« 近鉄バファローズ、ありがとう!! | トップページ | 中国の日本に対する露骨な牽制2 »

9月 28, 2004

中国の日本に対する露骨な牽制

7月28日付けの「日本の国連常任理事入り、中国が反対」でも取り上げたが、やはり中国は露骨な嫌がらせをしてきたようだ。

先日、小泉首相の日本の常任理事国入りを目指す決意表明に対する、中国側の正式な回答と見てよいのだろう。

途上国優先で常任理拡大を 中国外相、日本に反対表明

 【ニューヨーク27日共同】中国の李肇星外相は27日、国連総会の一般演説で安全保障理事会改革について、開発途上国を優先した形での常任理事国拡大の必要性を強調、常任理事国入りを狙う日本の動きに間接的に反対を表明した。
 小泉純一郎首相が日本の常任理事国入りを目指すと表明したことに対し、中国外相が国連の場で反応を示したのは初めて。
 李外相は「中国は国連を合理的に改革する必要性を支持する」とした上で「中国は安保理拡大と開発途上国からより多くの代表を優先的に参加させることを支持する」と訴えた。
 日本の安保理常任理事国入りについては、中国外務省の孔泉報道局長が21日、「国際社会で責任ある国として役割を発揮するなら、(靖国神社参拝など)歴史問題についてはっきりした認識を持たねばならない」と述べ、日中間の歴史認識問題の未解決を理由に反対の姿勢を示していた。
(共同通信) - 9月28日11時20分更新

 


このほかにも、日本は国連の負担金が多いことに関して、中国側は「それと(大きく負担している)これと(常任理事国)は別の話」と言ったそうだが、なるほど、金は出せ、でも口出し(常任理事)はするな、これが中国の外交戦術なわけだ。
確かに、自分たちは2%ほどしか国連の負担金は支払わず、日本は20%近く支払っているのに、関係ないと言い切れる図々しさ、日本は見習わなければなりませんね。

日本から、6兆円に上るODAの援助を受けておきながら、もちろん、これも「それとこれとは関係ない」話ですよね。
ならば、外務省は何のために中国に投資したのでしょうか、国際社会で日本が参加しようと意思表明したときに、お前は仲間に入れてやら無いと足を引っ張らせるために、わざわざ国民の税金を使って、中国にお金をばら撒いたわけですか。
前々から、外務省のチャイナスクール連中のだらしなさは、国内で相当に非難されていたはずですが、彼らはここにいたって、未だに何をやっているのでしょうね。
6兆円もの金額をバラ巻きながら、国連では足を引っ張られ、近隣諸国としての国交がうまく行っているかと思いきや、江沢民による反日教育で、15年前よりも国民感情が悪化しているは、尖閣諸島では領土問題はこじれるは、海底資源の問題でも揉め事になるは。
何にこのお金は使っているのでしょうか。
外務省のチャイナスクール連中に、国民の血税を返して欲しいものですな。


 

 この期に及んで、日中関係がうまく行かないのは、首相の靖国参拝問題があるからだ、などまだ本気で思っている日本人がいるようですね。
まあ、時代遅れの共産党や、現実逃避の社民党信者なら分かりますが、そうでない人も多いのは、何とも言えません。
靖国神社は、単なる口実にしか過ぎません。

この記事を紹介しましょう。

日本での新製品発売にも抗議=柳条湖事件の日で反発、「反日」過熱-中国

 【北京25日時事】満州事変の発端となった柳条湖事件73周年に当たる今月18日、キヤノンが日本国内を対象に新型デジタルカメラを発売したことに対し、中国国内でクレームが相次ぎ、北京の日系企業に困惑が広がっている。
 中国の日系企業は柳条湖事件のほか、8月の終戦記念日(抗日戦勝記念日)や7月の盧溝橋事件の発生日など「反日感情」が高まる日に中国国内で大規模なセールスなどを行うことを控えているが、「日本国内の動きにまで細心の注意が必要になった」との懸念が出ている。
 キヤノンのケースではインターネット上で「こんな日に発売するな」と中止を求める書き込みが相次いだ。現地法人「キヤノン中国」(北京)にも電話の問い合わせが2件あったという。 
(時事通信) - 9月26日7時0分更新

 

