« 中韓が求める謝罪はなに? | トップページ | 阪神大震災の教訓はどこへ »

8 25, 2004

日本代表の無為無策の成れの果て

アテネ五輪で、金メダルを目指していた野球の日本が、準決勝でオーストラリアに負けました。

それにしても、予選ではあの緑のユニフォームに負け、ムッとし、日本女子ソフトでも金を目指した準決勝で、あの緑のユニフォームに負けて、腹が立ち、まさか3度目も、あの緑のユニーフォームの前に、負けて涙するとは思わなかった。(笑)


五輪の野球日本代表については、過去にも書いてきました。
実は、ココログに移る前にも、ブログを書いていましたが、そこでもアメリカが予選で敗退した時点で、神様が恵んでくれたような金メダルのチャンス、そう書いた記憶があります。

また、ココログに移ってからも、プロ野球 アテネ五輪日本代表でも、監督不在に対する不安を書きました。


野球は小さい頃から見てきただけに、予選からいろいろ言いたいこともあったけど、プロが出場している以上、結果が全てだろうと思い、特にここでは何も書いてこなかった。
予選では、不安がかなり見えながらも、予選では結果を残していたし、予選1位通過は、誰にも文句は言えない結果だった。
だから、黙って応援だけをしていた。


しかし、悪い結果が出た以上は、批判させてもらう。

ネット上では、勝っていたとき(予選)は何も言わず、ワッショイだけ言っていて、負ければ手のひらを返したように非難するのは、ファンとして許せない。
負けたけど、選手もスタッフも精一杯戦った結果、誰も負けたくて負けたんじゃない、1発勝負のトーナメントでは、得てして打てなくて負けるケースもあるのが当たり前、野球を知らない人が、無知で人を簡単に批判するな、と言った声もあった。

一見、この意見は正論のように思えるが、実はとんでもない勘違い。
彼らは「金メダルを取りに行く」と公言して、プロ選手がシーズン中にも関わらず、五輪に参加している。
また、我々応援する側も、彼らには是非とも金メダルを取って欲しい、そう願って応援している人が多いはずだ。
つまり、彼らにとっても、我々素人にとっても、金メダルを取るための過程などは問題ない、問題なのは結果だけだ。

だからこそ、消化不良の試合でも、危なかっしい試合内容でも、オーストラリアにコテンパンに打たれても、結果は勝ってきたし、1敗しても、予選では1位通過と言う、最高の成績で来た以上は、彼らの公言どおりだし、言う事は何も無いはず。
むしろ、素人が結果を出していることに、とやかく言える立場ではあるまい。

ただし、勝っている間は何も言わないのは、勝っているからこそ、何も言えないだけであり、常に不安や批判はファンの間にも燻っている状態であることは、忘れてはならない。
その燻っている状態が、結果が出た(負けた)ときに、外に向かって爆発、発火するのは、これまた当然の話である。


 -   -   -   -   -


さて、何事にも、結果には原因がある。
今回、オーストラリアに負けたのにも、原因はあるはずだが、それはなんだろうか。
原因にも2種類あり、オーストラリア戦を見て判断するものと、その試合だけでなく、長期に渡った日本代表の戦略、戦術におけるものがある。

例えば、この試合までの日本の戦い方は、予選では新聞各紙でも批判されていたが、本塁打による得点が多く、タイムリーによるチーム全体として機能した結果の得点が少なかった。
これは何を意味するのかといえば、想像通りだが、好投手に当たった場合、1発狙いの打線だけでは勝てないからだ。

これは今の巨人を見れば分かるだろう。
各チームの4番打者をかき集めても、ホームランは記録を塗り替えるほど打っているが、では勝負はどうだろうか。
ご存知のように、現在で中日に首位を譲って、しかも独走を許している。
つまり、1発が多くなれば、勝つ試合も多いだろうが、決してそれは強いチームになるとは言えない、と言うこと。

これは、もう巨人と言う見本のようなチームがいるのに、予選では、結局はホームランに頼る打線になっていたのを、何ら修正しようとも、変える努力をせずに決勝トーナメントに進出してしまったのが、最大の理由。
実際、オーストラリア戦では、ホームランは空振りに終わり、ランナーは進めるが、後1本のタイムリーが出なかった。
これも予選で、どのような戦術で戦うのか、その方向性を選手に徹底、指示してこなかったツケが回って来ただけ。


その他にも、予選では投手交代の時期の遅れが目立った。
5連打されて失点して、初めてベンチが動くケースが、予選のオーストラリア戦だけで2回もあった。
予選リーグは、1度や2度の負けでも、決勝に残れるので、打たれたとしてもある目的、例えば連打されたときの相手の攻め方の研究、守備陣系の確認などなど、意味があって続投させる場合はかまわない。
しかし、そのような意味も無く、ただベンチワークの不手際だけが目立った交代だったことは、指摘したい。

