« イラク人質事件、解放-3- | トップページ | 想像力の欠如? »

4 23, 2004

子供をバカにするな!

う~ん、またまた来ました。

自衛隊に祭り参加取り止めを要請--新日本婦人の会 /鳥取

 鳥取市内で25日開かれる「鳥取こどもまつり」(同まつり実行委など主催)に自衛隊員が参加予定だったことが分かり、「新日本婦人の会県本部」(市谷貴志子会長)などは21日、隊員の参加取りやめを求め、実行委と自衛隊地方連絡部に要請書を手渡した。主催者側は「一部の催しは自粛したい」としており、児童用制服を着用しての記念撮影などはやめる方針。
 要請書で、婦人の会は自衛隊について「イラク派遣により軍隊としての性格を強くしている」と批判。「『かっこいい』という一面的な見方が子どもたちを戦場に駆り立てる流れを促進する」として、祭りの参加取り止めを求めた。
 主催者側によると、自衛隊はこれまで、12回参加。ジープの展示などで子どもたちと隊員が交流していた。【平川哲也】(毎日新聞)


さて、「新日本婦人の会」をネットで調べてみたところ、役員に共産党の井上美代参議院議員がいたり、この会の目的を見れば、共産党の支援団体のようですな。

理由が、「イラク人質事件で、邦人が拉致され生命が危険にさらされ、犯人グループが自衛隊を名指ししていることもあり、自衛官自身が子供の為とは言え、祭りどころの心境ではないだろう、自粛してはどうか」などであれば、十分に私はその意見に理解をしたと思う。

しかし、「イラク派遣により軍隊としての性格を強くしている」と批判。「『かっこいい』という一面的な見方が子どもたちを戦場に駆り立てる流れを促進する」ですか・・・
まあ、確かにこの婦人の会の目的とやらは、共産党系ですから、自衛隊に対しては反対の立場をお持ちですし、それを主張するのはかまわないけど・・・婦人会の旦那たちは、どう思っているんだろうね。(^^;


調べたところ、この鳥取こどもまつりは、今年で29回目だそうです。
そのうち、過去に12回の参加があったそうですが、過去28年の中で、その自衛隊にこどもまつりで接した時、「かっこいい」とかの理由で、戦場に出かけていったバカな坊主は存在したのでしょうか。
そんなことを申し出る以上、最低、自衛官になっちゃった坊主はいるんだろうね? まさか、いないとか言えないだろうけど。

でも、仮にそんな子供がいたとしても、そんなの本人の選択だろうし、仮にその場で「かっこいい」と感じても、当時子供なら、入隊するまでの数年間で、いろんな見識を広げるチャンスもあったはずで、それを踏まえて、その子は自衛官になったんだろうし、どうして個人の選択を尊重できないかね。

婦人の会の旦那たち、小さいころプラモデル全盛のころ、戦車や戦闘機や戦艦を作って「かっこいい」と思わなかった? 親に、銀玉鉄砲買ってもらって、友達とバンバン撃ち合いしたこと無いの? 店先に飾ってあるライフルやら銃を見て、「かっこいいなぁ、欲しいなぁ」と思ったこと無いの?
俺の子供のころの周りには、そんなヤツが一杯いたよ、戦争ごっこだってやったし、プラモデルだって、わざわざ戦争のジオラマまで作って見せっこしてた。 でも、その中のだれも戦争になんか行っていないし、自衛隊にも入っていないけどな。
むしろ反対に、今のNGOのような話題がなかった時代に、海外青年協力隊でアフリカに行ったヤツはいたな。
普通、そんなものでしょ、子供のころにかっこいいと思っても、所詮はその程度。


まったく、子供をバカにするなよ、そんな単純なもので、将来が決定すると思っているのか? 自分が子供のころを思い出してみろよ、そんなに単純な人生を歩んできたのか?


