« 立場の違い | トップページ | 中国との関係 »

7月 28, 2004

日本の国連常任理事入り、中国が反対

なんだかなぁ、こう言うのって、常任理事がどうのこうのと言う前に、なんだか腹が立ちません?


日本の常任理入りに反対 中国誌、歴史問題が理由
 【上海28日共同】中国誌「瞭望東方週刊」最新号(29日付)は、国連安全保障理事会の拡大問題に関する特集で、日本の常任理事国入りについて「歴史問題」を理由に断固反対する意見が強いとの見方を示した。
 同誌がインタビューした政府系シンクタンクの国際政治研究者ら9人のうち、6人が「賛成しない」との意見を表明。日本について直接触れなかった残りの3人は「中国はドイツの常任理事国入りを支持するだろう」との予測を示した。
 常任理事国入りを目指す日本政府にとっては、歴史問題をめぐる中国の説得が今後の鍵となりそうだ。
 同誌は、常任理事国入りを目指す各国についての分析で、戦争への反省に積極的なドイツが最も有力とする一方で、日本は、小泉純一郎首相の靖国神社参拝などを念頭に「歴史問題で何度も周辺諸国の感情を傷つけている」として、特にアジアで国際イメージが悪いことが「弱点」と指摘した。(静岡新聞)


国連の常任理事入りに関しては、個人的には喉から手が出るほど欲しいとは思わない。
常任理事入りすることで、同時に責任も負うことになり、アーミテージ米国務副長官が非公式に言ったように、日本としても憲法9条の改定や、国際社会への人的貢献もさらにすることになり、正義感や倫理観が西欧諸国とは少し異なるアジアの日本の中で、その常任理事としての役割を果たすだけの、十分な環境が、まだ日本には出来ていないような気もするからね。


でも、毎回と言うか、この手の発言を聞くと、むかっ腹が立ちますね。
世界で、歴史問題を取り上げて、国際社会で他国の動きを牽制する国は、中国や韓国以外にありますかね?

自分達は、国内の政治的な理由もあり、政治から目を背ける意味もあって、反日教育を国民に仕掛け、日本との間に歪んだ関係を持ち込みながら、何を歴史問題なんだ、ふざけるなと言いたい。

「歴史問題で何度も周辺諸国の感情を傷つけている」

朝日新聞や日教組などは、自虐史観で固まっているので、この文章でも、「もっともだ」なんて頷いているのかも知れないけど、はっきり言えば、感情を傷つけているかどうかは定かではないが、いちいち歴史問題を取り上げて、日本を牽制しようとしているのは、中国と韓国しかない、周辺諸国などの言葉を持ち出して、さも我らに同調する国が多いような表現をしているが、決してその2国以外に、何でもかんでもイチャモンを付けている国はない。

私も学生の頃や、若い頃は、日本も悪いことをしたと反省をして、右寄りな意見には反対をしていたが、もう何十年も同じコトを繰り返されては、「いい加減にしろ!」と爆発しちゃいましたが、我々の世代の多くの人が、ケッコウこのパターンで、中国や韓国に怒っている人は多いけど、そりゃ仕方が無いよね、彼らに進歩が無いもん。

笑えることに、朝日なんかは、首相の靖国参拝が原因で、日中関係がおかしいと言い切っているけど、靖国神社参拝なんて中国が持ち出す口実の一つしかならないのは、ミエミエでしょうに。
しかも靖国参拝は内政干渉、これを譲歩して中国の言いなりになれ、なんて社説で垂れ流すのだから、朝日はどうしようもない売国新聞だね。


重慶で、サッカーのアジアアップが開催されているが、敵チームでないのに、日本選手へのブーイングと、応戦グループへの中国人への危害、これなんか最悪でしょ。
重慶は、日本が爆撃をしたところだから、などと左翼はいかにも「酷い目にあって当然」みたいな理解を示すけど、国際社会の一員の国が、国際試合を主催しておいて、招待した他国の選手や応援団に危害を加えるような情勢、感情を容認し、その危険地帯で国際試合を主催するとは、まさに他国から見れば信じられない精神構造の国だということも、覚えておくべき。


 -   -   -   -   -

この間の参議院選挙で、共産党や社民党が惨敗し、民主党が伸びたことを受けて、中国では、日本は右傾化が進んでいると評した。
うむ、実は民主党の内部に、旧社会党の連中がいるので、完全に衰退したわけではなく、民主党も、その旧社会党派の連中のせいで、なかなか1つにまとまらないので、右傾化が進んだかどうかは判断は難しいけど、対外的に見れば、社民党は前回の衆議院選挙で、共産党は今回の参議院選挙で、衰退したのは事実ですね。

ただ前にも書いたと思うけど、日本が右傾化しているとするならば、それは中国や韓国や自身に、その責任があると思った方が良いですね。
私も、昔から中国や韓国に批判的だったわけじゃない。
現在、かなり批判的なのは、最近における中韓の日本に対する姿勢が、私をそのように変えたわけで、私のように考えが変わった人間は、日本にはかなりいると思いますよ。

|

« 立場の違い | トップページ | 中国との関係 »

コメント

 日本は、手続き(東京裁判とか援助とか条約とか)はしてきたのかもね。それで、なんとなく仲直りしたつもりになっちゃったんだけど、ほんとは違う。などということはないのでしょうか?

 私は無知なので、世界でどのような政治運動が起き、どんなことを外交カードに使い、どのような教育がなされているのか、すべてを把握していません。
 必要以上に自虐的になるのは反対ですが、無知なるが故に無神経になってはしないかと、けっこうビビッテます。(ある報道番組で在日朝鮮人を特集していました。在日の少女は「朝鮮に帰れ!とか言われますよ。誰が連れてきたんだよ、って感じですよね(笑)」と笑っていました。無知で人をののしってしまうのは、この国の教育とか情報隠し、とまでは言わなくても、臭いものにはフタ、とか、「まあまあまあ」って言っているうちに、本質を検証せずにすませてしまう国民性ゆえでしょうか)

 外交において、相手に弱味があればそれをカードにするってことは、ブッシュの世界戦略でも同じ様なものでしょうか。私は無知なので、世界中の国の状況は知りません。人間一人一人の感情なんて、もっと知りません。進歩がないのは日本人かも知れないし、中国・韓国人かもしれないし、ブッシュやシャロンや小泉みてると、世界中かもしれません。
(ブッシュのイラク侵略にフランスが参加しなかったことに対して、大勢のアメリカ人が「ナチから解放してやった恩を忘れて!」と怒り、フランスワインを大量にどぶに捨てました。フランスのワイン業界の輸出不振にもつながっていると言うから大ごとです……)

 とにかく、ちゃんとした検証と総括が知りたい。それから言いたい。

投稿: 大豆 | 7月 29, 2004 02:08

大豆さん、内容の濃いコメントありがとうございます。

あまりにも内容の質が高いので、このままコメントでレスを返すことはやめて、29日付のブロク「http://papa.air-nifty.com/neboke/2004/07/post_11.html">中国との関係」でレス致します。
本当にありがとうございました、またよろしくお願いします。

投稿: akinopapa | 7月 29, 2004 18:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の国連常任理事入り、中国が反対:

« 立場の違い | トップページ | 中国との関係 »