« 天安門事件のツケ | トップページ | ザ・ワイドの葉千栄氏について »

8 09, 2004

相変わらずの中国

それにしても、この話題は、食いつきがすごい。(笑)

アジアカップでのブーイング問題は、大勢の人が注目しているようで、カウンターの数も、トラックバックの数も普段に比べて、かなり増えましたが、それだけ関心も高いと言うことでしょう。

中国紙が日本メディアを批判
 中国で開催されたサッカー・アジアカップでの反日感情を巡る日本メディアの報道について、中国の新聞が、「反日感情と愛国教育に何の関係があるのか」と批判する記事を掲載しました。

 これは、9日付の共産党系新聞「中国青年報」が報じたもので、日本のメディアを、「中国のファンが無礼で質が悪いと怒りいっぱいに非難し、依然として自分達のロジックで反日感情の根源を探っている」と非難しました。
 
 また、中国の愛国教育が反日感情をもたらしているという指摘に対しては、「中国政府やメディアがいつどこで教育宣伝として“日本に反対する”と発表したのか」と反論しています。
 
 そして記事は、「反日感情の悪化はここ数年のことで、小泉総理の靖国参拝によって激しくなっている」と結論づけています。 (TBSニュース 9日 14:15)


kazuさんのブログで、決勝戦のまえの5日の段階で、中国政府は「日本のメディアが一部の人の行為を大げさに報じ、政治問題化させているのは遺憾だ」と言っていたらしい。
私は、このときはまだ、中国政府も暴走した国民感情を持て余して、日本への発信と言うよりも、自国の国民へなだめる意味があって、国内に発信したものじゃないかな、などと軽く考えておりましたが・・・
結構、本気で日本に向けて発信していたんですね。(笑)

それにしても、国内のホスト国にあるまじき騒動から、世界の目を背けたいがために、また日本を利用するなぞ、本当に、中国は変わりませんね。


>>自分達のロジックで反日感情の根源を探っている

自分達のロジックねぇ。
国内において、これでもかっ!、というぐらいの映像を流して、反日感情を煽っておきながら、自分達のロジックとは・・・

今更、政府が日本マスコミのせいだ、なんて言っても、遅い。
そりゃ、中国のマスコミってのは、共産党の支配下に置かれた、自由な報道が出来ない連中ですから、政府の意に反することは報道せず、快い報道しか国内では見たことがないのかも知れませんが、日本や世界各国の自由主義国では、マスコミってのは政府批判はもちろん、耳が痛いことでも、隠しておきたい事でも、平気で報道するのが当たり前なんですな。


それから、愛国教育とか言っていますが、ワタシャ愛国教育とは、自分の国を愛するような教育を行うことであり、中国が行っている教育は、反日教育であり、愛国教育などとんでもない、そう思っています。

なぜなら、中国は、日本と言う存在をより強調して、中国に正義に対して悪として扱い、不平不満は日本に行うようにして、国内の政府に対する不平不満を押さえ込んで、国民の結束を図っているだけで、自分の国を愛する教育など、二の次でしょう。


まあ、今回の騒動が、20代から30代の若者が中心であること、彼らは、天安門事件以降の若者であること、同じ中国人でも、海外に住む中国人や華僑の人から(中国人でありながら、国内の反日教育を受けていない)、今回の事件は批判されていること、若い世代で戦争を知らない彼らが、感情をむき出しにして半暴動化したこと、これらの分析は、中国政府はなんと考えているのでしょうね。

まさか、↓これがその理由か?

>>反日感情の悪化はここ数年のことで、小泉総理の靖国参拝によって激しくなっている

これは爆笑だよね。
ブーイングしている中国国民のプラカードを見た? インタビューを聞いた?
反日感情の悪化が靖国が原因である、と言う分析が正しければ、彼らの反日行動のスローガンは「靖国神社」と言うキーワードで占められているはずである。
ところが、彼らの口から直接靖国神社が一番の原因などと、聞いたことも無ければ、それを掲げているプラカードも、テレビモニタではあまり確認できなかったのは、どういうことだろう。
せいぜい、重慶では爆弾を落とした、悪い事をした、中国に侵略した、靖国に参拝している、尖閣諸島を横取りしている、といった、一連の日中関係でよく聞かれる、中国側の主張と同じく、一部分として書かれていたりしただけだが。
つまり、中国政府が慌てて、日本のマスコミや一部の市民団体が弱い言葉、「首相の靖国参拝」を使って、何とか目先を変えようとしただけですね、誰も今回の反日の原因が、靖国参拝であるわけがないんだから。


また、日本の立場で見れば、半日感情はここ数年の問題で、小泉の靖国参拝だと言うが、それはおかしい。
ここ数年、靖国神社に参拝した首相は、小泉だけではない。 国交正常化となった72年以降からでも、8人は参拝しているし、中国政府が日本の政治家では最高に尊敬している田中角栄などは、5回も参拝している。
つまり、「小泉総理の参拝によって、急激に反日感情が広まった」これは、明白なウソであるか、もし本当でそうであるなら、他に理由、例えば、中国側が小泉首相の靖国神社参拝を、反日感情を増長させる手段で利用した、などの特別な事情が存在すると言うことになる。
どっちにしろ、墓穴を掘ったようなものだ。

こういった、簡単な指摘によって、矛盾点が暴露されるような言い訳を使うほど、中国政府は今回の民衆の暴動には、手を焼いているのでしょうな。 もっとも、政府が本腰になって制圧すれば、第2の天安門事件が北京スタジアム、もしくはその周辺で起きただけですから、中国政府も、そこまで本腰ではなかった点で、難しい判断だったんでしょうね。


それにしても、鳥越とかが、まだ靖国を理由にしていたけど、いい加減にその固まった価値観を、広げないと、ますます共産党や社民党が生き残れる場所がなくなるだけ。
首相の靖国批判は、悪いとは言わないけど、中国がどうのこうのという理由での意見は、もういい加減にウンザリ。


|

« 天安門事件のツケ | トップページ | ザ・ワイドの葉千栄氏について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/1158006

この記事へのトラックバック一覧です: 相変わらずの中国:

« 天安門事件のツケ | トップページ | ザ・ワイドの葉千栄氏について »