« イラク人質事件、3人が解放 | トップページ | イラク人質事件、解放-3- »

4月 19, 2004

イラク人質事件、3人が解放-2-

4/16付けの「イラク人質事件、3人が解放」に対し、以下のコメントを頂きました。

コメント

今回は、これに対するレスを書きます。
私の場合、ブログが不定期にしか書けないので、少しでも稼がせて頂きます。(笑)

>>世の中の第三者が被害者家族宅に嫌がらせ電話などをかけることに、この国民の卑しさというのを感じてしまいます。

御意。

仰るとおりですね、これは犯罪です。
私が、環境保護団体グリンピース、過激な反戦運動を行う左翼が嫌いな理由に、まるで「自分達の主義主張を通すために、法を犯しても正当化される」と思い込んでいるかのような行動を、周囲の迷惑を考えず、公然と行う事にあります。
然るに、今回の一連の嫌がらせは、まさしく私が左翼を嫌う理由と、全く同じ事を行っているようなもので、何の正当性もなく、自己責任だと思っている、その多くの人の支持すら、失う行動ですね。(もちろん、私もそうです)

まあ、これらはどちらかと言えば、主義主張のためでなく、単なる愉快犯だと思っていますから、それだけ、馬鹿げた行動をする人が多くなったのも、悲しい話ではありますけど。


>>また、自衛隊含め日本政府もこの事件が起こっても事件解決に向けて行動できなかった点も、この政府の無能さを感じてしまいます。

まあ確かに、特に外務省は無能だと、私も思っていますけどね。(笑)

それはともかく、私は、今回の「拉致事件 → 解放」に至るまでの、裏事情をよく知りませんので、日本政府への批判は現時点では避けますが、まあ、現段階でも「無能」かどうかは分からないけど、「無力」ではありましたね。
この事件は慎重に考えるべきで、個人的にはいまだに「自作自演」の可能性は0%ではないと思っていますし、彼ら3人が直接関与していなくても、背後に左翼系日本人(旧赤軍派も含む)の存在の可能性もまた、残っていると思うので、そうだとすれば、最初から政府が関与できるものではなかった可能性もありますからね。

ただ、さすがに政府も、今回の事件に関しては、裏ではいろんな手を打ったであろう、と信じてあげて(笑)、結果的に無事解放された、その点だけは評価したいですね。

>>逆に自衛隊、日本政府には安全な箱庭の中で水汲みばかりしていないで、真のイラク支援とは何かというものをもう一度考えていただきたいものです。

この点は、同感だけど、実際問題として「特措法」で派遣されている以上、制約が多すぎるもの確かです。
日本のNGOや民間企業を派遣して、復興させるのも良いですが、現在のイラクの治安状態がそれを許しません。
かと言って、自衛隊を派遣して彼らを守ることも、今の日本では許されません。

今回もよく言われたのですが、仮に、犯人のアジトが見つかっても、自衛隊は邦人の救出のために武力も使えなければ、アジトまで動くことすら出来なかったわけで、そのような状況になった時、同じ日本人を助けるのに、そばに派遣されている日本の自衛隊ではなく、アメリカなり他国の軍隊にお願いしなければならない、そういった自己矛盾を、現在の自衛隊は抱えているのです。

憲法改正にアレルギーを感じている人は多いですが、日本がマジメに国際貢献を行う、アメリカのポチと呼ばれないような独立した行動を取る、真のイラク支援が行えるために、憲法改正は避けては通れないものなんです。
いつまでも、目をつぶっていれば、嵐が行き去ると言った態度では、同じことの繰り返しですね。
何事も、一朝一夕では出来ないものですから、徐々に作って行きたいです。

|

« イラク人質事件、3人が解放 | トップページ | イラク人質事件、解放-3- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イラク人質事件、3人が解放-2-:

» 邦人解放−−冷静になって考えたい [maeblog]
中日新聞2004年4月18日社説 「冷静になって考えたい」 小泉首相が、ボランティア活動の継続に「不快感」を表し、自民党総務会では救出経費の請求を訴える声が相次... [続きを読む]

受信: 4月 19, 2004 12:59

» PSTDですって(笑 [或る荒川区民のつぶやき]
帰国の3人、引き続き心身の不調訴え(産経新聞のページ) 可哀想ですね、 いろんな意味で可哀想ですね。 折角解放して貰ったのに、きっと精神的にダメージ(... [続きを読む]

受信: 4月 20, 2004 00:32

« イラク人質事件、3人が解放 | トップページ | イラク人質事件、解放-3- »