは思わないのですか?これでもペナントの価値が下がるとは考えられないとでも言うのですか?いままで多くの賛成派意見を見てきましたが、今回のは良くできていた。と言うのも、賛成派の意見は単純に盛り上がればいいとか最後まで分からないからいいなどの説得力のない意見が多く、反対派の方が綿密に、説得力のあるものが多かったからです。

1位をとっても、2位や3位のチームに優勝をさらわれるのは不公平だ、ズルイという意見も聞かれますが、それを言うなら、シーズン開始前からプレーオフは決定されていたわけですから、ズルイと言われるならご自身でその方法、自分達が2位や3位になって、最後で逆転優勝する戦法を選択すれば良かったのです。

とありますが、わざと2位に落ちたり、わざと負けるなどが頻繁に起きる可能性を持つペナントの価値が落ちていないとはどういうことでしょうか?負けていい試合などあってはいけないと思うのが倫理でしょう。

投稿: あsdg | 10 01, 2005 16:52

あsdg さん、コメントありがとうございました。

ただ、次回は名前をもう少しきちんとした物にしてね、レスを返すにも呼びかけられないよー。(笑)

記事が1年前のものですので、あsdg さんのコメントをきっかけに、また今年もプレーオフの季節なので、新しく記事にします、読んで下さい。

投稿: akinopapa | 10 01, 2005 23:56

毎年、ホークスだけがいじめられてるようで
かわいそうな気持ちでいっぱいです。
何とかしてこのやり方を変えたほうがいいと思います。たとえば・・・・、
プレーオフ制度は続けて1位は最初から
1勝付くとか・・・。そうでもしないと
去年、パ・リーグ優勝のライオンズとか
今年、パ・リーグ優勝のマリーンズとか
せこいと思いませんか????
野球協会とマリーンズ、むかつく!!!

投稿: 圭輔 | 10 17, 2005 22:01

圭輔さん、コメントありがとうございます。

今は、ダイエーが負けた事もあって、感情的に怒ったホークスファンが、方々で「プレーオフ否定」を激しく行っておりますので、しばらくは静観しておきます。(笑)
冷静になってもらわないと、つまらんケンカを売られるだけだし。


私は、プレーオフ賛成はです、その軸はぶれません。
ただ、今年の西武のように、5割を満たないとかの条件があれば、プレーオフをしないなどの、日本独特の措置はあっても可と思います。


>>去年、パ・リーグ優勝のライオンズとか
>>今年、パ・リーグ優勝のマリーンズとか
>>せこいと思いませんか????

(笑) ホークスファンから見ればそうでしょうな。

ただ、昨年度と言い、今年のプレーオフと言い、あれほど密度の濃い試合を見せられた、見られた事は、感謝すべきですよ。
プレーオフ7試合のうち、5試合が1点差勝負で、2試合が2点差の勝負で、こんな勝負を見せられて、本当に選手には敬服するとともに、プレーオフの価値はここに極まりと思うほど、感激しております。(笑)

ヘタクソ同志の1点差じゃない、優勝を争う密度の濃い試合でした、悔しい気持ちも分かりますが、もったいないなー。


投稿: akinopapa | 10 18, 2005 00:46

やっぱり今のプレーオフはおかしい。
2、3位のチームが優勝してしまっちゃ変でしょ。MLBのワイルドカードの存在はある意味面白いと思うが、それでも基本は各地区の優勝者がメインになっている。
日本のプロ野球のセ、パ両リーグをそれぞれA・B地区(3チームづつ)に分けてリーグ戦を行ない優勝者を決めプレーオフを行う。3チームで少ないと思われるが、イチローのいる地区だって4チームしかない。大差ない。当然リーグ戦中はA・B地区同士も普通に対戦する。そして交流戦も行う。とてもいい方法だと思いませんか?

