« 相変わらずの中国 | トップページ | スポーツニュース、雑感 »

8 10, 2004

ザ・ワイドの葉千栄氏について

サラリーマンである私は、平日の昼間に放映されているワイドショーなど、知るはずも無いが、日本TV系列で、ザ・ワイドと言う番組をやっているらしい。
話を聞くと、これは相当偏重した番組らしく、夜の筑紫、昼の草野と一部では言われているそうだ。

今回のアジアカップの騒動でも、9日のザ・ワイドでは相当な電波を流したようだが、これを1部分、見させてもらった。


私が昨日、中国政府に問いかけた、なぜ、中国国民が今回のような行動を取るように至ったのか、反日感情はどうして高まったのか、反日教育が原因ではないとすれば、どう分析したのか教えて欲しいと言ったが、番組なりに分析したようだ。

まず、中国側の代弁者とも言うべき、ゲストだが、東海大教授の葉千栄氏を呼んでいたようだ。
この方、上海生まれの中国人です、まあ中国国民の代弁者としては適任でしょう。
ただ、テレビテロップに「現在中国社会に詳しい」と紹介してあったが、わざわざ中国人の大学教授を呼んでいるんだから、このテロップなんか不要だろ、日本人がゲストなら、どんな立場か伝えるテロップは必要だろうけど、中国人を呼んで、なおかつ中国に詳しいんだよと、視聴者に念を押すのが、なんだか必死に見えて笑ってしまった。


基本的には、もちろんサッカーと言うスポーツの場で、あのようなブーイングをはじめ、暴動を起こす民衆には賛同できないし、恥ずかしい、と言う立場だと最初に断っていた。
これはまあ当然であろう、今回の件で、いくら腹が立ったからとはいえ、同じ日本人がネット上で、中国人の悪口言葉や、言葉遣いなどは、私も同様の感覚で見ている。
彼らがやっていることは、スタジアムで憂さ晴らしをして暴れている連中と同じ、低レベルになる必要なぞ無いのに、そう思うと恥ずかしい限り。


それとは別に、葉氏の分析はまとめると、以下の通りか。
要因はいろいろあると思うが、
 ・靖国神社参拝
 ・日本政府高官の中国に対する言動
 ・外国人犯罪などのマスコミの報道
この辺りだろう。

さらに興奮して、外国人犯罪は犯罪全体の2%にしかならない(多くが日本人犯罪だ)、なのにほとんど外国人が犯罪を行っていると報道する、あるいは、中国人が行っていると報道する、これに中国は怒っている。
また、留学生にビザがほとんど下りないとか、述べていたが、日本語がまだそれほど上手くないので、何を言っているのか意味不明だった。

なんだか、興奮して力説していたが・・・これって、原因の分析ではなく、単なる自分の不満、政府の不満であり、中国国民がなぜそうなったのか、と言う分析じゃないよね。(笑)

多少、言いたいことは分かるけど(何でも中国のせいにするな、って事かな)、実際には外国人犯罪件数は増えている(もちろん、日本人も増えている)し、外国人犯罪の中では中国人がトップである、と言うのは事実ですね。
外国籍の方は、人口の1%しか無いけど、刑務所内では8%近い人が、外国人です。
不法入国、留学生、いろいろあるでしょうが、問題にすべき点が多いのは、ご理解いただけるかと思いますが。

結局、葉氏は何を言いたかったのか分かりませんが、仮に彼の言うとおりだとして、中国国民が日本政府高官の言葉に反応する、靖国神社参拝に反応する、日本のマスコミに反応する理由はどこにあるのか、これが大事であると思う。

1つ1つの事例を挙げて、これに反感していると言うが、なら、中韓以外のアジア諸国は、日本が靖国参拝することに、どうして怒りの声が上がらないのかなど、説明が付かないでしょう。

どう考えても、有田氏も語っていましたが、「中国が経済は自由化したが、言論に関しては一党独裁ということもあり、自由ではなかった。 その中で、唯一、反日批判だけが政府は許してきた事が、本日の結果を招いている」これが要因の1つなんですよ。 
靖国参拝が原因だ? 政府高官の言動だ? マスコミのせいだ? そんな程度の低いことを言っているから、ダメなんだ、反日教育やって、反日批判だけを許可して来た結果、日本政府のやることなすこと、他のアジア諸国が気にならない部分までもが、全て気に入らない、反感を持ってしまう結果になっているんですよ。
まず、このことを自分達で反省しなければ、先に進めませんよ。


ザ・ワイドの感想ですか、この回だけを見る限り、有田氏がいるので、何とか正常な番組として保っている、そんな印象を受けました。
彼がいなければ、筑紫哲也の番組以上に酷い番組になっていたかも知れませんね。


