« 戦後の日本とドイツ(ほか) | トップページ | 相変わらずの中国 »

8 05, 2004

天安門事件のツケ

私は、何度も中国や韓国が、「最近の日本が、右傾化傾向にある」と思うのであれば、それは日本自身ではなく、中国人や韓国人が持つ、非理性的な反日感情にその原因があると書いたが、それを裏付けるような、今回のアジアカップでの、ブーイングである。


【主張】サッカーアジア杯 五輪開催の資格あるのか

 サッカーの国際試合では、ファンの常軌を逸した行動はまれではない。しかし中国で開催中のアジア杯において、日本の選手や観客に向けられた敵意は、サポーターにありがちなマナーの悪さとして黙過できない。

 日本は一次リーグの三試合と決勝トーナメントの二試合を、中国人観衆の一方的な相手チームへの声援と日本チームへのブーイングの中で戦い、七日の決勝に進出した。前回大会の優勝国で、二〇〇二年ワールドカップ(W杯)でも決勝トーナメントに進出した日本に対し、中国のファンがライバル意識を持ち、日本の対戦相手を応援する気持ちは理解できる。

 問題はやり方だ。四戦した重慶では特にひどかった。国際試合の慣例である「君が代」吹奏に中国人の多くは起立せず、ブーイングを浴びせたり、反日的な横断幕を掲げたりした。その上、二十人ほどの日本人サポーターは威嚇され、日の丸の旗を出すこともできなかったという。国営中央テレビがほぼ日本の試合だけ、国内で生中継しなかったのも、不可解だった。

 中国共産主義青年団機関紙が「スポーツと政治を混同するな」と厳しく批判したものの、インターネット上には、同紙を「小日本(日本の蔑称(べっしょう))に味方するのか」と逆に攻撃する書き込みが殺到、済南で三日行われた準決勝でも状況は改善されなかった。

 中国は準決勝で十年間負け続けたイランを破り、決勝戦で日本と対決することになった。中国人サポーターのボルテージは上がり、ネット上には「抗日戦勝利を」「小日本撃滅」などの書き込みが乱舞している。日本政府が不測の事態を警戒し、中国側に異例の申し入れを決めたのも当然だ。

 このような事態になった背景は複雑だ。反日愛国主義教育の影響や、経済成長に伴う大国意識の広がりに加え、大卒者でも就職難という現実社会への不満が若年層に強く、日本がそのはけ口になっているとの指摘もある。

 自国チームへの応援は大いに結構だ。ただ相手チームの選手やサポーターに不安や不快感を抱かせるようでは開催国として失格だ。中国人サポーターの行動と当局の無為無策は、四年後の北京五輪開催資格へ疑問の声を呼ぶ。日中戦での改善を期待する。

(産経新聞 Sankei Web)

 


国際試合を中国で開催など、民族レベルを考えれば、まだまだ早いですね。
真剣に、日本は今回のサッカーでの中国国民の対応をビデオに収め、IOCや国際競技の連盟に送りつけて、再考を促すようなことをしても良いと思うけどね。
物を投げつける、サポーターを群集が取り囲んで威嚇する、国旗を掲揚して応援させないなど、国際試合にあるまじき行為をさせる国で、まともに開催できるとは思えないし、危険だと警告した上で、何か事故、事件でもあれば、その責任をIOCなりは取れるのか、と言った、強い口調で抗議するのも在りかなと。


 


人の振り見て、我が振り直す
今回の中国での、反日感情をここまで見せ付けられると、洗脳教育の恐ろしさを、改めて感じさせてくれる。
日本も、きちんとした教育は大事だと、再認識する思いである。

国歌斉唱(演奏)時にもブーイングすると言うのは、非常に非礼な行為である事が、これで日本人にも分かったでしょう。
日本人は、自国の国歌に対する敬意が低く、それが他国の国歌に対する敬意にもつながり、以前は、国歌演奏時に起立せず、隣の人とおしゃべりを続けるのは日本人だけ、と国際的に非難された恥ずかしい経験があるが、当の本人は、自分の国の国歌ですらないものの演奏時に、何故に起立するのか、最後まで理解できなかったらしい。

他にも、日本人は国旗を燃やす行為はほとんどやらないが、国旗に対しても同様で、国旗や国歌は、その国の象徴であり、その国民のシンボルであるので、相手に敬意を示すには、国民同様、国旗や国歌にもきちんと礼を尽くすのが、それがマナーでしょう。
日本にも、きちんとした国旗国歌の教育の必要性が、再確認されたと思う。

 

天安門事件のツケ
未だに、一部のマスコミや社会主義者は、今回の異常な中国のブーイングに対し、日本の戦後を持ち出す人がいる。
確かに、日本の戦後処理は百点満点だとは言わないが、今回のブーイングを代表とする反日感情とは無関係なものだと、いい加減に気づくべきでしょうな。

今回、スタジアムで騒いでいる連中は、かなり若い連中が多い事に気づきます。
これは、天安門事件以降の、中国の政策(反日教育)の成果の1つです。
天安門事件は1989年ですから、15年の歳月が流れておりますが、その間に徹底された反日教育を受けた年齢層、それが現在騒いで知るわけです。

