« 「参議院」選挙だしなぁ | トップページ | 問題視される体罰とは »

6 25, 2004

テストで自衛隊派遣に賛成だと「低俗」で0点

イラクへの自衛隊派遣に賛成だと0点

 愛知県の県立高校が5月に実施した高校3年生の日本史の中間試験で、担当の男性教諭が「イラク戦争についてどう思うか」と問う記述問題を出題し、イラクへの自衛隊派遣に肯定的な解答は0点とし、否定的な解答は5点として、生徒の生活態度などを評価する平常点に配点していたことが25日、分かった。

 愛知県教育委員会は「さまざまな考えを持つ生徒や保護者への配慮を欠いた不適切な設問だ」として、配点を無効にするよう学校側に指示した。

 県教委によると、教諭は自分が担当する2クラスの生徒約80人を対象に、試験にイラク戦争についての意見を問う問題を追加。試験後に生徒に配布した解答例には「模範解答」として「他国に軍隊を送るのはいけない」「自衛隊派遣に反対」などと記載した。

 一方「自衛隊が違憲なら憲法を変えればいい」「自衛隊はイラク人のために良いことをしている」などの解答例は「低俗」と指摘していた。 ZAKZAK 2004/06/25


どひゃー、マジですか、来ましたねえ。

東京都が、式典での国旗掲揚、国歌斉唱に対して、従わない教師を処罰をしたり、従うことを徹底させたりしていますが、これはあくまでも教師は公務であり、生徒に指導する立場で、内心の自由を理由に、教育委員会の指導を好き勝手に無視してはいけない、と言う考え方が現在では主流だと思います。

しかし、これは国旗国歌を超えて、もっと凄いですね。

私がここで言うまでもありませんが、自身が「自衛隊派遣反対」「憲法改定反対」の意見を持つのは、まさに日本国憲法が認める、自由の行使でしょう。
しかし、公務における教員が、自分の思想を生徒に押し付け、しかも、採点で差別をはかり、自分の意にそぐわない意見には「低俗」などの批判をして、それを生徒に発表するなど、明らかに行き過ぎた行為でしょう。


ネットを見ていると、この教師に批判9割に対し、1割ほど支持する声もあるようです。
その支持する声を要約すれば、どうやら「教師が生徒に正しい認識、常識を指導することは、教職員の裁量の範囲内である。むしろ、権力が学校自治を脅かす方が問題である」と書いているようです。

つまり、イラクへの自衛隊派遣は、明らかに憲法に違反し、戦争への道筋が創られつつあり、その事態そのものをを問題にし、未熟な学生に正しい憲法解釈と、戦争を肯定しない思想、平和に対する正しい倫理概念などを指導する上で、十分に許容範囲だと言う話らしい。

日教組ってのは、どうも、日本が戦後一貫して平和だったのは、自分達が平和思想を説いて来たからであって、決して戦争には賛成しなかった努力があったからこそ、なんて真剣に思っているんでしょうか。
社民党(旧社会党)には、真剣に、戦後日本が戦争に巻き込まれなかったのは、憲法9条があったからだと、信じ込んでいる人もいるようですけど。 それに近いのでしょうかね、教職員の思想を守るのは当然の権利だと、自分に酔いしれているのかも知れませんね。


自分達が、国旗・国歌を公務として強制させられるのは許せない、そう感じているのに、生徒には、自分の思想を押し付けても良いと思う、このダブルスタンダード。
自衛隊派遣が憲法違反、自衛隊派遣は戦争肯定だ、これを正解として5点あげて、イラクの人のために良いことをする(人道支援って事だろうね)、憲法違反なら憲法を変えるべきという意見には、不正解で0点をつけるその行為こそ、教育としての指導ではななく、思想の押し付けだと気づかないのかね。