それから、直接関係無いけど、葉氏は、もうちょっと日本語が上手くならなければダメ。
せめて、自分の考えを稚拙な表現でもいいから、的確な言葉で伝えられる程度に日本語が話せるようになって、初めて、代弁者ともなれるし、批判もできる。
番組では、途中何を言いたいのか、さっぱり分からない部分もあったが、これでは相手に自分の考えが伝わらない。
自分の考えを他人に伝えられない事は、日本で活動するジャーナリスト、評論家としては、致命傷だと思うね。


 
最後に、今後どうするべきか、と言う話に移ったが、言いにくいんだろうけど、これも本質を突いていなかった。

確かに、日中両国の首脳が、1度も会合していないのは異常であり、するべきだという話は賛成。
しかし、日本側はその意志はあるのだが、中国側が強硬派の小泉氏に対し、壁を作っているので、実現しない。
小泉氏が靖国神社を参拝しているからだ、と言う理由もあるが、日中間で問題なのは靖国だけではあるまい。
尖閣諸島はどうする、排他水域の問題は、海底資源の話は、問題は山積みであり、靖国だけが原因で進まないのは、あり得ない。

これは私見だが、中国側は今まで日本側に脅すと、歴代の首相や政府は弱腰になって、中国政府に伺いを立ててきた歴史がある。
ところが、小泉氏だけは、脅そうとも自分の信念は曲げない、非常に珍しい「Yes、No」をいえる日本人なのだ。
中国としては、今までの日本政府のように、脅せば折れてくる日本政府を期待しているわけで、小泉氏が首相の間は、決して妥協をしたくないのだろう。
もしここで妥協すれば、今後、第二、第三の小泉氏のような首相が現れて、中国政府にNoと言ってくる人物が現れては困るから、じっと我慢をしているのである。
中国政府が、最近の日本は右傾化にあるとクギを差すのも、石原都知事のような人物が、日本では人気あるので、このような人物に次期首相になられても困る、そういう思いから出てきているのである。

だから、「お互いのトップが会談を行うべきである」と言う言葉は、まずは中国側に言えってこと。
日本は会合を持ちたいと、以前から交渉はしているが、何だかんだと理由をつけて拒否しているのは、中国側なんだから。
でもって、この場合の会合は、条件など一切なしの五分五分の条件が、当たり前。
小泉首相が、靖国神社参拝をやめれば会合を行おう、などの条件を持ち出すのは、もっての他。
葉氏には、中国政府に、是非ともそう進言して欲しいね。

PS:昨日のTVタックル、日本領土保全問題は非常に良かった。 改めて、扱いたい題材です。

|

« 相変わらずの中国 | トップページ | スポーツニュース、雑感 »

コメント

この意見への質問です
>靖国参拝が原因だ? 政府高官の言動だ? マスコミのせい>だ? そんな程度の低いことを言っているから、ダメなだ、
貴方の言う程度の高い事とは何ですか?

>反日教育やって、反日批判だけを許可して来た
何故中国が反日教育したり、反日批判を許可したのですか?

投稿: 高橋 勇 | 9 06, 2004 22:25

高橋さん、コメントありがとうございます。

ただまあ、同じコメント(質問)を頂くにしても、もう少し適切な方法があると思うんですけど。

あなたの事、あなたの考えを述べることなく、ただぶしつけに質問だけされても、あなたがどのような回答を期待されているのか、今まで私が書いたものを、ただ丁寧に教えて欲しいといっているのか、その考えはおかしくないか、と言う反対の意見を持った上での回答なのか、それすら分からない状況で、何を答えて良いのでしょうか?

とりあえず、出来るだけ丁寧に答えます。


>貴方の言う程度の高い事とは何ですか?

「そんな程度の低いことを言っているから、ダメ」に対する質問ですよね。
なるほど、この記事の中では説明不足でしたね。

「天安門事件のツケ」
私の記事ですが、ここを読んで下さい、なぜ中国が反日教育をしたのかと言う、私なりの考察を書いております。

私は、今回の問題の本質は、中国政府(特に江沢民の)反日教育が原因である、靖国もマスコミも、単なる表層的な理由にしか過ぎない、そう考えております。
つまり、今回のブーイングを、首相が靖国に参拝しているからだとか、そんな上辺の話(これが程度が低いって意味)で括って終らせても、何の分析にもなっていないし、終らない。 これは、反日教育が根底にあり、それが結果的にこのような事態になった、そう思っているわけです。


「どうして中国の青年は、あれほどブーイングをしたのか」

と言う本質的な問題は、高橋さんは何だと思いますか?
やはり、「靖国に参拝」ですか? あなたのご意見をお聞かせください。

 


>何故中国が反日教育したり、反日批判を許可したのですか?