反日教育は、はっきり言って戦後一貫して、中国では行われて来ました。
個人的には、朝鮮戦争、ベトナム戦争を経て、米ソによる東西冷戦、緊張時代における共産主義の立場として、米国の軍事傘下にあった、アジアでは強力な戦力を持つ、西側諸国の日本が近い位置に存在し、複雑な国際情勢と不安定な国内情勢に対し、政治的に日中戦争などを利用して、日本鬼子などと言って、日本を憎悪の対象として国民を教育し、民族結束を図ったのは、まだ歴史の流れの中の1つとして、理解も出来ますし、同情する余地はあったと思います。
そうしなければ、中国が危うい時代だったという事ですね。


それに対し、天安門事件は1つの分岐点であったと、私は考えます。
ソビエトや東欧諸国の崩壊を見るまでも無く、人権が無視されがちな社会主義国においては、政治、政府に対する民衆不満が、ある時点で爆発し、国内政治が転覆、変化することは、歴史にもある、当然の流れでもあります。

ところが、中国では武力にてこの流れを押さえ込みました。
そして、天安門事件をきっかけに、中国政府は学生に自由な思想を与えては碌な事が無いと、さらに徹底した反日教育で、民族の結束を図ったわけです。
これが、現在のものすごい反日感情の原因です。


今回のブーイングを見る限り、中国政府の反日教育における、国民洗脳は非常に上手く行ったのが分かります。
しかし、反対に上手く行き過ぎた感もあり、異常なまでの国民感情は、反対に中国政府にとっての外交上の足枷となっています。
つまり、中国政府が、外交上日本と交渉することは、国民が許さない、国際社会に向けてこのような事態は避けたい、でも、産経新聞の記事に書かれている通り、国民に自重を求めたら、反対に国民から攻撃される。
これでは、国内結束をまとめることには成功したものの、ある意味、天安門事件並みの国民感情パワーが反日に向けて集中し、自分達でそのコントロールが出来ずに、外交政策が進まずに、反対に押しつぶされそうになっているように見えます。

自分達が誘導して作り上げた、反日感情。
これで、自分達の首が絞まって、窮地に追い込まれてもそれは自業自得、自分の政策に溺れた、で済みます。
なんせ、天安門事件はハッキリ言えば、国内政治が招いた1つの結果ですから、ツケは自分で背負うもの。

しかし、今回は何と言っても、反日感情という日本が直接関係しています。
中国だけが被害に遭うのは仕方が無いにしても、日本がその巻き添えになるのだけは、ごめんです。
戦後の日本の対応が悪いとか、眠いことを言う人は、もう一度、中国の反日教育を振り返ってもらって、日本は政治的に悪者として利用されたのですから、これはきちんと、中国に対して怒るべきですし、主張はきちんと言うべきでしょう。

お互いが感情的になって、喧嘩をする事が良いとは思いませんが、卑屈になる理由も何もありません。
個人的には、この行き過ぎた反日感情を材料に、尖閣諸島問題を、きっちりケリをつけるぐらいの心構えでも良い、そう思っているんですけどね。(尖閣諸島は元々日本の領地、それを難癖付けて来ているので、諦めさせるだけ)

|

« 戦後の日本とドイツ(ほか) | トップページ | 相変わらずの中国 »

コメント

トラBさせて頂きました。
ネットの反中国の煽りがあまりに単純過ぎて、うんざりしていたんですが、ここにきて一息つけました。
僕と真逆のモノもあるんですが、そういうスタンスもありか!と思うコトもしばしば。

投稿: もじょ | 8 07, 2004 10:09

もじょさん、コメト&トラックバック、ありがとうございました。

そうですね、日本は偏った教育もされておらず、各自がネット上で、いろんな意見を好感できる点で、日本は健全だと思っております。

中国は、どうなんでしょうか、自由になったとは言え、政府批判は直接出来ない状態は、一党独裁が続く限り難しいのでしょうね、だから、日本を批判してガス抜きしている部分があるのでしょうが。

もじょさんのブログにも、遊びに生かせてもらいますね。

投稿: akinopapa | 8 09, 2004 17:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/1127412

この記事へのトラックバック一覧です: 天安門事件のツケ:

» サッカー・アジアカップ [たべちゃんの旅行記「旅のメモ」]
 サッカーのアジアカップは、7日に決勝戦が行われます。苦しみながらなんとか勝って [続きを読む]

受信: 8 05, 2004 23:25

» 中国-サッカースタジアムにいる愚か者達をかばう必要はない。 [BigBan]
例えて言うならスタジアム全体に暴走族がいるようなものである。 日本チームへのブー [続きを読む]

受信: 8 06, 2004 03:01

» 一部の行為 [メメントのための備忘録]
朝日新聞によると、サッカーのアジアカップでの反日行動は一部の人間によるものらしい [続きを読む]

受信: 8 06, 2004 11:14

» 中国の反日感情 [タロサ帝國の逆襲]
 中国で行われているアジアカップで、日本はかなりのバッシングを受けている。  ス [続きを読む]

受信: 8 06, 2004 11:37

» 中国人の [ChokudaiのShoot!Catch!Smile!]
先日の中国でのサッカー、またブーイングがあったようだ。 今回は、尖閣諸島は中国のものだという横断幕が多かったらしい。 尖閣諸島は日本のものだ、馬鹿野郎 開催地の... [続きを読む]

受信: 8 06, 2004 22:08

» へたれナショナリスト [Gadabout]
2003年6月13日の日記より いやぁ…。 日本と韓国の近現代史の問題ってのはあれこれあるけど、なん [続きを読む]

受信: 8 07, 2004 09:45

« 戦後の日本とドイツ(ほか) | トップページ | 相変わらずの中国 »