靖国は単なる口実なのは、ここでも分かります。

この間の、サッカーアジアカップでのブーイングと本質は同じですよ。
日本のことが結局は許せないんですよ、少しのことでもイチャモンをつけて、憂さ晴らしをしているわけです。
靖国神社が解決したら、今度は次のターゲットが確実に出て来るでしょうね、なんせ、新製品を柳条湖事件73周年に当たる日に、日本で発売しただけでこれです。
そのうち、記念日ではなくとも、日本で新製品など発売するな、とまで言われそうな剣幕ですよね。(笑)
こんな国民性ですから、靖国で文句が言えなくなったら、次は何を言ってくるのやら。


戦争による被害を受けた、この意味での、加害者と被害者の立場の違いは分かります。


しかし、我々も、原爆投下された8月6日と9日は、厳粛な式典を行い、過去の歴史を振り返ります。
投下して広島、長崎で20万人以上の命を奪った側の国、アメリカの国民は、原爆を日本に落とした、と言う歴史を知っていても、おそらく、それがいつか、8月の6日とか9日に落とされたと言う歴史までは知らない、忘れているでしょうね。
でも、それを恨めしく思う日本人は、ほとんどいませんね・・・

中国が激しい憎悪を日本に向けるなら、同じ中国だった台湾はどうして親日なのでしょうか。
占領したフィリピンやインドネシアなども、過去の忌まわしい歴史に対して、日本に思うことはあっても、ここまで露骨になっておりません。

つまりは、現在の中国国民の対応は、オウムの麻原が信者にやったような、国家による国民の洗脳の結果ですよね。
前にも書きましたが、天安門事件以降の、江沢民による愛国教育・・・それが日本鬼子としての、強烈な反日教育に結びついているそうですが、まずは、中国政府がこの反日の洗脳をやめない限り、まともな外交は中国との間には結べないでしょうね。


 

そこで、今回の日本の国連常任理事の話も、完全に中国側の嫌がらせだと思って良いでしょう。
日本は、中国に対し、ODAを徐々に減らし、将来はなくす方向にする、国連の出資も常任理事国の中国が、たったの2%ですから、我々も、身分相応に、常任理事国様よりもお金出すのは、常任理事国である中国に対して、失礼ですよね、ここは日本が得意の、相手に国連を支えている実績を譲る意味でも、控えめに、国連の1加盟国として1%ほどの出資に抑えましょう、それが当たり前でしょ、だって「それとこれとは話が別」なんだから、常任理事国でもない国が、でしゃばるのは、非常に失礼でしょうからね。(笑)

 

ともかく、毅然とした態度で、中国に臨むべきですよ。
海底資源の問題でもそうだけど、これって日本以外の国がこんなことやられたら、「喧嘩売っているのかコノヤロー」ってなもんでしょうからね、日本だけですよ、こんなに大人しいのは。

海底資源の問題でも、日本はなぜ今まで調査しなかったかと言えば、中国ともめている地域での話しなので、揉め事の火種を起こしたくなく、調査してこなかったのに、中国は日本の誠意を無視して、いきなり断りも無く、油田を掘って貴重な国民の財産を盗まれている可能性もあるんですからね、まさに日本はお人よしですね。

人道的には、日本のこの姿勢はほめられても、国益を守る立場としては、後手に回ってしまったことは、批判されるでしょう。
でも、これは見方によっては、中国が日本に喧嘩・・・まあ、牽制していると表現を柔らかくしておきましょうか、そんな状態なのですから、日本が最近、右傾化していると感じるのであれば、それは中国側の態度が日本人をそのように誘導している、それをきちんと認識して欲しいですね。


 
あと、東アジアで忘れてはいけない、反日バカの国も、もうひとつ取り上げておきましょう。
今日は、記事の引用が多いですな。(笑)




日本の「資格」に疑問 常任理入りで韓国メディア

 韓国メディアは23日、小泉純一郎首相が国連総会で日本の安全保障理事会常任理事国入りを目指す決意を表明したことに対して「日本に資格があるのか」などと疑問を示した。

 有力紙、朝鮮日報は「日本の常任理事国入りは道徳的障壁を乗り越えねばならない」と題した社説で「日本の国力や国連への金銭的な寄与だけでなく、道徳的な姿勢が問題にならざるを得ない」として小泉首相の靖国神社参拝などに疑問を投げ掛けた。

