« 民主党の正念場 | トップページ | 1280円の牛丼だよ »

5月 12, 2004

菅直人氏の責任

民主党のドタバタ騒ぎの続きで、今日は、今回の菅さん自身のマズさを批判します。

そもそも、年金未納問題の発端は、年金のCMに出た江角マキコさんが、社会人から芸能界に移った時に、厚生年金から国民年金に切り替えるのを忘れて、そのままにしていた事が発覚した事でした。
この時、詳しいことは忘れましたが、菅代表は、芸能人ではありますが、民間人であるはずの江角マキコ氏に対し、国会への参考人招致を求めたり、非常に厳しい姿勢で追求しておりました。

まあ、好意的に捉えて、野党第一党として年金のCMに、未納者を出演させた厚生省の不手際を批判し、大臣に責任を問い質して、与党全体をを追い込めよう、と言う気があったのでしょうが・・・
それでも、現在は野党でも、いずれは政権を執ろうと目指す党の党首として、厚生省の問題を取り上げるのに、民間人を利用しようなど、ケツの穴の小さな行動のように感じましたし、また、国民が江角さんを国会に呼んで、問題を追及することを望んでいたとでも思っていたのでしょうか。 これがまず第一点です。


次に、閣僚に未納問題が発生した時、ここぞとばかりに、「未納3兄弟」などのネーミングで批判したり、声高々に批判しておりましたが、ここで思慮があまりにも足りなかった。

私は、閣僚に未納が発生したのは、主に大臣→議員とか、社会人→国会議員などを繰り返した時に、厚生年金←→国民年金を切り替える際に起きている事から、自分で手続きを行うことを、政治家達が忘れるという問題は追及されても、それ以上に、年金のシステムが複雑であったことを真っ先に考えるべきである。
また、未納であるにも関わらず、切り替え忘れの人への通知が行かなかった、もし通知が行っていれば、多くの人が支払っていたであろうに、それを行わず、知らず知らず見逃してしまった事が原因で、だからこそ年金問題は改革が必要だと、以前から某所で言っておりました。

まあ、こんなことは、誰でも分かっていたんですよ、当の国会議員ならみんなね。
当然、菅さんだって、年金法が460ページ以上に渡る文面に書かれており、年金の問題だけを抱えているわけじゃないですから、年金問題を専門とする議員以外は、おそらく、ご自身を含めて誰も全部を理解していない事を知っていたでしょうね。 なのに、未納したと言う個人攻撃にしか、これらを使わなかった。

これが、後々大きな問題に発展したと思っています。
自民党閣僚に、未納が発覚した時、自分は真面目に「まさか無い」、と思っていたかも知れませんが、それを除いても、民主党ってのは自民党から流れてきた人も大勢いるわけですし、個人攻撃を厳しく続けるより、まずは自分の党内にもいるかも知れない、そんな当たり前のことに気づいて、個人攻撃から複雑な年金システムを槍玉に挙げて移して、自民党の改革案では一元化ではない為に、また同じ事が起きるではないかと、その点を厳しく追及していれば、こんな結果にはならなかったはずです。

野党として、与党の失策を煽りたてるために、個人攻撃で火種を大きくしたかったのでしょうが、燃やしたはいいが、公明党まで燃えたのは良いとしても、その火が自分の民主党に燃え移り、あげくには社民党や共産党にまで燃え広がって、国会議員全体に燃え移ってしまい、火種を起こした本人が、結局はその炎に焼かれてしまって、最後は国民に政治不信だけを残して、自身は燃え尽きて辞任して逃げてしまったと言う、最悪の放火魔になった事が、これが第2の問題点です。


まあ、私は菅さんの、野党としての党首である性格が、最後まで抜け切らないところがキライだった。
一野党の党首としては、与党の攻撃を行い、叩いて追い詰め、責任を追及する点では、及第点だったかも知れない、そんな気はしますけど、二大政党の一翼を担う政党の党首としては、それだけではダメでしょう。
ある問題に直面したとき、自分が与党党首であればどうするか、と言う視点と立場で行動している事が少なかったですよね、単に与党側の責任を追及するだけで、政治が進むなら、今頃共産党なんか第一党になっていますよ。
本当の野党第一党は、常に政権を握った場合を考えて、何事も代案を持って与党と対決すべきでした

早い話が、仮に小泉総裁が野党側だったとしても、菅さんのような個人攻撃や、反対だけの反対に終始することは考えられない、そう感じるのです。


そういう意味では、民主党が強行に反対しても採決されたであろう年金改革法案も、民主党の意見を入れる形で3党合意に持っていった、その気持ちと努力は理解したい。でも、肝心の合意内容が誤解されるだけの内容で、やはり全然物足りない。
ここが、菅さんの限界だったのかも知れませんね、残念な結果ですが。

さて、これから民主党はどうなるのでしょう。
小沢さんが党首ですかね。
でもって、一部が参議院選挙後に分裂する、こんな展開でしょうか。


「雨降って地固まる」とも言いますが、期待したいですね。
雨量が多くて、川になって流されて、結局跡には何も残らなかった、と言う結末にならないことを祈っています。(笑)

|

« 民主党の正念場 | トップページ | 1280円の牛丼だよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菅直人氏の責任:

» 公明党三役も国民年金未納 [す〜ごいじゃん]
全くあいた口が塞がらないというのは、この事だ。国会議員辞任を要求する。こんな状態で衆議院を通した法案は、有効なのか?法律論では、有効だが、感情面では、無効だ。こ... [続きを読む]

受信: 5月 12, 2004 19:10

» 江角マキコさん、ごめんなさい [たなぼた]
江角マキコさん。 あなたが社会保険庁のCMの仕事をしながら、実は国民年金未納者だ [続きを読む]

受信: 5月 13, 2004 07:50

« 民主党の正念場 | トップページ | 1280円の牛丼だよ »