« コミッショーが選手会を脅迫するか? | トップページ | 近鉄バファローズ、ありがとう!! »

9 19, 2004

球団側が5球団で行きたい理由

日本プロ野球が、70年の歴史の中で、初めてストを行う事が決定してから、いろんな番組で取り扱われている。

大きな流れとして、「5球団に固執する、頭の固い経営者側」とか、「どうして新規参入には、拒絶反応になるのか、新しい改革には臆病になる経営者」とか、」「最大限の努力も出来ないとは、経営者側は意地とメンツに拘っている」などの批判が、各評論かやコメンテーターなどから聞かされてきた。

彼らは、テレビに出演させてもらっている立場上、評論家、コメンテーターとして、本当の事が言えない、圧力がかかる部分があるのだろうが、自分の考えを予測だけでは語れず、疑問符でコメントを述べなければならないとは、さすがに気の毒な感じはしますね、同情しちゃう。

こっちは、自分の考えを発信出来るブログなので、証拠もないけど、自分の予測だけで考え、彼らに代わって、言ってあげちゃう。(笑)


 

現在の球団経営は、パリーグは特にどうしようもないほど、赤字構造になっちゃっているので、それは交流戦を数試合やっただけでは、根本的にはなんら変わりはない、35億円の赤字が、せいぜい30億円程度になるだけで、大幅な赤字には変わらない、と言った事情がある。
だから、パリーグの経営者の考えは、もはや1リーグ制のみなのです、それ以外に、パリーグの赤字構造を劇的に変える事が出来ない、と思い込んでいるわけです。

※その後の報道によれば、選手会の提案に譲歩しているのは、阪神、中日、ヤクルト、横浜、広島、日本ハムの6球団で、反対しているのは、巨人、オリックス、西武、オリックス、近鉄、ダイエーの6球団だそうだ。
選手会の来期も6球団要望に、現在巨人戦の利益があるセリーグ各球団が賛同し、パリーグが反対という構図が見事に出ていて、笑える。
しかも、特に強行に反対したのは、巨人とオリックスだそうだ。 オリックスはそうだろうね、自分が犠牲(合併)になれば、1リーグに移る目論見だったのに、ここにきて話が戻っては、何のための合併か分からなくなるので、強行派となっているのでしょうな、非常にわかりやすい。(笑)
ただ、パリーグでありながら、日本ハムは賛成派に回ったり、札幌に移転して頑張っていたり、今回の騒動の中で、合併に棄権した広島とともに、なかなか評価できる対応ではないかな。 (※部分以下、9月20日追記)


ですから、今は建前上、オリックスと近鉄の合併は決定事項で、これは誰がなんと言っても変えようがない、と言うのが経営者側の考えで、それに対しては、選手会側も諦めていますね。

しかし、パリーグ経営者の本音は、もはや1リーグまで決定事項なのですから、それ以外の事態は受け容れがたいわけですね、だから時間稼ぎが必要なのです。
何の時間稼ぎか・・・決まっています、ダイエーの経営再建の話です。

 


ご存じの方も多いでしょうが、ダイエー球団の親会社は、現在2兆円ほどの赤字を抱えて経営そのものがピンチな状態。
その経営再建を、自主再建を訴えるダイエーに対し、銀行は再生機構による再建を迫っております。
8月の時点で、銀行側の強い要望の元に、ダイエーは自主再建を諦めて、再生機構による経営再建に移ると一部では言われ、西武の堤オーナーもそうなるだろうと予測していた節があります、だからこそ、7月のオーナー会議でもう1社の合併が秘密裏に進んでいるなどと発表したのでしょうね。
それが、意外にダイエーの抵抗が大きく、9月までに合併は決まらなかったようです。

パリーグが待つ時間稼ぎとは、このダイエーの再生機構による再建受け容れを待つまでの時間です。
再生機構による再建では、国の指導による経営再建ですから、娯楽であるダイエー球団は手放す事になりますので、当然、ダイエーは合併、もしくは売却になりますが、パリーグは合併して1球団消滅させ、パリーグを4球団にさせ、1リーグ制に移行させたい、考えているのはただそれだけです。

不良債権の早期解決を目指す、竹中氏や財務省、メイン銀行などは、自主再建ではなく公的資金を使った、再生機構による再建を強く支持しているとの話しも聞かれますので、恐らく裏から手を回している気もしますね。


だからこそ、10日の選手会との会議後の記者会見で、NPB側の瀬戸山委員長は、選手会との会談で決定した「セ6球団以上、パ5球団以上」という項目に、現時点での判断だとか、あやふやな態度を見せたのも、裏ではダイエーが合併したら即、1リーグという思いがあるからだ。
これは、7日のオーナー会議で「緊急な事態が発生した場合は、早急にオーナー会議を開いて対応する」という項目があるのは、まさに、緊急事態=ダイエーの合併である事は、誰の目でも明らかでしょうから。