母親と父親は、子供に対する教育、期待などは、どうしても違うらしいけど、少なくても、職業で偏見を持つような態度は、子供の教育にも良くないことぐらい分かるだろうに、そんな馬鹿げた提案を止めるよう、おかあちゃんに反対できなかったのかね。
婦人会が嫌いなのは、自衛隊と言う組織であって、自衛官と言う個人の人間じゃなかろうに。


ともかく、自衛官と言うのは、現代社会におけるひとつの立派な職業なのよ、個人の主義主張や、好き嫌いに関係なく。
そこをまず認め、そこから運動を展開しないから、この間の人質事件でも、人質のことよりも共産党は政治運動として、彼らの事件を利用し、政府を非難して撤退を主張したでしょ。
現在の、あの3人へのバッシングって、言い換えれば共産党などの、捕まった彼ら以外の日本にいた、NGOや共産党関係者のせいで起きている、そう私は思っているんだけどね。

昨年の衆議院選挙では、社民党や共産党は惨敗したけど、その理由が分からないと、今度の選挙でも同じことになるよ。
この間の比例区では、全国で共産党は得票総数の約7.65%の458万票しか集められなかった。
ちなみに、社民党は約5.23%の300万票だったけど、2つ合わせても、13%の750万票にしかならんのよ。
まあ、あと民主党の中にかなり社会系の人もいるので、まだ何とかなるし、共産党は今回のような、婦人の会のような組織票が他にもあるから、まだそんなに大きく崩れないとは思う。
でも、大きな基盤を持たない社民党は、このままでは次回の参議院選挙でも議席を落とすだろうし、共産党も浮動票をどこまで取り込めるんだろうね、反自民票が民主党に行くだけでは、共産党の存在価値はどこにあるんだろうね。


白状しておくと、私は15年前は反自民勢力として、社会党(土井さん時代)や共産党にまで投票した経験があるけど、今は個人的に、世の中にまだ社民、共産なんかに票を入れるのが700万人もいるのか、と言う方に驚いている、そこまで私の中では両党は落ちぶれているのねん。

|

« イラク人質事件、解放-3- | トップページ | 想像力の欠如? »

コメント

某所では御無沙汰しています。いろいろありましてなかなか時間がとれないのですが、なにか一言言いたくなったので、簡単かつ、当たり障りのない程度に。

この手の話は良く聞きます。個人的には主義・主張の話ですから自由だと思います。しかしこの手の主張をする人の思考過程は良くわからないんですよね。まぁ、相手からすれば、自衛隊の方が何故子供祭りに参加するのかが理解できないでしょうけど。結局この手の主義主張の争いは、決して交わることなく平行線をたどるんでしょうね。

自衛隊って、常に最悪の事態を考えて準備・行動する組織みたいです。ある意味、悲観的でさえありますが、ただ、それは厳然たる現実を見据えた上での考えや行動だと思います。

上記の、婦人会の方々って、その辺どうなのかなぁって思います。厳しい、あるいは汚い現実に目を背けて、きれいな理想の世界で生きているような・・・。

ただ、そう主張するだけの余裕・ゆとりがあることが平和というものかもしれない、と思うことがあります。皆が皆、現実に目を向ける必要は無いのかもしれません。
世の中バランスが重要、ということでしょうか。

※「かっこいい」と思うだけで自衛隊や警察や消防に入っても、ついていけなくて途中で辞めちゃいますよ、きっと(笑)


投稿: PAO | 4 24, 2004 22:50

コメントありがとうございます。
こちらこそ、ご無沙汰しております、今度、雷○初台AVルームで集まろうと言う話もあるので、久しぶりにお会いしたいですね。(笑)

確かに、基本的には運動そのものは自由ですが、一部の参加を拒否するような要請って、許されるんでしょうかね?
彼らは犯罪者でもなければ、暴力団でも無いのですが。
町内会祭りを行いますが、石破さんの家は、「相応しくない」と「私が思う」ので参加拒否を要請します、なんて言っているようなものなんだけどね、村八分って法的に禁止されないんだっけ?
まあ、仰るようにその事に気づかないようでは、すっと平行線でしょうけどね。


>>ただ、そう主張するだけの余裕・ゆとりがあることが平和というものかもしれない、と思うことがあります。皆が皆、現実に目を向ける必要は無いのかもしれません。

なるほど、これは非常に良いフレーズですね、平和であるが故、と言うわけですね、納得です、今度使わせてもらおう(笑)。

ただまあ、現実を見つめる必要はなくても、正しい知識と見識だけは普段から持つように心がけて欲しいですね。
阪神大震災などを見てもらっても分かるように、今の日本において、自衛隊の救助活動を抜きにして、災害対策は成り立ちません。 自衛隊=軍隊=戦争=人殺しなどの単純な論理思考では、自衛隊の反対論以前の問題のような気もしますね。

投稿: akinopapa | 4 26, 2004 11:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/482908

この記事へのトラックバック一覧です: 子供をバカにするな!:

« イラク人質事件、解放-3- | トップページ | 想像力の欠如? »