 さらに、常任理事国入りには日本侵略の被害を受けた国々が「もう日本が常任理事国になる時が来た」と日本を後押しする環境が先行しなければならないと主張した。

 このほか、ソウル新聞やハンギョレ新聞も日本の常任理事国入りに反対の立場を表明した。(共同)

(産経新聞)(09/23 12:05)

 

笑えますよね、道徳的な姿勢って何よ、はっきり言ってごらん、正直な話、聞きたいです。
本音は何? あと何回謝って、何回土下座して、あといくらお金を渡せばいいの?(笑)
韓国って、そればっかね、何度謝っても、土下座しても、お金を渡しても、日本を認めないんでしょ? 認めたくないんでしょ。

まあ、韓国も洗脳教育と、捏造された歴史を止めて、それにもっと言論の自由をして、それから20年ぐらい経って、初めてやっとこさ、日本と対等に外交ができるんじゃないかな。


 

個人的には、以前にも言ったけど、日本が現段階で常任理事国になるのは、積極的賛成はできない。
常任理事国入りには、憲法の改正も必要だし、何よりも責任を負う、その覚悟が大事。
でも、今の野党でも、小さな2つの党はどうでもいいけど、二大政党として政権交代を担うはずの民主党でも、国際社会での責任の取り方が、党内でまとまりきれていないのが現状としてあります。
半分は、非常にまともな意見を言っているし、賛同する部分もありますが、一部の人はどうにも・・・
個人的には、常任理事国として参加するには、民主党内には、国際社会のリーダーとして、責任感が不足していそうな感じもするしね。
まあそれに、その前に憲法の改正も、ちゃんとやる気があるのかどう、それも怪しいものだし。


 

|

« 近鉄バファローズ、ありがとう!! | トップページ | 中国の日本に対する露骨な牽制2 »

コメント

「歴史問題についてはっきりした認識を持たねばならない」という話は正しいと思いませんか?国連設立の歴史背景は知ってますか?

一生懸命金をアピールしてますね。金があれば、自分の国連を設立しましょう。名前を「株式国連」になりましょう。日本は唯一の常任理事国になっても、誰も反対しませんよ。

中国と韓国の反日感情はほんとにお前が思ったように高まってますか。ほんとに日本の反北朝鮮感情より強烈ですか?日本のマスコミが報道したものは全部真実ですか?お前は世界対する了解のルートはインターネットとサッカー試合だけですか?自民党に洗脳されたお前は、共産党、麻原に洗脳された人よりレベル高いですか?他の人を「バカ」と呼ぶ前に、まず自分の無知を意識したほうがいいです。

ちなみに、お前が「親日」と感じる台湾でも、「小日本」、「日本鬼子」という言葉はずいぶん使われています。

投稿: 通り過ぎ | 9月 30, 2004 10:36

まずは、通り過ぎさんコメントありがとうございます。

書かれた文章から察するに、日本語が不慣れな立場の人でしょうか、あなた様の今後のために申しておきますが、初対面の人にいきなり「おまえ」と言う呼称は、常識を持った日本人はまず使いません、相手に非常に失礼ですし、発言者の人間性そのものが、非常に低く受け取られてしまいます、今後は気をつけましょう。

また、ブログなど書かれている多くの方が、メールアドレスが無ければコメントなど出来ないように設定されておりますが、私はより多くの人の意見も聞くため、特にメールアドレスは不要に設定しております、その辺りの事情も察して下さい。
あなた様にとって、気に入らない文章だったのかも知れませんが、コメントで意見を述べる以上、本名とまでは言いませんが、それなりの「礼儀」をもって、書いて頂きたいと思います。
たった一人のために、他の多くの人に迷惑がかかるようになる、このこともここでは配慮すべきでしょう。


さて、ちなみにこのコメントに対する回答は、本日付の記事で述べたいと思います。
私の記事が、随分と挑発的な内容だったことは自覚しておりますが、それに対し、日本語が不慣れとは言え、明らかに喧嘩腰にコメントをつけて下さっているわけですから、多少こちらも付き合う表現をさせていただきます、ご了承ください。

なお、次回からコメントをつけて下さる場合は、もう少し最初から喧嘩腰ではなく、建設的な議論をお願いします。

投稿: akinopapa | 9月 30, 2004 11:09

まず、日本語もブログも確かに不慣れです。もし失礼と感じさせるなら、すみませんでした。会社のメールアドレスだけ持っています。ごみメールを受けたらまずいですから、勘弁してください。