球団側は選手会とは適当に話し合いをまとめて、ダイエーが合併になった時点で、既成事実を作ってしまえば、後はどうにでもなると思っているのでしょうな。
近鉄とオリックスの合併でも、いきなり合併話が出て、1ヶ月もしない間にオーナー会議で決定されてしまい、選手会は何も出来ない、法的には違法ではない、誰も手が出せない状態で、あれほどの反対運動があったにもかかわらず、もはやその合併だけは動かせない決定事項になってしまった件を見ても分かるように、二匹目のドジョウを狙ってダイエーの合併と同時に、決めてしまおうと言う話しでうすね。


球団側は、年内中にはダイエーの件は決定する、そう思っているのでしょうね。
だからこそ、時間のばしをする。
しかも新規参入は、来期は困る、ダイエーが合併してせっかく10球団になって、やっと1リーグになるのに、新規参入があれば、球団側の描いた絵が台無しになりますからね。
だからこそ、来期に向かって「最大限の努力」も約束はもちろん出来るはずはない。

もっとも、野球規約には新規参入には、コミッショナーに11月30日までに申請する事と、申請した日から30日以内に参入の可否を知らせると書かれているわけで、そのような具体的な数字が書かれているのにも関わらず、審査には時間がかかるとか、いろんな理由付けをしている点で、小学生が懸命に言い訳を考えて話しているものに近い、そう笑われているのに気づかないのは、滑稽ですね。


確かに、30日以内に返事するのは決まっているので、適当な審査で返事するつもりで、最大限の努力を合意文章に入れる事も、一時は考えたかも知れませんが、それが無理な状況になったのでしょう。
仮に、ライブドアに関しては、「貴社の財務、資産などを慎重にかつ公平に検討した結果、期待に添えることが出来ませんでした、お詫び申し上げます」と適当に審査してごまかしても、まだ世論の理解も得られる可能性が高いですが、ライブドアだけではなく、Jリーグですでにチームを持つ楽天や、社会人で活躍するシダックスまで声が出ている以上、彼らを門前払いにするには、相当の理由が必要になり、最大限の努力すらも約束できない状況に球団側は追い込まれた、そう考えます。


 

パリーグには、1リーグ制にならないと、赤字構造が改善されない、と言う危機感から、今回の話は出発しています。
経営者側は、今回の騒動で、経営には無知なファンと選手の身勝手な行動、反対運動に手を焼いている、腹が立っている事でしょうね。
でも、ファンから見れば、ファンの声を無視して、一方的に話を進めてします球団側の姿勢に、怒っているのですね。

そもそもファンの最大公約数の声をまとめると、赤字解消の為には、選手会にも犠牲を強いる、サラリーキャップ制度の導入を求める声も多い。
これは、選手への年俸が大きな経営圧迫に繋がっている球団側としても、赤字削減には有効な方法だと思うのだが、導入しようと真剣に考えている経営者は、どれだけいるのだろうか。

また、放映権の一括管理による分配も提案しているファンは多いが、これこそ1リーグに拘らずとも、むしろ2リーグで赤字が大幅に解消される案であるはずですが、一番損をするだろう球団は反対するのは当然でも、他の球団はどう思っているのか。
実際に、アメリカではMBLやNBA、NFLも導入しており、日本ではJリーグが行っている、NPBには違った事情があるだろうが、NPBに合った一括管理を考える事も出来るはず。

また、球団の収支を公開する事も、望んでいるファンは多い。
ドラフトでウェーバー方式にすることで、不明な裏金の存在を無くし、健全な経営を求める声も多いが、資金力ある球団がドラフトでも、FAでも強いと言う現状を、容認する、もしくはむしろ歓迎する現状を変える姿勢、それを求める方向は、最終的に経営者側にも赤字解消になるプラスになるはずだと思うのだが。

このように、ファンは身勝手だと思う前に、ファンの声を聞けば、経営にプラスになる声もあるはずで、それこそファン、選手、球団の三位一体の改革と言えるものだと思うが。

 

結局は、やるべき事、打つべき手を全て行った上で、それでも改善されないので規模を縮小する方向になるなら、理解するファンも多いだろうが、やれる事をせず、ファンの要望を無視して進める改革に、大きな反対がある事に経営者側は速く気づくべきでしょうね。


もっともその前に、ファンなくして興業は成り立たないはずの経営が、昔から、赤字を前提に、球団は単純に広告媒体としてしか存在してこなかった為に、ファンなど二の次になっている現状認識、これをまずが経営者側は改めるべきですね。
赤字から黒字に変えるには、経営意識改善が必要な事は、どの業種に言える事でしょうが、特に、広告媒体としての営業活動から、ファンからの収入で営業を行う経営に、きちんと切り替える時期だと、認識するべきでしょうね。

 

|

« コミッショーが選手会を脅迫するか? | トップページ | 近鉄バファローズ、ありがとう!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/1475317

この記事へのトラックバック一覧です: 球団側が5球団で行きたい理由:

« コミッショーが選手会を脅迫するか? | トップページ | 近鉄バファローズ、ありがとう!! »