« 中国の日本に対する露骨な牽制 | トップページ | 江沢民にとっての文化大革命 »

9月 30, 2004

中国の日本に対する露骨な牽制2

前回の記事「中国の日本に対する露骨な牽制」に対して、コメントを頂きましたので、こちらで回答します。


コメント

「歴史問題についてはっきりした認識を持たねばならない」という話は正しいと思いませんか?国連設立の歴史背景は知ってますか?

一生懸命金をアピールしてますね。金があれば、自分の国連を設立しましょう。名前を「株式国連」になりましょう。日本は唯一の常任理事国になっても、誰も反対しませんよ。

中国と韓国の反日感情はほんとにお前が思ったように高まってますか。ほんとに日本の反北朝鮮感情より強烈ですか?日本のマスコミが報道したものは全部真実ですか?お前は世界対する了解のルートはインターネットとサッカー試合だけですか?自民党に洗脳されたお前は、共産党、麻原に洗脳された人よりレベル高いですか?他の人を「バカ」と呼ぶ前に、まず自分の無知を意識したほうがいいです。

ちなみに、お前が「親日」と感じる台湾でも、「小日本」、「日本鬼子」という言葉はずいぶん使われています。
written by 通り過ぎさん

書かれた本人は、どうやら日本語が不得手だと、本人も認めるように、少し読み違えている部分があるようですね。


「歴史問題についてはっきりした認識を持たねばならない」という話は正しいと思いませんか?

もちろん、私も正しいと思いますよ、大賛成です。 
歴史問題は、はっきりとした認識を持つべき、と言う前提に対しては、異論があろうはずがございません。

ただし、ここで尋ねたいのは、中国が持つ歴史認識と、日本が持つ歴史認識は、全く同じものにしなきゃなりませんか? もしくは、歴史認識とは各国が共通したものを、持たなければならないとお考えですか? と言うことかな。

中国には中国の、日本には日本の歴史認識が存在する、私はそう考えております。
ですから、中国が日本の歴史認識に対して、それは「おかしい」と感じる部分があっても、それはある意味当然でしょう、しかし、それを政治的材料として、日本に対して揺さぶりをかける道具として使って来ることは、明らかに間違っていると言うことです。


しかも、中国は10年ほど前から愛国主義政策と言って、日本に対し悪感情を持つような教育を国民に行っている国です。
中国には中国で、その政策を行う理由が存在するのでしょうが、それは自分たちの国内事情の話にしか過ぎません。
だから、日本人がそれに付き合う必要は全くないし、自分たちの事を憎むように教育されているわけですから、日本として反対するのも、感情的に嫌いになるのも道理です。
ましてや、反日(抗日)教育で日本を槍玉にする中国の、彼らの主張する歴史認識とやらに、どれだけの真実があるのか、非常に疑わしいものがあります。


ですから、「歴史問題についてはっきりした認識を持たねばならない」と言う考えは正しくとも、それは国連の常任理事国としての条件に、中国が持ち出す事自体が、まさに政治的な道具として「歴史認識」を持ち出しており、それを理由に、日本の参加を認めない、それがおかしな話だと言っているわけです。そこを間違いないようにお願いします。


なお、国連設立の歴史背景を知っているかとは、どういう意味なのでしょうね・・・
国際連合の失敗の反省から生まれたとか、第二次世界大戦の戦勝国(つまり連合国ね)が、彼らによる世界秩序を守るために作られたとか、まさか、そんな答えを必要としているとは思えませんし。
もしくは、国連常任理事国は、本来は台湾政府(蒋介石の国民党)だったのが、1971年に今の中華人民共和国が加盟して、台湾政府の持つ常任理国と言う地位を奪ったとか、中国関連の話を期待しているのでしょうか・・・

文脈からして、歴史認識と国連設立の背景が、結びつかないので、質問の意味がイマイチ分かりません、質問をもう少し詳しくお願いします。


 

一生懸命金をアピールしてますね。金があれば、自分の国連を設立しましょう。名前を「株式国連」になりましょう。日本は唯一の常任理事国になっても、誰も反対しませんよ。

そんなに金があるなら、一人で国連でも作れば良いと言う意見は、少し低すぎますね、お世辞にも妥当とは言えないです。
そもそも、負担金の話は「国際連合」と言う組織に対する、貢献度の1つを、非常に客観的に示す例です。

その他にも、国際貢献という意味では、数値ではっきりと見えにくいものが多いですが、例えば国連の下部組織のUNDPやWFPやUNICEFなどへの協力や、国際専門機関のWHOやFAOなどなど、さらにはIAEAやWTOなどの、数多くの国際機関を通じて、国際的な貢献を戦後、日本はどれだけ果たして来たのか。
また、PKFやPKOなどの平和維持活動に、協力、活動してきたのかを考える上で、日本が行ってきた国際貢献は、30年前から国連に参加した常任理事国である中国などに比べて、どれだけ果たしてきたのか、それだけでも答えは明らかですし、他のイギリスやフランスなどの常任理事国に比べても、どうでしょうか。(軍事面における人的貢献は低いですが)
また、ODAによる途上国への援助もあるわけです。

それら全てを判断して、日本も国際的に責任ある立場に就くのはどうか、と言う問いかけをしているわけです。
世界経済にも、いまや日本は重要な関わりを持っておりますし、無責任な立場のままでいるのはどうなんでしょうか。

あくまでも、負担金は目で見える具体的貢献度の1つであり、その負担金すら、日本の1割ほどしか負担しておらず、他にも国際協力では日本より低い、さらにODAも日本より受けている国が、それらは無関係だとキッパリと口に出して言うのは、些か厚顔無恥だと言わざるをえない気分です、反対をするのであれば、まずは自らが、身分相応の国際貢献を果たして、然るべきのちに、きちんとした理由を添えて主張するべきでしょう。


 

中国と韓国の反日感情はほんとにお前が思ったように高まってますか。ほんとに日本の反北朝鮮感情より強烈ですか?

