« 近鉄合併、ネーミングライツ | トップページ | 合併問題、とりあえず最後 »

6 18, 2004

もう、どうにも止まらない(近鉄)

前回の続きで、まだ、近鉄-オリックス合併問題です。
ともかく、30年来のファンでした、日本一が見たかった・・・
いや、まて。 今年はプレイオフだ、まだチャンスは残っている、ドラマにするのだ、3位に入ってプレイオフで逆転優勝するのだぁ!、そして球団がなくなっても、キミ達は伝説になれるのだぁ!!(笑)


パ・リーグ存続 熱意見えず

 近鉄とオリックスが合併で合意したことを受け、パ・リーグは17日、東京・銀座の連盟事務所で緊急の理事会を開き、合併に理解することで意見が一致した。21日の実行委員会、最終的には7月7日のオーナー会議に委ねられるが、合併合意が了承されることは確実で、今後はパが5球団で公式戦を開催するか、セ・リーグに1リーグ制への移行を働きかけていくのかが最大の焦点となる。

 パ・リーグはもう主体性を放棄したといっても言い過ぎにはならないだろう。緊急理事会で近鉄、オリックスの合併提案に対して特に反対意見はなく、了解したことはまだいい。しかし、来季の態勢については、すべてをオーナー会議、つまりはセ・リーグに委ねてしまった。

 小池会長は「これからオーナー会議でプロ野球の在り方が議論される」と、踏み込んだ発言は控えた。要するに1球団減を了承してほしいが、後はセの意向に従いますというスタンスだ。

 厳しく言えば、ここにおいて主体としてのパは消滅してしまったに等しい。5球団でリーグを存続させることを言明できなかったということは、すなわち存続に強い思いはなく、1リーグを受け入れる意向を示したのと同義にもなろう。

 もちろん、セ各球団の思惑はそれぞれにある。すんなりと2005年から1リーグに、ということにはならないとみるのが妥当だ。「パだけで決められる問題ではない」という小池会長の発言の裏に苦悩が隠されてはいるが、「5球団でやれということになれば…」では、あまりにも当事者能力の欠如ではないか。

 いずれにしても1球団減がさらに明確になり、保有選手の処遇など、解決しなければならない問題が山積している。 (神戸新聞)


もはや、「合併」を前提とした一直線状態ですね、パリーグの緊急理事会で、誰も6球団に拘る人も、パリーグ存続を願う声も出なかったようで、合併→5球団を承認するだけだったようです、情け無いなぁ。
どうして6球団を、最後まで粘らないのだろう、売却やネーミングライツのことなど話題にもしなかったようです。
1950年セパ2リーグに分裂していらい、半世紀に渡って頑張ってきたのに、何としても歴史あるパリーグを残して、頑張って行こう、そんな気持ちではなかったようで・・・


西武などは、巨人戦の放映も絡んで、昔から1リーグ制支持者でしたので、合併ではなく売却などで、6球団のままで何も変わらないのであれば、合併による1リーグ制の方を望んでいるのでしょうけどね。

ただ、パリーグにも同情よ余地がありますね。
そもそも、前後期制の導入、DH制や予告先発、今年はプレイオフなど、何とかセリーグとは違う特色を出そうと、必死でやって来たのがパリーグであり、何かやるたびに、あるオーナーにバカにされて、それでも何とか人気を出すためにやってきました。
セパの交流戦も何度も求め、放映権などでは分配の話まで出して、あるオーナーに一喝されたこともありましたが、早い話、あるオーナーと、交流戦を拒否するセリーグオーナー達により、何度も改革を望む声を消されてしまい、もう疲れちゃったのかも知れませんね。

正直な話、今回は近鉄が合併でなくなりますので、ファンとしては直接寂しい限りですが、何れパリーグ各球団の経営が破綻するのが見えていたわけで、私も随分と前から改革を希望しておりましたが、全く旧態依然で、既得権益にどっぷりつかった面々を見ていると、いい加減に疲れて、以前よりは野球を見なくなりましたし、野球そのものに少し飽きていたことも事実でしたね。

ご存知ですか、日本プロ野球公式オフィシャルサイトと、セリーグオフィシャルサイトには、市民からのご意見、ご要望を受け付け窓口すら載っていないんですよ。 パリーグのオフィシャルサイトには現在ありますので、今回の件に関しても送ることが出来ますが、最初からNPBやセリーグは、ファンの聞く耳を持っていないんです。
そりゃ、ファンが助けてくれ、改革しようといくら訴えたくても、本人に聞く耳が無い以上、バカバカしいですよね。


近鉄ファンは冷めているという声が聞かれます。
違うんですよ、大阪の人の多くが「阪神」ファンなんですよ。
広島は、広島ファンが多いでしょう、福岡市民は、ダイエーファンでしょう、だから市民で一致団結して頑張れた。
ところが、近鉄ファンは、パリーグだし数は少ないかも知れないけど、全国に散らばってしまっているんです。
私のように、西武戦がある時、1時間ほどかけて所沢球場まで見に行くことはありますが、意外にそういった人たちが多い。(これも、西武の観客動員としてカウントされているんでしょうね)
大阪で、地元で、市民が頑張って、と言う従来の図式が当てはまらない、これも寂しい結果に繋がっているんでしょうね。

まあ、最後まで頑張って欲しいな。
合併なので、消滅でないのが、唯一の救いかな。

|

« 近鉄合併、ネーミングライツ | トップページ | 合併問題、とりあえず最後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/793614

この記事へのトラックバック一覧です: もう、どうにも止まらない(近鉄):

« 近鉄合併、ネーミングライツ | トップページ | 合併問題、とりあえず最後 »