« イラク人質事件、3人が解放-2- | トップページ | 子供をバカにするな! »

4月 21, 2004

イラク人質事件、解放-3-

今回の、日本国内の人質に対するバッシングについて、フランスの新聞で批判されたようです

自己責任論を批判 「若者誇るべき」と仏紙

 【パリ20日共同】20日付フランス紙ルモンドは、イラク日本人人質事件で、日本政府などの間で「自己責任論」が台頭していることを紹介、「日本人は人道主義に駆り立てられた若者を誇るべきなのに、政府や保守系メディアは解放された人質の無責任さをこき下ろすことにきゅうきゅうとしている」と批判した。
 東京発の「日本では人質が解放費用の支払い義務」と題した記事は、解放された人質が「イラクで仕事を続けたい」と発言したことをきっかけに、「日本政府と保守系メディアの間に無理解と怒号が沸き起こった」と指摘。「この慎みのなさは制裁まで伴っている」とし、「人質の家族に謝罪を要求」した上に、健康診断や帰国費用の負担を求めたと批判した。
 記事は、「(人質の)若者の純真さと無謀さが(結果として)、死刑制度や難民認定などで国際的に決してよくない日本のイメージを高めた」と評価。パウエル米国務長官が人質に対して、「危険を冒す人がいなければ社会は進歩しない」と慰めの言葉を贈ったことを紹介した。(共同通信)


実際の話として、確かに最近のバッシングには、かなり行き過ぎる部分もありますね。
当事者3人だけではなく、家族への誹謗中傷や無言・罵倒電話などは、正直な話、付き合いきれません、あれは犯罪です。また、賠償金で何十億円も払わせろとか、バカバカしい意見まであって、自己責任派でも内容はピンキリのようです。
もっとも、そんな人たちは、自己責任派と言うよりも、単に騒ぎに便乗して喜ぶ愉快犯だろうけど。


さてさて、ルモンドの今回の記事ですが、確かに酷いバッシングもありますが、国民の多くのバッシングに関しては、その詳しい背景を知らないで、一面的な部分だけを拾って、この記事を書いていると思われます。
まあ、日本のマスコミも似たようなものですから、その点だけでルモンドの批判は出来ませんが、少なくてもこの記事に限っては、裏の事情を取材していない、取るに足らない内容と見て良いと思うな。

ちなみに、読売新聞ですが、以下の記事を紹介しておきます。


「人間の盾」各国は放任 「危険承知」「自己責任」

 外務省は24日、各国の「イラクでの自国民保護状況」を発表した。イギリスやフランスなど主な国から聞き取り調査したもので、状況を正確に把握していない例が目立った。日本はイラクへ向かう日本人の数や、滞在先を正確に把握し、連日のように個別に出国を呼びかけている。だが、フランス政府などは「人間の盾、報道関係者などは危険を承知で自己責任で滞在している。政府として安否確認に関知しない」としており、日本とはそもそも考え方が違うようだ。
 各国の対応は次の通り。

 米国=調査中▽英国=当初「人間の盾」7人がいたこと以外は推定もできない▽フランス=「盾」参加者がいると想像されるが数と滞在地は不明▽ドイツ=報道では「盾」のために2人が滞在しているとされるが把握していない▽イタリア=滞在者は35人。「盾」登録者は4人▽オランダ=14人が滞在(場所、内訳不明)▽ロシア=大使館員、報道関係者以外滞在なし

( 2003年3月25日付  読売新聞 無断転載禁止)

フランス政府もまた、やはり自己責任で滞在しているはずだ、と言う立場ですね、むしろ日本政府の方が、宿泊先などを把握して退去勧告を出したりして、親切だと言えます。

要するに、危険地帯に行くことは、それは「危険である」と言う認識を自身が持ち、そしてその危険な地域での事故、事件などに巻き込まれた場合、それ相応の覚悟をしているはず、イコール、自己責任が前提にあるわけで、これは万国共通だと言う事です。
フランス政府をはじめ、米欧諸国も、自国の国民が危険地域にどれだけいるのか、それを把握しないのが当たり前のような立場ですよね、ルモンドもおそらくそんなことは「常識」であり、そこでまさか食い違っているとは思っていないのでしょう。

言うまでもなく、ルモンドが批判しているのは、危険地域に向かうジャーナリストやNGO関係者を非難しているからですが、ルモンドが見落としている大事なところは、この危険地域に行く覚悟=自己責任を自覚している事が前提であるはずなのに、彼らにはその自覚がどこまであったのか、少なくても、日本国民は、彼らや、彼らの家族、そして彼らが所属する組織、支援する団体が、それらを自覚しておらず、自己の要求や政治的運動に利用した点に対して、大きなバッシングに変化した事を、取材していない点です。

個人的な感覚ですが、危険を承知で紛争地域に赴くジャーナリスト、NGO関係者などは、その勇気と行動において、日本でも賞賛される立場であると思っています。 ただ、その賞賛をもらえる人は、本当に危険が身に迫ったときに、自分のわがままで来たのだから、政府や国民に迷惑などかけたくない、と言う心構えがきちんと出来ている事が前提でしょう。

以前どこかで聞いた話によれば、あるジャーナリストは、このような危険地域に取材に出かけるときは、常に自分の身に何があっても、国民に迷惑をかけたくないので、見殺しにしてくれ、と言うような内容の手紙を書いて出かけているそうで、その心意気がれば、彼の勇気と行動には、畏敬の念を抱くことが出来る。

しかし、その覚悟もなしに物見遊山気分で、社会勉強気分で、気軽に出かけているとすれば、むしろその自覚のなさに非難が集中するのは、日本だけではなく、フランスでもどこでも同じだと思う。


ただ、いろいろ書きましたが、私は捕まった5人が、覚悟せずに気軽に出かけたとは、思いたくないです。 だって、もしそう思っていたら、余りもの平和ボケさに、国際社会に向かって恥ずかしいじゃないですか。
だから、彼らは自覚して出かけたけど、被害に遭ったと思う。 しかし、今回のバッシングは、彼らではなく見送った側の家族、支援団体側に、その自覚がなく、彼らの態度で多くのバッシングを受けたのではないか、そう思いたい。
彼らの解放されたときコメントも、気になるけど、事の重大さを理解していなかったのは、現地での情報の少なさによるものとしてあげたいな。

あと基本的には、外務省はチャータ機でありながら、通常の航空料金の5万円程度しか請求しないと言う。
それなら、請求してもぜんぜん問題無いと思うし、勉強代にもなるんじゃないか。

|

« イラク人質事件、3人が解放-2- | トップページ | 子供をバカにするな! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イラク人質事件、解放-3-:

« イラク人質事件、3人が解放-2- | トップページ | 子供をバカにするな! »