投稿: papa | 10 18, 2005 12:24

そもそもプレーオフ自体の存在が愚である

投稿: 正義 | 10 18, 2005 17:44

昨年の記事にコメントが多いと言うことは、どこかにリンクされているんですね。(笑)

http://papa.air-nifty.com/neboke/2005/10/post_4855.html
パリーグ、プレーオフ是非論 再燃。(笑)

今年も書いたのでよろしく。


>>2、3位のチームが優勝してしまっちゃ変でしょ。MLBのワイルドカードの存在はある意味面白いと思うが、それでも基本は各地区の優勝者がメインになっている

基本的には、あちらも同じリーグ内では総当たりなので、構図はパリーグとほぼ同じですね。(交流戦で、対戦相手が違うけど)
つまり、各地区優勝だとか言っているけど、「リーグ」という枠でくくれば、勝率の順位では半分以下でも出場可能なのねん。
今年のパドレスは、「ナリーグ」では7位で、これを今年の「パリーグ」とすればやはり西武かオリックスか、と言うことになる。

つまり、地区優勝だから良いというのは、パリーグも西日本地区優勝ホークス、中日本地区優勝マーリンズ、東日本地区優勝ファイターズ、で、ワイルドカードでライオンズの4チームでやれば良かった、と言う理屈と同じだけど、これで許せる?

でも、それじゃ今度はチーム数が違うとか言うんですよね。(笑)
まあ、その通りですが、結局は「MLBは地区優勝だから良いのだ」というのは、あまり理由にはなっていない気がします。


セパ3地区に分ける案は、賛成です。
昨年、近鉄が潰れてプレーオフの導入の話があった時、某巨大掲示板に私案を書いたのですが、プロ野球協会はチーム数を減らしたかったようですが、私は反対に、4チーム増やして(楽天、ライブドア、シダックス、+1)16チームで4地区に分ければどうだ、と言う、papaさんと同じような案を出しました。(各地区優勝4チームが、プレーオフ+日本シリーズを行う)


ただ、パリーグはともかく、セリーグは超保守派で、変化を嫌うって言うか、政治家や官僚以上に既得権益を拘るので、巨人戦に固執して、何年も前から指摘を受けていたのに、何ら改革も行わず、パリーグの提案もことごとく蹴って来たツケが、今の散々たるプロ野球の状態です。
肝心の巨人戦すらドル箱にならなくなってから、慌てて1リーグだ、交流戦だ、セリーグもプレーオフだ、などと騒いでいる始末。

真剣に考えているファンの方が、バカを見る状況でしたからねぇ。


ま、パリーグだけで行うのであれば、かなりイイセン言っているプレーオフだと思いますよ。
特に、今年のマーリンズの「今年こそは俺らが優勝だ」の気迫、意気込みは他を圧倒していましたし、ホークスの「昨年の悔しさがごめんだ、俺たちが1位なんだ」という王者の意地とプライド、凄まじかった、特に3試合目の9回裏は圧巻、鳥肌が立ちました。

欲を言えば、プレーオフに慣れていないホークスが、1試合目から気持ちで乗っていけず、気迫でマーリンズに劣っていた事かな、そこが最後の勝敗の差に繋がったと思うけど。
これだけの最高のプレーオフの試合をみせてもらって、何が不満なのか、これ以上の欲はバチが当たる。(笑)


投稿: akinopapa | 10 19, 2005 00:36

正義さん

ここは、2chのような掲示板じゃないので、ブログのコメントに、書き捨ては止めて欲しいな。

存在が愚かだと思うのであれば、理由を書いて欲しいものです。
それが、人の日記(ブログ)に来て、意見を言うときの礼儀じゃないかな。
書き捨てだと、どんなに良い意見でも、それだけで、価値が下がっちゃいます。

今年も書いたので、正義さんもpapaさんのように、意見をよろしくね。

http://papa.air-nifty.com/neboke/2005/10/post_4855.html
パリーグ、プレーオフ是非論 再燃。(笑)

投稿: akinopapa | 10 19, 2005 00:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/1663015

この記事へのトラックバック一覧です: パリーグ・プレーオフ 是非論:

» プレーオフの違和感を解く [ぼちぼちいこか]
うーん…、数々のブログを見ているとプレーオフに疑問をもっているひとが意外に多いなぁ。 ダイエーファンのみならず、プロ野球ファンとして異論をとなえてる人が少なく... [続きを読む]

受信: 10 13, 2004 08:41

» 開幕前のことを思い出してみた [恐怖!猫屋敷]
 開幕頃に書いた、「ロッテAクラス入り」と、12人中10人の評論家さんを蒸し返してみるテスト。 381 名前: [sage] 投稿日:04/03/27 02:0... [続きを読む]

受信: 10 24, 2004 08:59

» プレーオフの是非。 [GOO-SPO]
 プレーオフの是非があちこちで議論されている。私の意見としては今回のプレーオフは [続きを読む]

受信: 10 24, 2004 20:09

« 首相靖国神社参拝の外交カード | トップページ | 野党の脊髄反射的な対応 »