« 何はともあれ、小泉首相の訪朝 | トップページ | 家族会への批判メール »

5月 24, 2004

2度目の訪朝の評価

今回の訪朝で、他の方達のブログも読ませて頂きましたが、さすがに評価はバラバラですね。
ただ中には、小泉氏を評価しているのは社民、共産系の左翼系の人が多い、と自信たっぷりに書かれているブログもありました。(笑)

困ったなぁ、私ははっきり言って、今回の訪朝における小泉さんに対しては、70~80%ぐらいは評価、容認しているんですけどねぇ。
でもって、私は憲法改正大賛成派であり、イラクの自衛隊派遣も、現状では容認派だし、日本自衛隊のROE(交戦規定)の整備の必要性を訴える側で、「お前は右翼か」と言われたことはあっても、「左翼か」と間接的にでも言われたのは、今回が初めてですなぁ。(笑)
まあ、ここの過去のブログを読んで頂けば、よく分かると思いますが。


ただ正直な話、自分が右翼だの左翼だのには、全然興味ありません。
自分は、現実的に見て一番妥当なものは何か、で判断しているつもりですので。

その意味では、今回の小泉氏訪朝は、前回のブログでも言ったように、「拉致問題」だけを取り上げるなら、5人の家族が帰ってきた事で、わずかながらの前進・進展があったわけで、評価できる部分だと思っています。
また、核問題にしても、6カ国協議の場でも、アメリカの要求にも、北朝鮮は頑な態度であり、それを思えば、事務レベルで「核の放棄を」と何度も北朝鮮に言っても、独裁者には直接伝わっていない部分で、日本国の首相が直接、独裁者の金正日書記長に、核問題で直談判が出来た意味は、少なくてもマイナスであり得ないでしょう。
もっとも、金正日書記長は、正直「うんざり」だったかも知れませんが。(笑)

もちろん、こんなこと(小泉首相の説得)で、金正日書記長が簡単に趣旨変えしてくれるなら、何もここまで問題はこじれていないでしょうから、今回の訪朝でも、直接的な結果に結びつく成果は、おそらく無いでしょうけどね。

でも、だからと言って、何の進歩もなく失敗だと言うのは早計だと思う。
北朝鮮の核問題、ミサイル装備で一番脅威を受けるのは、欧米諸国ではなく、日本と韓国なんですよね。
その日本政府として、何らかのアプローチ、そして行動する結果に対しては、そこには意義があります。
だから、西側で誰も会談していない相手に、2度も訪朝したのも、国際社会における日本の役割も考えれば、評価できると考えています、自分達の直接の脅威の国に、何か劇的なアプローチもしないよりは、よほどマシでしょう。

ただ1つ、今回の交渉で残念なのは、北朝鮮に対し、日本の切り札カードを両手とも出してしまったこと。
特に、経済制裁に関するカード。

個人的には、列車爆発事故もそうですし、実際に北朝鮮の食糧事情を見れば、国際社会としての「人道支援」は現実的には、致し方の無いカードであったと思っています。
人道とはいえ、支援物資で拉致家族を買った、とも批判されていますが、これはある意味北朝鮮に歩み寄りが見られれば、何らかの支援は、国際社会の義務だと思っていますので、こればかりは現実を見て、理解するべきでしょう。
まあ、総理も言ってましたが、人道支援の物資援助なら、韓国はもちろん、アメリカでも行っております。

また、支援物資を北朝鮮に送ることで、感情的になっている方もいますが、今回の援助は25万トンの食料と、1000万ドル相当の医薬品ですが、米や野菜でミサイルを作るわけではなく、また北朝鮮は現在約150万トン以上の食糧が不足していると言われ、そのうち日本が支援するのは25万トンで、これだけでは一部の国民が「飢え」を凌ぐ程度、にしかならない。(※)

ちなみに、日本も食料自給率は40%ほどで、年間1億2000万トンの消費のうち、7000万トンぐらいは輸入に頼っているわけだから、日本も海外から輸入が出来なくなれば、援助なしに国民は生きていけません。
その意味では、平等に行き渡っているのか怪しくとも、独裁国家であっても、食糧援助は現代の国際社会としては、ある意味し方が無い行為だと思っていますので、いつかは切るしかないカードですから、今回これを出したとしても、私は容認します。


しかし、経済制裁のカードは切る必要あったのだろうか・・・と言う点です。

確かに、日本は防衛問題にしても、アメリカの援助なしに守る事すら、現状では出来ません。
また、戦争は外交の1つの形ですが、戦争は当事者同士だけでなく、現代では国際社会をも巻き込む大問題ですので、いくら日本が常識の通じない北朝鮮に怒ったとしても、6カ国協議も継続中の時に、無責任に引き起こしてよい筈がなく、今の段階では「戦争」と言う選択肢は、絶対に避けなければならないオプション、これは誰もが理解できると思います。

ですから、北朝鮮が歩み寄るなら、和平を前提に外交を行うのはもちろん理解できるのですが・・・切り札に使えるカードは、手元に残せるだけ残すほうが、今後の外交でも余裕で使えると思うのですが。
つまり、外交では、片手で握手しながら、残った片手は常に後ろで別の切り札を握って交渉するもの、一度に両方の手で握れば、次何かあった時、新たなカードが出せないのは、外交交渉術としてはどうだろうか、この辺がマイナスのような気がする。


ただまあ、経済制裁も平壌宣言が遵守されていれば、と言う条件付なので、一部では抽象的な表現にとどまっているあの宣言文で、これを守っていれば、などと言う注文には、大した意味が無い、いつでもどちらからでもイチャモンが付けられるものに、「遵守」と言う行為を条件につけても、問題ないのかも知れませんがね。(現に、北朝鮮は小泉首相が2度目の訪朝を行う前は、日本が平壌宣言を破っていると批判していましたし)

(※)これも、ギリギリの数字。 北朝鮮の人口は、ここ数年の災害や餓死者で、2千万人ほどに落ちているであろうと言われ、必要最低を500万トンで計算しての話です。 ちなみに、日本は人口1億2千万人で、年間消費食料は、推定1億2千万トンです。
その意味では、日本がもし食料輸入が出来なくなったとしても、自給が5千万トンもあれば、北朝鮮レベルの生活で生きていくだけの分は、大丈夫と言う話にもなりますけどね。


|

« 何はともあれ、小泉首相の訪朝 | トップページ | 家族会への批判メール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2度目の訪朝の評価:

« 何はともあれ、小泉首相の訪朝 | トップページ | 家族会への批判メール »