« プロ野球 アテネ五輪日本代表 | トップページ | あの例の3人は、どこにいるのでしょう? »

7 20, 2004

暑い夏の夜の、幻想的な15分間


海の日で休みだった19日、子供を連れてディズニーシーに行って来た。

7月31日まで使える券があったので、もったいなかったから、慌てて使っただけなのだが。
これまで、ディズニーランドは、結婚前から含めて10回以上は行っているのだが、ディズニーシーだけはまだ行った事が無かった。
暑い夏であり、ちょうど17日から30億円もかけて改装された、話題の水上ナイトショー「ブラヴィッシーモ!」が始まった事もあったので、1度涼しそうなディズニーシーに行って見た。


夏休み前の休日と言うことで、混雑は覚悟の上だった。
昨年の秋の祭日に、ディズニーランドに行ったときは、ものすごい混雑で、ミッキーマウスハウスに120分以上も立って並び、そこから腰を痛めてしまった(現在も痛い)経験もあったので、相当な覚悟でやってきたのだが・・・

はっきり言って、予想以上に空いていました。 確かに、待ち時間50分だのあるものもありましたが、ファストパスを使えば、無理なく回れましたし、ディズニーランドのどのアトラクションでも、平気で待ち時間60分とか並ばなきゃならない事を考えれば、全然苦にならない快適さ。

それだけ、ランドよりシーが人気無いと言うことかも知れないけど、利用する立場で言えば、あのぐらいがいいよ。
夏の暑いときに、何時間も並ぶ必要も無いし、くたびれた時も、ランドで混雑時には、ベンチに腰掛けるなんてとんでもないけど、昨日はどこでもベンチが開いているし、これなら思ったほどは疲れない。

それに、何と言ってもディズニー。 社員の教育の行き届いているのでしょうね、働いている人はみんな、気持ちの良い対応ですしね、しかも質が高そうだし。

例えば、3歳未満は利用できないアトラクションで、クラスでも新潮が低いほうの5歳の息子に、何度も声をかけてもらって、親でも最近までしらなかった、息子のTシャツにかかれた「グランセイザー」(父親はデカレンジャーかと思っていた)を、若い女の子が「大丈夫だよね、怖くないよね、だってグランセイザーがついているもんね」と励ましてくれたり。

ここまで(社員の子供に対する扱い、子供の好きなTV番組などを知っておくなど、仕事に対する意識高さを)徹底させたディズニーリゾートのレベルの高さは、違うなと関心。 他の行楽地で出会う末端の社員の質が違うね。


というわけで、暑かった1日でしたが、ほぼ快適に過ごせました。
アトラクションは、子供が一緒なので、乗れないものもあったんですが、さすがに空いていたので、ほぼ1日で全て乗れたので、もう満足なのですが、これだけ過ごしやすかったので、また来て見たいと言う気にもちにはなりました。
この「また来て見たい」と言うリピート制が、ディズニーリゾートの強みでしょうね。
料金ははっきり言って、厳しい値段だけど、それだけの価値は確かにある。

そうそう、肝心の「ブラヴィッシーモ!」。
ディズニシーのナイトショーは初めて見るし、水上と言うことで、正直な話、あまり期待はしていませんでした。
まあ、話題性と、子供が喜んでくれるなら(母親もかな(^^;)と言う気持ちで、付き合い程度しかなかった。
昼間、ポルト・パラディーゾと言うウォーターカーニバルを見ましたが、まあそこそこ、子供はミッキーだのミニーだのが船上で手を振っているのを、喜んで見ていたので、まあその延長線かと、思っていたもので。


でも・・・・
良かったです。 正直、あそこまで幻想的なショーが見られるとは思っていなかった。
昼間、何度もメディテレーニアンハーバーを通ったけど、あれだけの仕掛けが用意されているとは、夢にも思わなかった。
まあ、1度見たので、2度目、3度目ではまた違った印象があるでしょうが、何の予備知識も持たず、初めて見たなら、かなりカンドーするでしょう。
それだけ、大掛かりな仕掛けだったし、「水の精と火の精が恋をした」と言うキャッチフレーズどおり、水と火の精が出てくるのですが、なるほど、水と火を大量に使ったショーでした。
まあ、後で冷静になれば、恋とか言うけど、伏線もストーリーも何も無かったけどね。(笑)

でも、あっという間の15分でした、夏の暑い夜に、水上に繰り広げられた、涼しく、そして熱い幻ですね、見事でした。


30億円をかけただけあると思うけど・・・派手な装置なだけに、メンテナンスも高そう・・・(^^;


「ブラヴィッシーモ!」一度見て見ることをお勧めします。


ps:
それと最後に、帰りの渋滞だけは、何とかならんのかなー。(笑)

|

« プロ野球 アテネ五輪日本代表 | トップページ | あの例の3人は、どこにいるのでしょう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/1012681

この記事へのトラックバック一覧です: 暑い夏の夜の、幻想的な15分間:

» 連休なインレポ@ココログ [TDR航海日誌]
17日に撮影したビデオテープが見当たらなくなり、ちょっち凹んでます… ねこちぐら [続きを読む]

受信: 7 23, 2004 21:31

« プロ野球 アテネ五輪日本代表 | トップページ | あの例の3人は、どこにいるのでしょう? »