これは、トーナメントのような1発勝負に入った場合、交代の時期の遅れは、致命傷に成りかねないからだ。
やはり、監督経験もなく、代理である中畑氏に全てを任せる限界が、ここにも出ていたと思う。

プロ野球 アテネ五輪日本代表でも書いたが、野球ってのは選手だけでするものではく、ベンチワークが非常に重要な競技である。
もちろん、長嶋氏が突然倒れられたと言う不運もあるが、かといって、勝負の世界でそれを理由に、相手チームが手を抜いてくれたり、勝負の女神が微笑んでくれるはずもなく、一時も早く、長嶋氏に変わる監督を探すべきだったのだ。
監督不在で、長嶋氏に対するカリスマだけで試合に勝てると思い込んだ、JOCだか野球関係者か知らないが、その愚かで甘い考えそのものが、今回の敗戦の遠因になっている事は、間違いない。


 -   -   -   -   -


オーストラリア戦だけに限って言えば、失点は松坂投手には責任がなく、内角は打てないと言っている構えに対し、2死ながら3塁にランナーがいることにビビッた城嶋の、サインミスが原因。
もともと、五輪に来てからの城嶋のリードは、やや大事に行こうとし過ぎて、ペナント中のような大胆な配給が見られず、消極的な外角への変化球で交わす配給が多く、彼の特徴、良いところが無かったように思える。
この辺りは、今日負けても、140試合で勝者を決めるペナントレースの戦い方による、大胆な配給と、予選から負けられない試合の続く国際試合との差が出たのではないか。

ただ、私の見方が間違いないのであれば、日本代表のバッテリーコーチは何をしていたのかと思う。
バッテリーコーチがいないのであれば、ピンチの時は投手コーチの大野か、監督がきちんと指示を出して、配給を徹底させるべきだったところを、良い言い方だとキャッチャーの城嶋を信頼して任せた(悪い言い方だと、城嶋相手にいちいち配給の指示まで出せるほどの格が無かった)のが、失点の原因だろう。

もっとも、この失点を防いだからといって、勝っていたとは言えない、なんせ打線が打たないのだから。

では、打てなかったのは選手が原因なのだろうか。
これは単純にはそうとは言えない。
各球団に帰れば中心人物の彼らも、ペナント中でも3回に1回しかヒットが打てないし、何試合か連続でヒットが打てないことも何度もある。
また、相手が好投手で調子がよければ、全くと言っていいほど打てない日があるもので、オーストラリア戦だけを指して、打てなかったから即、彼らの責任とは言えまい。
ただし、打てないから負けても良いわけでなく、打てない時は、普通ならば、ここでもベンチが重要な役割を果たすはずである。

もちろん、打席に立っているのは、日本でもトッププロなので、ある程度は自分達で打てないときでもアジャスト出来るだけの能力はあろう。
しかし、トーナメント方式では1発勝負で、各選手に任せるべきと、チームとして戦術のベクトルを示して、徹底させることも重要なはずだ、負ければおしまいなのだ、選手の能力に任せるだけでは、不安定要素が多すぎる。

それは、ボール球に手を出す選手が多かったが、高めはほとんどがボール玉なので手を出さないように指示をする、変化球よりもストレートがたまに甘いところに入るので、それを狙うように指示をする、調子が悪い選手には、代打を出して雰囲気を変えるなど、ベンチとして打てないならば、打てない時ににも、やるべき事はたくさんある。
ただ、良い投手が投げて抑えて、抑うつ選手が打ってくれて勝つのを待つのでは、それは草野球レベル。
もちろん、狙い球を絞ったりしても、打てるとは限らないが、少なくても無策のまま試合が流れてしまうより、何かを起こして悪い流れを断ち切ろうとする、その努力がベンチには重要なのだ。


野球はもっと奥が深い、戦術は果てしなく広い、それを忘れてしまっているのではないか>中畑氏
いや、自分にそれだけの野球理論が無いのかも知れない、もしくは、戦術を駆使するには自分はまだ監督経験もなく、選手としての業績も、今回選抜された多くの選手にも及ばないと言う負い目、長嶋氏なら従えても、中畑なんかに率いられるのか、などの周囲の声などがあって、自分では何も出来なかった可能性もある。

<また、実績も何も無い中畑氏に、代理監督を任せるような判断をした人物、機構こそ、第一戦犯と言っても良い。
長嶋氏が倒れられた時点で、氏が監督として動けない可能性を検討し、早めの策を打つことこそ、日本代表にとって有益だった。
確かに、監督が長嶋氏ということで、自分は単に打撃コーチとして、あの長嶋氏についていけば良かっただけ、そう信じて引き受けたのが、あれよと言う間に監督代理などやらされてしまった、そんな事情もあり、同情の余地はあるかも知れないが、引き受けた以上は当然、責任は中畑氏にもある。
ただそれ以上に、実績も何も無い中畑氏に、代理監督を任せるような判断をした人物、機構こそ、第一戦犯と言っても良い、長嶋氏が倒れられた時点で、氏が監督として動けない可能性を検討し、早めの策を打つことこそ、日本代表にとって有益だった。

