« 今頃、ピストル論はおかしいだろ | トップページ | 2度目の訪朝の評価 »

5月 23, 2004

何はともあれ、小泉首相の訪朝

小泉首相が、2度目の訪朝をしましたね。
本日はとりあえず、2点だけ。

まず1点目は、今回の対応の中で、国民の中で「家族会」に対する印象が変わった人、嫌いになった人は多いだろうなぁ・・・


本人達の望む結果にならなかったとは言え、あの言い方はないだろうな。

「最悪の結果」
小泉首相は、歴代首相が出来なかった訪朝を2度も行い、今まで北朝鮮は認めなかった拉致事件を外交問題に並べ、1回目の訪朝で拉致された5人を取り返し、2回目の訪朝では家族をも取り返した事は事実で、その苦労を「最悪の結果」というのは、あまりにも残酷でしょう。
西側諸国の首脳が、北朝鮮の金正日書記長と会談を行ったのは、韓国と日本だけで、外交交渉を2度も行ったのは、日本の小泉首相だけだ、この事実をどう考えるのでしょうか。


また不明の10名の消息についても、相手はあの北朝鮮であり、日本の常識が通じない相手に対し、「今まで何をやっていたのか」「踏みにじられた」「裏切られた」と言うのもまた、私には「?」です。
水面下の外交交渉レベルでは、何度も10名の再調査や、その他の拉致疑惑がある人に対する回答も求めていたが、それを無視して裏切っているのはあくまでも北朝鮮側であり、「拉致問題は解決済み」が、彼らの主張、立場だったわけですね。

それを何とか首相が直接会いに行って、再調査を談判して認めさせ、「拉致問題継続中」を認識させたのは、ある意味評価されるべき部分で、被害者家族という立場では、成果には不満は残るのは仕方がないが、一方的に批判するのは、彼らの為に動いている人たちの努力を、全く認めない発言であり、私には到底支持できないですなぁ。


拉致被害者家族に取っては、北朝鮮との外交は、「拉致問題」が全てでしょうが、はっきり言えば、諸外国は、拉致問題よりも核問題や、朝鮮半島の平和、安定の方が大事で、日本を預かる小泉首相としては、平壌宣言に基づく日朝国交正常化交渉再開が、非常に重大な外交問題であり、それと国内の拉致問題もバランスも考えて外交を行った結果ですから、そのあたりも汲んであげれば良かった。


まあ、イラク人質事件も、拉致された本人よりも、家族の言動が大きな波紋を呼んだように、被害者家族は、その立場上、焦燥感や絶望感で正常な判断が出来ないのも当たり前の部分もあるのでしょうが、言い換えれば、だからこそ、冷静な判断も求められるのでしょうね。

2点目

民主党、いい加減にしてください、これ以上幻滅させないでください。

冷静に考えれば、平壌宣言のあと「拉致問題解決済み」と批判し、核開発を進め、ミサイルを配備する北朝鮮に対し、拉致家族を返してもらい、核問題も首相が直接金正日書記長に会って、日本の考えで説得を行った事は、外交としては満点ではなくても、十分に及第点であった事は明白ですよね。

共産党や社民党すら、冷静に一定の評価を与えているのに、民主党だけは、「何が何でも与党には反対する」政党として、岡田が批判しておりましたが、そう言うあなたは何をしたのでしょうね。
岡田氏が首相なら、金正日書記長相手に、今頃は拉致問題を全て解決させ、核を放棄させていた、そう言いたいのですかね、笑っちゃいます。
拉致救出議員連盟の平沼赳夫会長も同じレベルですね、自分で出来るなら、今まであなたこそ、何をやっていたのですか?

人の行動に対し、自分は何もしないのに、「納得出来ない結果」と言うだけで批判するなら、そんなの、小学生にも出来ます。
他人の行動に対し、評価するべきところをきちんと評価出来ない人間は、所詮、他人の行動を批判する中でしか、自分の存在価値を示す事が出来ない人で、仕事が出来ない人に多い傾向だと思うけどね。
私の周りにもいますよ、自分は何もしないのに、他人の結果を見てから「あんなの、誰にでも出来る事で、褒めるようなものじゃないさ、俺にも出来るさ」と口だけの人、まさに民主党の岡田も、平沼も、その類に見えますね。


|

« 今頃、ピストル論はおかしいだろ | トップページ | 2度目の訪朝の評価 »

コメント

僕も家族会の印象が悪くなった一人です。

何十年も苦労していたし、満点の成果は得られなくて怒りは
小泉さんにしかぶつけられないのはすごくわかる。

でも。

拉致被害者のために動いた、たくさんの人々に対して
ちょっと失礼だなあと思いました。

投稿: kase | 5月 23, 2004 02:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何はともあれ、小泉首相の訪朝:

« 今頃、ピストル論はおかしいだろ | トップページ | 2度目の訪朝の評価 »