少なくとも日本は、北朝鮮の国旗を軽々しく焼いたり、破ったりはしませんよ。(笑)
また、北朝鮮に対して好意的なことを書く書籍やHPを、規制したり、排除したりもしませんしね。


その前に、日本の北朝鮮に対する悪感情のレベルと、中国や韓国が持つ反日感情が、同レベルで語れると本気で思っていますか?
この際、韓国はややこしくなるので、とりあえず置いておきますが、中国の場合は共産党による一党独裁国家による、国民を制御しながらの抗日教育ですよ、高まるかどうかのレベルではなく、国が国民に日本に対して、悪感情を持つように仕向けていると言う点で、もはやどのような抗弁も、比較する意味を持たないでしょう。


 

日本のマスコミが報道したものは全部真実ですか?お前は世界対する了解のルートはインターネットとサッカー試合だけですか?

この辺りは、少し表現が汚くなっていますね。
日本のマスコミが報道したものは全部真実だとは、もちろん思っていませんし、100%ウソだとも思っておりません。
また、インターネットはあくまでも利用するだけで、インターネットだけが私の世界に対する情報源だけでもありません。
そんなことは、日本人にとっては常識なんですけどね。
中国と違って、本屋に行けば、いろんな思想の書籍だって手に入りますよ、日本ではこれが常識なんですよ。

普通の人は、いろんな情報、意見、思想、議論から、自分の考えを構築するものです。


 

自民党に洗脳されたお前は、共産党、麻原に洗脳された人よりレベル高いですか?

う~ん、自民党に洗脳されたと言っている時点で、やはり理解しにくいのかな、と思ってしまう。
自民党だけが、中国に対して怒っている考えを持っているのではなく、野党である民主党にも、自民党よりも過激な考えを持つ議員はおりますし、1つの政党が、まとまった同じ考えの持ち主の集団ではない、というのが日本を含めた普通の国の政党なんですよ。

だって自民党の中にも親中派は多いですし、「北京詣」と言う言葉もあります、だからこそ、未だに中国に対してお辞儀外交が続けられているので、怒っている国民もいるわけですが。

あと、共産党はともかく、オウム信者に関して、専門職分野ではもちろん彼らに適わないけど、少なくても自分たちの我を通すために、サリンをばら撒いて、大勢の人を殺すようなことをしてはならない、と言う社会一般常識だけは、彼らよりも高いと思っているし、それが一番大事だと言うことも分かっているよ。


 

他の人を「バカ」と呼ぶ前に、まず自分の無知を意識したほうがいいです。

もちろん、自分でも無知な部分はあると自覚しておりますが、コメントで書かれるのであれば、「無知」な部分がどこか、ちゃんと指摘してくれませんかね、でなければ私には分かりません。
意見を述べるのは、それぞれ自分の考えがあっての事だと思いますが、反論があるのなら、相手に伝わるようにお願いします。


それから、お節介と知りながら、また日本語講座ね。

バカってのは、確かに単独で使うと、知能が低いとか、相手を蔑む表現で間違ありません。
でも、”○○バカ”って表現になれば、少し日本語のニュアンスも変わって来ます。

例えば、学者バカ(自分の専門以外の一般常識が欠落している人)、親バカ(自分の子供がかわいいあまり、子供の欠点に気付かなかったり、過大評価してしまう親)などが代表的ですね。
つまり、○○バカと言う表現では、「特定(○○)の物事に熱中するあまり、他のことが見えない、社会常識に欠けてしまう人」と言えるかな。

私が書いたのは「反日バカ」ですから、自分で解説するのもおかしな話ですが、この場合は、反日運動ばかりに気をとられて、物事の本質が見えない人達」ってな感じかな、どのみちあまり良い意味で書いたわけじゃないけど。(笑)


 

ちなみに、お前が「親日」と感じる台湾でも、「小日本」、「日本鬼子」という言葉はずいぶん使われています。

そりゃもちろん、いるでしょう。 100人いれば、100人全員が同じ考えだと思ってもいませんからね。
日本だって、いろんな考えの人達で構成されていますから。

ただ言いたいのは、例えば盧溝橋近くに、江沢民は「中国人民抗日戦争記念館」と言うものを建てているそうです。
南京にも南京虐殺館など建て、他にも200ほどの、こういった施設を作っているわけです、これは国家が50億円とか、何億円もの費用をかけて、反日感情を煽るような内容で作っているわけです。
また、このような施設には「愛国主義教育基地」などと称して、愛国主義を、国が政策として国民に育てているのです。

では、反対に台湾では、愛国主義で塗り固められた、そのような記念館などのようなものの存在はするのでしょうか? 私は聞いた事がありません。
もちろん、台湾を全て知っているわけじゃないので、全く無いとは言いきれませんが、抗日の象徴は各地で存在はしている、と言う資料は読みましたが、中国ほどお金をかけて、かなり偏った内容の記念館などあるとの資料を、見たことがありません。
あの霧社事件の舞台となった村ですら、反日感情を煽るようなものは無いそうです。

この両者の違いはどうでしょうか。
個人や市民レベルでいろんな考えの人がいるのは、当然の話ですが、国是として反日感情を煽っているものと、そうでないもの、その差は歴然としていますよね、そこが問題なのです。


 

|

« 中国の日本に対する露骨な牽制 | トップページ | 江沢民にとっての文化大革命 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国の日本に対する露骨な牽制2:

« 中国の日本に対する露骨な牽制 | トップページ | 江沢民にとっての文化大革命 »