« イラク邦人拉致事件 | トップページ | イラク人質事件、3人が解放-2- »

4月 16, 2004

イラク人質事件、3人が解放

先週、イラクで人質となった、郡山さん、今井さん、高遠さんの3人が、日本時間の昨夜、無事に解放されました。
何はともあれ、無事の帰還は良かったです。

まだ、2人の日本人が行方不明なので、手放しで喜べないのですが、とりあえず一区切りですね。


今回の事件で、日本はまさに完全に二つの立場に分かれた気がします。

1)人命を第一に犯人の要求を呑め
  人質事件も自衛隊派遣が原因なので、早急に撤退しろ
  今回の事件の責任は、あくまでも政府にある

2)テロの要求に従う自衛隊撤退は、絶対に許すな
  外務省が勧告を出している場所に行ったのだから、自己責任だ
  今回の事件の責任は、あくまでもテロ実行犯であり、捕まったあの3人だ


こんな感じでしょうか。
もちろん、支持政党で言えば、上が社民党、共産党であり、下が自民党、民主党、公明党でしょうか。
私は、もちろん下の、自衛隊の撤退はないし、自己責任だと言う立場ですけどね。

今回の事件で、事件発生当時から、私はどうも違和感と言うか、もしくは嫌悪感を感じていたのですが、どうやらこの2極対立と言うか、事件なんだけど、それを利用した、政治的な主張が鼻についたからのようです。

今回、被害に遭われた3人のうち、ジャーナリストの郡山さんを除く2人、高遠さんや今井さんは、家族からして共産系、もしくは左翼系の運動を行う立場の人で、家族や関係者はとかく人命第一を言いますが、それ以上に、彼らの周辺からは自衛隊悪者論を展開し、自分達の主張、運動を進めておりました。

良い例が、拉致したのは日本政府ではないのにも関わらず、首相官邸では自衛隊撤退のデモを行ったりしています。
普通、どの国を見ても、犯人に人質解放を呼びかけるデモを行うでしょう、そしてその次に、対応がまずければ政府の批判をするデモもあるでしょう、しかし、彼ら組織は、犯人に対するシュプレヒコールなどなく、いきなり政府批判を行ったわけです。
これは、非常に恥ずかしい話ですね。

人命を第一に考えよ、と要求しながらも、彼らはこの「事件」を利用して、単なる自分達の政治的運動に置き換えただけなのです。
これを恥ずかしく思わない人がいるのでしょうか、国内の誘拐犯では、誘拐犯を憎む人たちなのに、政治的に利用できる事件があれば、真っ先に便乗するその心根が貧しいですな。


それが、私だけではなく、多くの国民の反感を買ったのでしょう、自己責任を強く訴える人が増え、正しい行為とは言いません、むしろ犯罪だと思いますが、被害者の家族に対する抗議、誹謗中傷などが増えて行ったのだと思います。
それを察して、家族も途中から態度が変わりましたが。

それから、政府が自己責任、賠償金請求などの話も出て来て、反対する人もいますが、反対する理由がちょっと・・・

  「在外法人が危険にさらされたとき、救出に努力するのは国の仕事だ」

確かにその通りですね。
ただし、今回は外務省が「退避勧告」を何度も出しており、政府が入るな、と言っている場所に、自分たち自身の意志で入国したのです。 もちろん、政府は危険にさらされた邦人を助けますが、政府が危険だからとしている場所に行って、実際に危険な目に遭ったわけですから、もっと救助されるほうは謙虚になっても然るべきでしょうな。
行ったのは、大人が自分の判断で危険な場所に行ったのです、判断を甘く見たのは政府ではなく、自身の責任です、これぐらいは自覚しても良いでしょう。 自覚していないから、こんなに世間を騒がせて、関係者を巻き込んでおきながら、イラクに残りたいなどの、馬鹿な発言が出るのでしょう、甘やかす必要はありません。


