« 同じ事の繰り返し・・・ | トップページ | 合併以外の選択肢はないの? »

6 11, 2004

ニュース記事「引用」と「転載」

いきなりですが、私のブログは、ニュース記事を最初に載せてから、その記事に対する内容について、様々な自分の考えを書いていますが、ある方からメールをいただき、このニュース記事全文の貼り付けは、転載に当たるのではないか、と指摘されてしまった。

う~む、個人的には「引用」のつもりで貼り付けていたので、引用に必要な「出所の明示」は必ずはっきりと(赤色に変えて)書いていたんですけどね。

もし、配信ニュースの全文貼り付けが転載に当たると言うなら、よく記事を失敬させてもらうYahoo!ニュースでは、「転載は禁止」とはっきり書かれており、私は違反している事になります。もちろん、引用に関しては注意書きが無く、大丈夫なのでしょうが。

さてさて困りました。

話題にしたい記事が書かれたURLだけ、リンクで貼り付けても良いのですが、ニュースリンクなどは1~2週間ほどでリンクが切れてしまうのが当たり前、後でブログを読み返したとき、クリックしても記事が読めないケースがほとんどです。
私のブログが、そのリンクされた先の記事内容を前提に、自分の考えを書いてあるので、肝心の記事が切れて読めなくなっている場合、意味が通じなくて困ってしまう・・・どんな記事なのか分かるように、私には記事の貼り付けが必要だと思っています。

ならば、全文貼り付けが転載に当たるなら、本当に必要な一部分だけ「引用する」のはどうだろうか・・・

ふ~む、これも出来れば避けたい。


わがままのようですが、私は今までも、記事が長くてブログが長文になろうとも、面倒でも、ほとんど記事を省略して来なかったのは、私が記事を読んで受けた印象は、その記事全文から発するものであり、恣意的に一部分でも記事を省略すれば、それはもはや私が感じ取った記事そのものじゃないと思うから。

例えば、この間の小泉首相訪朝で、家族が帰って来たとき、流れたニュース報道では、事前に家族会が小泉首相に感謝のお礼を言っていたそうですが、その部分は報道されず、「最悪の結果」「プライドはないのか」などの、刺激的なコメントだけしか報道されなかった。これによって、多くの国民から家族会にブーイングが出ましたが、家族会が事前に感謝の辞を述べていたと弁明したところ、その部分をカットしたマスコミに、今度はブーイングが起きました。
最初から、家族会が首相に感謝を述べている部分も報道すれば、誤解もなく、家族会に向けられた多くの批判は無かったでしょう。
それがニュースを伝える側の怖さです。

つまり、私が家族会の「最悪の結果」の意見を述べたいがために、その文章だけ引用し、首相への謝辞を省略したとしたら・・・私の意見が180度違って受け取られてしまいます。

結局、引用とはいえ、記事を自分の都合の良い部分だけ抜き出し、他を省略した場合、ブログを読む人たちが受ける印象と、私が感じた印象と、当然ながらそこには何らかのギャップが発生する可能性があります。
すると、余計な誤解が生じる場合もありますし、無益な争いが発生するかも知れません。
それが私は怖いし、避けたいので、記事は出来るだけ全文を載せております。

さてさて、本当にどうしましょうか。

という訳で、「転載」と「引用」について、少しネットで調べて見ました。
記事を複写する場合、引用とみなす為には、以下の条件が必要のようです。

1.公表された著作物であること
2.公正な慣行に合致していること
3.引用の目的上の正当な範囲内であること
4.出所の明示

「4.出所の明示」に関しては知っておりましたので、必ず色を変えても付けていましたので、クリアしているでしょう。
また、1.に関しても、ウェブ上の記事を持ってくるのですから、公開されているので、問題ありません。
2.の「公正な慣行」ですが、表記方法は、見出し(題名)のあと記事を貼り付け、最後に記事の出所の明示を行い、数行開けるなどして、本文と記事との間には、はっきりと区別が出来る書き方ですから、この点でも大丈夫だと思います。

最後の、3.の引用と本文の主従関係ですが、記事の内容の補佐を書いているのでなく、記事に書かれた内容に対し、他の資料も用いて、検証や推察など行い、意見を述べております。 また、貼り付けた記事の容量に対し、本文の方が文章量も多く、個人的には主従関係は一目瞭然だと思っているのですが。
問題は、「引用に必要最低限であれば、全部を引用するのも可」と言う条件に、合致しているかどうかですね。

必要最低限とは・・・これはどこまでが「必要最低限」と判断して良いのでしょうね。(汗)
私にとっては、必要最低限に感じるけど、ってな感じでしょうか。


 ☆  ☆  ☆

う~む、結局どうしましょうか、弱った。(笑)
とりあえず、転載に当たらないのか、と言う質問を受けましたので、何らかの方向性だけは、ここで決めなきゃなりませんね。

それでは、今後は記事を引用する場合は、誤解を生まない程度に、省略できる部分は省略することにし、「必要最低限の引用」色を強めたいと思います。
しかし、私自身が、編集(省略)しないほうが良いと判断したものには、記事の全文を「引用」させてもらいます。
言い訳になりますが、ニュース記事のリンクは、すぐに切れてしまうので、ネタのニュースが何だったのか分からなくなる、これを避けたいのが最大の理由になります。

これは、記事の配信先からクレームが来るか、一般的な掲示板で同様のケースで、記事引用が禁止になる方向性に進む事があるまで、現在のやり方(私にとっては、必要最低限の「引用」)を進めさせて頂く事にします。
失礼だと思いますが、これをメールを頂いた方への返事とさせていただきます、ありがとうございました。

|

« 同じ事の繰り返し・・・ | トップページ | 合併以外の選択肢はないの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/751384

この記事へのトラックバック一覧です: ニュース記事「引用」と「転載」:

« 同じ事の繰り返し・・・ | トップページ | 合併以外の選択肢はないの? »