« 裁判官のパフォーマンス | トップページ | イラク人質事件、3人が解放 »

4月 09, 2004

イラク邦人拉致事件

※このログは、RYOさんのブログに対する、トラックバック用に書いたものです、参照してください。

 ソフトターゲットが狙われる話は以前からあったわけで、可能性とし指摘されてきた事件、それがついに起きてしまった、と言う感じですね。

はっきり言えば、政府は絶対に自衛隊を撤退させないでしょう。
このままイラク全土で争乱が発生し、サマワも戦闘地域になれば、自衛隊の撤退は可能性としてはあるでしょう。
しかし、今回のような脅迫やテロ行為に妥協することは、絶対にやってはいけませんね、それが自衛隊撤退要求から、金銭要求(単なる営利誘拐)に変更されたとしても、きっぱりと断ると思いますよ。

日本政府は、ダッカ事件で国際的に非難されたが、同じ轍を踏むことはあってはなりませんね。

ただまぁ、国内には今回の拉致事件と、自衛隊派遣をごっちゃにして、自衛隊が派遣されていなければこんなことにはならなかった、などの近視眼的な物の見方で、だから人命の為にも撤退すべきとか、この事件を利用して、自分の主張を正当化させる風潮が、意外に多いのは驚きます。

自衛隊派遣の賛否の主張と、今回の拉致事件は、全くの別物です。
政府の姿勢や、自衛隊に関して討論する分には、そこには健全な民主主義として価値がある行為ですが、関係の無い民間人を拉致し、自分達の主張を脅迫により押し通そうとする、この行為は国際社会においても到底容認できるものではなく、激しく糾弾すべき行為です。
それを、人命救助などの、いかにも甘美的で偽善的な題目を並べ、結果的にテロ行為を是認するなど、とんでもない話なんですが、日本人は根が優しいのか、どうもその辺の判断の基準が曖昧で、すぐに妥協しようとしてしまう・・・困ったものです。

今回、日本政府はイラクには渡航禁止に指定いたそうですし、敢えて、その危険地域に乗り込むわけですから、彼らには、彼ら自身の強い信念に、自分の正義感と使命感に燃え、覚悟して行った結果だと思います。
周囲がオタオタするのは、彼らのその覚悟の上での行為を、踏みにじる結果になると思うけどね。

|

« 裁判官のパフォーマンス | トップページ | イラク人質事件、3人が解放 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イラク邦人拉致事件:

« 裁判官のパフォーマンス | トップページ | イラク人質事件、3人が解放 »