« ライブドアの申し出に感謝 | トップページ | いつか来た道かな »

7 05, 2004

小中学生に携帯電話は持たせても良い?

娘が通う中学での話ですが、面白い話を聞いたので紹介します。

学校で課外授業があり、担任の方から生徒と父母宛に配布されたプリントには、いろんな注意事項の中に、「携帯電話は持参絶対禁止」と書かれておりました。 しかし、生徒の中には携帯電話を持ってきてしまい、見つかったり、学校側の注意で自発的に提出したりと、複数台の携帯電話が学校側に没収されたそうです。


学校側の対応として、没収した携帯電話のうち、自発的に差し出した人に対しては、その日のうちに注意をして、携帯電話を返却したようです。また、見つかって没収された人のうち、謝って来た生徒に対しては、同様に、その場で注意した後、携帯電話を返したようです。

ところが、没収された人のうち、数日経っても携帯電話を取りに来ない(謝罪に来ない)生徒がいるばかりか、
1)本人ではなく、親が謝罪して来た
2)親が、携帯を返してこないことに、文句を言いに来た
3)親が、他にも持って来ている人はいるはずなので、電話を取り上げるなら、平等にチェックして欲しいと言って来た。

と言うことがあったようです。

1)と2)に関しては、規則を破ってしまった生徒本人が、どう感じているのか。 きちんと反省していれば、担任の所に謝罪に来るだろうし、没収に不満があるならば、これまた担任の所に質問に来るだろう。 それすら無いのは、親としてどう思われますか?
謝罪に来た他の人の携帯電話は、きちんと本人に返却していますので、全ては本人次第です。 まず親として、学校に電話してくる前に、本人と話し合ってくださいと、反対に諭したそうな。

また3)に関しても、他人の事を言う前に、まずは本人がどうして規則を破ってしまったのか、それに対して、没収されてしまったことはどう思うかなど、親子で話し合われましたか? と言った話をしたそうだ。

もともと学校側は、課外授業の現場で「禁止されている携帯電話を持って来てしまった人は、提出しなさい」と自発的に反省を促し、それを信じたと言うことでしょう。 確かに、他にも黙って持ってきた人もいるかも知れませんが、課外授業の現場で持ち物検査など行い、持ち物に対し叱るよりも、生徒の自主性に任せ、自分が悪いことをしたと思った人は、と自発的に出させているのですから、その場ではそれ以上必要ないと、私もそう思いますね。
ある意味、自発的に出せた生徒は、自主性がそこで働き、出せなかった人は、まだまだ自主性が足らないと言うことでしょう。


 -   -   -   -   -


さてさて、これを聞いて思った事は、小中学生に携帯電話を持たせることに、賛否両論があるのは知っていましたが、子供に持たせる云々以前に、子供に持たせる親の問題が一番大きい、と言うことですね。

確かに子供が携帯電話を持つかどうかは、各家庭内での判断(はっきり言えば、親の判断)に委ねるしか無いでしょう。
家の事情で、子供の安全を守るために持たせている家庭もあるでしょう、例えば塾や運動部で帰りが遅いと言う理由など。
子供に携帯電話を与えるかどうか、料金は誰が払うのかなどは、他人ではなく、家族で決めるべき話でしょう。


しかし、親が、一旦子供に携帯電話を持たせると判断したのであれば、きちんとその事に対し、親は責任を持たなければなりません。

今回の話でも、仮に子供が学校の規則を破ってしまった場合、きちんと子供を叱れる、子供を担任の元に行かせる事が出来るか、これは親の責任の範疇でしょう。

親は、子供が間違った使い方をしていた場合、きちんと子供と話し合えるのかどうか、子供と話し合う前に、学校に文句を言うのはもちろん論外ですし、自分の子供の携帯電話に全く無関心で、何に使っているのか、どこに持って行っているのか、料金はどの程度使っているのかなど、知らないでほったらかしの親がいれば、それは放任主義ではなく、単なる無責任と言うことでしょう。

要するに、子供に携帯電話の使い方を教える事が出来ない親は、子供を信じるとか、家族で決める以前に、親に子供に持たせるだけの器量が無いのですから、最初から「小中学生に携帯電話は持たせても良いか」と言う論議すら到達しておらず、持たせてはならない、そう考えます。

|

« ライブドアの申し出に感謝 | トップページ | いつか来た道かな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/906250

この記事へのトラックバック一覧です: 小中学生に携帯電話は持たせても良い?:

« ライブドアの申し出に感謝 | トップページ | いつか来た道かな »