 -   -   -   -   -


人は、選手は精一杯やった結果なので、非難するべきじゃないと言う。
もちろん私もそれには賛成だ、選手には非は無い、精一杯プレイしていたし、彼らの本分は野球のプレイに全力を注ぐことだから。
しかし、ベンチは精一杯やったと言えるのだろうか?
これには、残念ながらノンとしか言えない。
先ほども言ったが、試合中の戦術が全く見えなかった、流れが悪いケースで的確な指示が出せなかった、流れを変える大胆な作戦を行えなかった、これらは全て、ベンチの責任。
野球は一人でやるものではない、選手9人に、ベンチ、それにスタッフ全員で行うもの。
こんな基礎を忘れてはならない。


あと、大会中、「長嶋監督のために勝ちたい」と言う言葉を、中畑や選手からも聞いた。
またマスコミなどは、好き好んでそのように連発する。

これはおかしいだろう、日本代表はあくまでも日本国を代表したチームであり、メダルを捧げるのは、日本国民に対してのはず。
また、選手は何のために戦っているの? 長嶋茂雄という個人のため? 自分のために勝ちたいと思っていないの?

いつから、長嶋氏は日本の最高権力者になったのだろうか、野球の神様となったのだろうか。
野球人として、長嶋茂雄個人を尊敬するのは悪いことではない、また、倒れられたことに対して、元気付けるためにも勝ちたいという気持ちは分かるが、少なくとも長嶋を教祖にするような歪んだ構造だけは、勘弁して欲しい。
プロ野球の選手は、そのプレイをファン(国民)に魅せることで、自分の収入を得ているのであって、長嶋氏個人に雇われているわけでもなんでもないし、また、自分のために努力しているのだろう。

未だに「長嶋ジャパン」など連呼するマスコミも、神経を疑うし、長嶋氏は私も好きだが、このフレーズだけはキライ。

ともかく、シドニーでは単にプロ野球の選手を集めても、チームとして機能しなければ勝てないことは分かったはず。
しかし、今回はその反省がどこまで行かされたのか。
確かに、前回はパリーグからだけだったが、各球団から選手を集めた。
合同練習も5日間やった。
しかし、選手選考結果を見て多くの日本人は思っただろう、2名以上欲しいチームもあれば、誰もいらないチームもあると。
その結果、五輪では代打要員が少なくなり、捕手も城嶋一人におんぶに抱っこ、打線も点にはなるが、線にならない。
打線は、線になって初めて機能することなぞ、少年野球小僧だって知っていること。
ペナントは休めないとした結果、巨人戦の視聴率はついに5%を切った、笑ってしまうではないか。
これでは、最初からペナントを休むほうが良かったに決まっている、本当に頭が硬直したオーナー連は即刻退場して欲しいもの。


さて、「1発勝負は水物で、負けることもある」と優しい言葉をかける人がいる。
しかし、1発勝負だからこそ、負けない工夫が必要だった。
オーストラリアは日本にスコアラーを派遣して、情報を収集していたと言う。
では、日本はどんな情報収集の活動を行っていたのか?

日本を7回まで零封したオーストラリアの投手、イタリア戦では8回を0点に抑えていたが、その試合を見て何を研究したのか?
少なくとも、オーストラリアは松坂を打てないなりに、狙い球を絞っていたし、右方向に打っていたが、日本はどんな研究をして望んだ結果、5安打しか打てなかったのか?
ちゃんと優秀なスコアラーを、各試合に派遣して、対戦する選手の情報を分析、弱点や攻め方の研究など、きちんと選手に伝達していたのかどうか、監督に試合の戦術を示せたのかどうか。

ハッキリ言って、選手だけを集めて勝てると思っていた、相手を舐めてしまった、それが最大の敗因だろう。

|

« 中韓が求める謝罪はなに? | トップページ | 阪神大震災の教訓はどこへ »

コメント

こんにちは さわぐち です。
時間をさいての書き込み、あり
がとうございました。Akinopa
paさんの今年書かれたスポーツ
のページは 全部読ませて頂き
ました。鋭い指摘の文章が多く
書かれていて読み応えのあるペ
ージでした。野球に詳しいのに
はほんとに感心します。それに
してもアテネの野球は審判に
泣かされましたね、特に決勝戦
はオーストラリアが追い上げム
ードの時、フエンスに当たって
捕球ですから、勝利の女神がよ
そ見したのでしょう。Akinopa
paさんのサイトが大きいので
少しづつ読ませてもらいます。
書き込みありがとうございまし
た。ホームページの書き込み欄
から失礼します。 -景趣-


投稿: さわぐち | 12 18, 2004 17:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/1277958

この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表の無為無策の成れの果て:

« 中韓が求める謝罪はなに? | トップページ | 阪神大震災の教訓はどこへ »