  「自衛隊を派遣するのに莫大な費用を使っているではないか」

これも、政府が自分で決めたことですから、それに関する費用、損失は政府が責任を持って支払うものです。
政府は、議会で承認された組織で、国民の選挙によって選ばれた議員で運営されているのですからね。
しかし、今回の行動に関しては、政府が承認していましたか? 国民が選んだ3人ですか?
簡単に救出と言うが、普段から税金の無駄遣いにはうるさいくせに、わずか3人の無謀な行動によって、何十億円もの費用が税金で無駄に使われているのです、それを「当たり前」だとか、思う方がどうかしています。
自衛隊派遣に反対しているから、自衛隊にはこれだけ使っているのに、と思われるのでしょうが、それこそ感情論で批判しているようなもので、自衛隊に使っているので、そのぐらいは認めろ、と言う論法はエゴそのものです、そこに気づかないと、国民の支持派得られるわけがありません。


  「自国の利益のみを考えて、他国にボランティアに行っている人を非難するのは、おかしい」

何度も言いますが、ボランティアに行くこと、その行動や人物を非難する人は、それほどいません、私も大賛成です。
しかし、自分にとって正しいと思う行為は、常に周囲にとっても良いことだと限らない、こんな小学生に教えるような当たり前のことにも気づいてください。
どんなに、自己主張が崇高なもので正しく、勇気ある素晴らしいものでも、本人の思惑とは関係なく、ある行動の結果が、好む、好まざるを関係なく、周囲に大きな影響(迷惑)を与える事もあるわけで、今回の事件では良い教訓になったでしょう。

ちなみに、今回の人質事件が発生した後の日本の経済損失はいくらぐらいか、調べてみるのもいいですね。
本人たちは、そんなの関係ないよ、と言いたいでしょうが、事件が及ぼした結果であることには違いないのですから。


|

« イラク邦人拉致事件 | トップページ | イラク人質事件、3人が解放-2- »

コメント

何よりも無事解放されて、この事件についてはいったん解決といったところでしょうか。

ただ、なにかすっきりしません。

この事件が起こって、本来「人質解放」に向けてアピールすべきところが、「自衛隊撤退」に摩り替わってしまった点はAkinopapaさんが感じているところと同じところです。

でも、「危険なところへ自ら行ったのだから、自業自得だ」といわんばかり、世の中の第三者が被害者家族宅に嫌がらせ電話などをかけることに、この国民の卑しさというのを感じてしまいます。危険を承知でイラクに飛び込んでいったのだから自己責任で行動すべきだという考えには異論はないのですが、私を含め日本国内でぬくぬくと平和な暮らしている国民に被害者家族を批判することはできないはずです。彼らの行動が立派だったとは言いませんが、少なくともイラクのことを考えて行動していたはずです。
また、自衛隊含め日本政府もこの事件が起こっても事件解決に向けて行動できなかった点も、この政府の無能さを感じてしまいます。自ら飛び込んで行動、情報収集しようとせず、すべて聖職者協会任せだったようにしか見えませんし、情報もアルジャジーラの報道のみというのも心細いものです。

まだ残りたいという彼らの発言に対しては「今度起こったら知らないよ」ということを認識させる必要はありますが、逆に自衛隊、日本政府には安全な箱庭の中で水汲みばかりしていないで、真のイラク支援とは何かというものをもう一度考えていただきたいものです。

P.S.
いつも拝見させていただいています。
Akinopapaさんの考え方は、いろいろな出来事を疑問点をすっきりさせてくれます。今後も期待していますのでがんばってください。

投稿: しまちゃん | 4月 18, 2004 11:23

コメントありがとうございます。

何度か足を運んでいただき、読んで下さっているようで、こちらも感謝します。
不定期にしか書き込んでいないので、非常に読みづらいとは思いますが、これからもお願いします。

頂いたコメントに対する内容は、今日付け(4/19)のブログで書きました。
コメントに書いても良かったんですが、ブログも不定期にしか書き込めないので、少しでも空白を埋めるために、あちらに書かせてもらいました、すみません。(^^;)

よろしくお願いします。

投稿: akinopapa | 4月 19, 2004 11:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イラク人質事件、3人が解放:

« イラク邦人拉致事件 | トップページ | イラク人質事件、3人が解放-2- »