これも、「天安門事件のツケ」を読んで見てください。
私なりの、反日教育に至った考察を書いております。
読んで、もしまだ不明、納得できない部分があれば、それがどの部分で、どんな質問、意見なのかを書いてください。
あくまでも私の考えと断った上で、聞かれたことに対しては、自分なりに回答いたします。

あと、反日批判を許可したのは、早い話がガス抜きの意味もあるでしょうな。
国民の団結を図るために、日本と言う敵対組織を作り上げ、反日教育を行い、同時に、天安門のようになっては困るので、政府や共産党に対する不満は許さないが、民衆の怒りが爆発しては困るので、その捌け口として、反日教育とセットで反日批判だけは禁止しなかった、と言う背景があったと思っています。

投稿: akinopapa | 9 07, 2004 11:25

ご回答有難う御座いました。
 私にはある何等かの回答を期待して質問すると言うのは是までも是からも持ちません。

>「どうして中国の青年は、あれほどブーイングをしたのか」

>と言う本質的な問題は、高橋さんは何だと思いますか?
>やはり、「靖国に参拝」ですか? あなたのご意見をお聞か>せください
私は、それを知りたければ、先ずブーイングしたした人に直接問いたい。想像で云々するのは無理があるしそれは傲慢だ。事実を確認の上真実を求める姿勢が大切だと思います。
只、私は試合の数日前から中国に居ました。ホテル内で、知る限りでは2日間連続で日本の軍人が中国人に暴力を加えていて、日本人を"鬼子”呼ばわりするTV番組が放映されていました、当然不愉快でしたが「何故今なのか」と思っていました。
だからと言ってブーイングした人だけがこのTVを見たわけではないし、あなたの言う反日教育も、この人たちだけが特別に受けた訳ではないだろうと思います。本質的な問題は直接本人に聞き、話し合うことから始めるべきでしょう。
私が今その努力をしないのは、危うい日中関係だからこそ民衆レベルで身近な一人一人と相互理解を深める努力が重要だと思うからです。

投稿: 高橋  | 9 07, 2004 14:00

高橋さん、コメントありがとうございます。

>私にはある何等かの回答を期待して質問すると言うのは是までも是からも持ちません。

これは失礼致しました、言い方が悪かったようです。

質問された内容が、私が常々このブログで述べていた事であったために、その内容を踏まえた上で、反論のための質問なのか、それともただ、この記事しか読んでいなくて詳細を求めてきたものなのか、こちらが判断しにくく、質問に回答する立場で悩んだため、あのような書き方になってしまいました、失礼な言い方になった事をお詫び致します。


さて本文へのコメントですが、長くなりますので、本日の日付の記事として、独立させて頂きます。

読んで行って下さい、ありがとうございました。

投稿: akinopapa | 9 07, 2004 19:13

昔から中国では抗日教育は行われてきた。江澤民が党の書記長に就任する前から、日本鬼子に対する憎しみは中国人民の中に当然あったし、今より多くの抗日映画が作られていた。
しかし、今回のサッカーの試合のようにまた、西安での反日デモのようにこんな形で中国人が騒ぐのは聞いたことがない。
党の押さえが効いていたのか、もっと中国人は冷静だった。
あの忌々しい文革の時と同じ集団ヒステリー状態であった。
誰かがたきつけているとしか思えない。
江澤民の教育と文革の時と同じように「造反有理」が許されたように、「反日有理」が許されている状況があるのではないかとおもわれます。葉千栄について「彼は彼なりに立派であったといえる。テレビという公の場で、中国当局を批判することはできない。最後に有田のコメントに反論せず、同意してたのが彼の本音である可能性もある。彼の日本語がわかりにくいのはデリケートな話題を話しているためだと思う。
確かに掲示板の内容は内容が無いようというくらいくだらんものです。

投稿: JIANGHAO_JILIN | 10 05, 2004 02:13

JIANGHAO_JILIN さん、コメントありがとうございます。

私の書く文章が長くなるときは、毎回コメントに対するレスも本文の記事にさせていただいておりますので、ご了承下さい。

今回は、「江沢民にとっての文化大革命」に書きましたので、よろしければ覗いてみて下さいね。

「反日有理」は、中国は政治的意図を持って、対日外交に利用している点では、私もその通りだろうと賛同いたします。

投稿: akinopapa | 10 05, 2004 19:58

本当に葉氏は中国スパイなのですか?

投稿: 匿名希望 | 6 28, 2007 11:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/1166340

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・ワイドの葉千栄氏について:

« 相変わらずの中国 | トップページ | スポーツニュース、雑感 »