自民党は言うまでもなく、民主党も今はイラクの自衛隊は撤退すべきと言う考えだけど、基本的には多国籍軍での派遣は賛成していたし、世論調査でも国民の多くがこの教師の採点で言う「0点」に近い思想なわけで、日教組は民主党の支援団体だけど、その肝心の民主党にも、旧社会党派の考えの人が片隅に追いやられているので、焦っているんでしょうね。

まあ、この教師はあと2~3年で選挙権を得られる、この高校生に、ぜひとも社民、共産、民主社会派思想に染めたかったのかも知れませんね・・・

ただ、かのチャーチルも言っていますけど

「二十歳までに左翼に傾倒しない者は、情熱が足らない。  二十歳を過ぎて左翼に傾倒している者は、知能が足らない。」

若い頃は、私もそうでしたが(笑)、特に思想教育など行わずとも、自然にこの教師が望むように、青臭い意見を主張したりするものなんですけどね。


|

« 「参議院」選挙だしなぁ | トップページ | 問題視される体罰とは »

コメント

日教組系の教師というのはどうしてこうも思想の押しつけをしたがるのでしょうね。
といいますか、akinopapaさんのお言葉を借りるならば、ダブルスタンダードの日本人のなんと多いことか。
マスコミも、世論も、所変われば平気でそれまでの主張と違った行動に出て、それを自覚していない。
そんな「大人」達に洗脳されて子供が育っていくのだから、そういう人間はどんどん増加していくんでしょうね。

投稿: djibril | 6 29, 2004 08:23

djibril さん、こんにちは、コメントありがとうございます。

あんな事(ダブルスタンダード批判)を書いておきながら、今更こう書くのも気が引けるのですが(笑)、人間は誰しも「自分に甘い」部分はあり、これは小さい子供はもちろんですが、年配になっても意外に無くなっていないものだと、私は思っています。

「自分に甘い」部分が、要はダブルスタンダードの最大の原因なのですが、ただこれは、普通は自分では気づかない部分も多いのですが、指摘されれば、以後は気をつける、修正しようとするのが、普通かなと思うわけです。

ただし、世の中には明らかに「そりゃおかしいだろ」と言うものまでありますが、さらに輪をかけておかしいのは、自分の正義に酔うとでも言いましょうか、理屈をつけて自分のことは、無理やりに区別して棚に上げて、正義を振り回して他人に押し付ける人がいますが、これが一番厄介だと思っています。

今回のケースでも、教師は自分では真剣に、「子供達に正しい道を教えなければ」と言う正義感を持って、接したのかも知れませんが、周囲から見れば、少し怖いですね。
これを認めると、ファシズムさえも肯定せねばならず、冷静になって欲しいなと感じるケースですよね。

投稿: akinopapa | 6 29, 2004 10:30

 おい! 実はこの教師は日教組系ではなかったぞ。それどころか右翼系の日本教育会の会員だったらしいぞ。さらに日本が侵略されたら自衛団(民兵組織)を作って戦うといっているらしいぞ。ただアメリカの言いなりになって弱いものイジメをしていることが、日本人として許せないらしい。

投稿: 某高校関係者 | 8 08, 2005 02:23

 ところで、「戦争はいけない」と教えることがどうして「ファシズム」を肯定することになるのでしょう。論理の飛躍を超えて、そこには詭弁があるように感じます。「冷静」の名のもとに、罪もない人たちが大国の野望のために殺されていくのを黙視することこそ、一種の犯罪ではないでしょうか。 ごめん! ちょっと言い方きつかったね。

投稿: 某高校関係者 | 9 01, 2005 22:59

某高校関係者さん、コメントありがとうございます。

長くなりましたので、記事として 自衛隊派遣の肯定=戦争肯定?(笑) で取り上げさせてもらいました。

どうもありがとうございました、楽しかったです、また遊びに来てください。

投稿: akinopapa | 9 02, 2005 00:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/839589

この記事へのトラックバック一覧です: テストで自衛隊派遣に賛成だと「低俗」で0点:

« 「参議院」選挙だしなぁ | トップページ | 問題視される体罰とは »