「おまえ」という言葉はインターネットから学んだもの、そのまま使いました。そんなに厳重な問題と思いませんでした。常識を持たない、人間性が低い日本人はそんなに多いとも思いませんでした。あなた様から注意していただいて、ありがとうございます。今後はぜひ気をつけます。

喧嘩するつもりはぜんぜんありません。偶然にこの文章を見て、観点はおかしすぎると思いましたから、ちょっと指摘したんです。誤解しないでください。回答を楽しみにしています。

投稿: 通り過ぎ | 9月 30, 2004 12:51

通り過ぎさん、再度の誠意あるコメントありがとうございます。
こちらこそ、喧嘩腰のコメントなどと、失礼な言葉を用いましたことを、まずはお詫びします。

私は、不慣れな面に関しては気にしません。
今回のコメントのように、もし仮に不慣れな状態であっても、相手に自分の考えを伝えようとする姿勢、これが見えれば、経験不足は誰もが最初に体験するものですから、「礼儀」さえあれば、経験不足を恥じることも、気になさることもない、と言うのが私の考えです。
むしろそんな方にこそ、慣れる意味でも、どんどん書き込んで欲しいと思っています。


メールアドレスも、付けて欲しいと言う意味で、前回申したわけではありません。
元々は、通り過ぎさんのような、会社のアドレスしかなくて、また、理由があって書きたくない(公開したくない)人にも、コメントがつけられるように、メールアドレス無しで書けるように設定しておりますので、アドレスがなくても問題ありませんよ。

ただ、ネット上には、あなたが学んだ人のように、初対面の人に「おまえ」と言う言葉を使う非常識な人もいます。
アドレスなどの痕跡を残さない事を良いことに、書きたい事だけ書いて逃げる無責任な人、ただ暴言を吐いて、騒ぐのが楽しいだけの人など、いろんな人間が多いのも事実です。

当初は通り過ぎさんを、最初のコメントの文章から、勝手にその輩と同じかなと、勘違いして書きました。
この件に関しても、お詫びします。

コメントに自分の意見を書くわけですから、仮に、ハンドルネームだけの付き合いにしろ、きちんとした対応で、お互い意見の交換をし合うことが、意義あることだと思いますので、アドレスをつけなくとも、公開しているつもりで書いて下さい、と言う意味で前回は書きました。


最後に、日本語も少し不自由とのこと。
私のつたない日本語の文章が、どこまで通り過ぎさんに伝わったか、はっきり言って自信はありませんが、もし分からない言葉、おかしな考えなどありましたら、遠慮なく聞いて下さい。

今日の記事は少しお待ちください、夜にでも載せます。


<余計なお節介の、日本語講座>
《呼称について》
 二人称で相手に「お前」と言う場合は、親しい間柄、または立場が同等、もしくは立場が下の者に使う言葉で、初めて会った人に使う言葉としては、不適切です。(間違っても、初対面の仕事先の人間に使ったらダメですよ)

一般的には、相手の名前(ハンドルネームでも)に「さん」か「様」を付けて呼ぶのが、一番無難ですね。

もちろん、「あなた」と言うのも無難です、親しい間柄だと、「君(キミ)」と呼ぶのも正しいのですが、「あなた」は、「君」よりも相手を敬う表現になりますので、このような場所で使うのは問題ありません。
ただし、仕事関係では、まず使いませんけどね。

《「通り過ぎ」と「通りすがり」》
名前を「通り過ぎ」とされていますが、これもどうでも良いことですが、通常はこの場合、「通りすがり」と表現するのが、日本語として一般的ですね。

「通り過ぎ」とは、もうその地点を通過して、過ぎてしまった状態を指します。 電車だと、乗り越して次の駅まで行っちゃったような。
それに対し、「通りすがり」とは、まさに今ここを通っている、偶然そばを通っている、こんな時に使います。
たまたまこのブログを見て、立ち止まった、立ち寄った、と言う感じであるなら、「通りすがり」と言う言葉のほうがピッタリです。

余計なお世話でした。


投稿: akinopapa | 9月 30, 2004 14:01

日本語のいい勉強になりました。ご親切に教えてくださってありがとうございました。

投稿: 通りすがり | 9月 30, 2004 15:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国の日本に対する露骨な牽制:

« 近鉄バファローズ、ありがとう!! | トップページ | 中国の日本に対する露骨な牽制2 »