« 責任をどうやって取ってもらうか | トップページ | GWの家族サービス »

4 28, 2004

日の丸反対・除名取り消し訴訟

★日の丸反対・除名取り消し訴訟で元市議の請求棄却

・日の丸掲揚に反対して議長席を占拠するなどしたことを理由に、02年に
 横浜市議を除名された井上桜市議(39)と与那原寛子元市議(39)が、
 市議会に除名処分の取り消しなどを求めた訴訟で、横浜地裁は28日、
 2人の請求を棄却する判決を言い渡した。川勝隆之裁判長は「市議会の
 混乱の程度などを考慮すると、裁量権の乱用があったとは言えない」と
 述べた。

 原告側は「除名は思想、表現の自由を侵す弾圧で、地方議会の裁量権の
 乱用で違法だ」と主張していた。

 判決によると、横浜市議会は02年5月、議場での日の丸掲揚を決めた。
 2人は同月、掲揚された日の丸を撤去しようとして退場させられた。同年
 6月には、議長に話し合いを求め、約6時間にわたって議長席などに座り
 続けた。市議会は同月、2人の除名を決めた。
 井上氏は昨春の横浜市議選で当選している。(asahi.com)


 えっと、この記事を読む限り、この2名の市議は、自分の思想、主張を押し通すために、議場で日の丸を撤去しようとして、市議会を混乱させ、議長に話し合いを求めるのに、6時間に渡って議長席を占拠したので、除名されたが、裁判では除名は妥当であるとされたわけですね。

では、この2名の市議の言い分を聞いてみましょう。


◎井上さくらさん弁明 
「日の丸」は個人の思想・信条の自由に関わる事なのに、掲揚決定を知らされるだけで全く意見を述べる機会が一度もなかった。この間少数会派の発言する機会がなく、議会での議論ができなくなっている。6時間の空転は事態打開の為の方策が取られなかたために起きたもので責任を一方的に押し付けられる事は不平等でないか。議会での議論ができなくなっている議会体質となっていて、多数会派による多数決で全て決めている
全て多数決で決めて行くやり方が本来の議会制民主主義であるのか、今一度立ち止って考えて欲しい。

◎与那原さん弁明
 6月23日は沖縄慰霊の日、沖縄出身の私にとりいまだ米軍が駐留する沖縄の現状を考えれば日の丸掲揚は見過ごす事のできない問題である。発言の機会を求めていたが与えられず、発言不許可の理由が明らかにされていない。発言の中身(日の丸掲揚について)に対しての不許可だと思う。国旗・国歌を尊重するしないはその人の良心の領域の問題である。一つの意見に強制する事に反対である。議会に思想・信条を侵すものを持ち込まず自由闊達に議論できる場の保証をしてほしい。

・・・・・・なんですかこれは?
 こんな自分勝手な言い分、あるのでしょうか。


もう一度確認しましょう、なぜ、この2名が除名されたのか。
「議長席を不法に占拠したために、市議会が空転、混乱したため」でしたね。

さて、もう一度彼女達の弁明を見ましょう。
井上さん「日の丸は思想・信条の自由だ。 議会で自分が発言できないから市議会が空転した。 自分だけが悪くない、多数決で辞めさせられた」
除名させられた理由が、分かっていないようです、頭を冷やすべきですね。

与那原さん「沖縄出身の私は、日の丸掲揚は許されない。議会で発言できない、自由闊達に議論したい」
これまた、除名された理由に少しも触れられておりません、分かっていないのですね、冷静になりましょう。

除名させられた行為に関して、なんら誠意ある弁明をせずに、自分は悪くないとばかりの一方的な言い分。
こんな自分勝手な言い分を垂れ流す、それだけでも、十分に同情の余地なしですな。


そのほかにも、この二人は自分の主義・主張にのめりこんでおり、単なる感情的なヒステリーですな。
彼女達の言い分、それぞれが突っ込みどころ満載です。

まずは井上さん、確かに日の丸は思想・信条の自由ですよ、でも議会が決めたことを、自分の思想だけに照らして強制的に撤去しようとする自由は、いつから日本で認められるようになったのでしょう。 思想・信条の自由を持つ=実力行使で撤去しても良いわけではありません、ここは民主国家ですよ。
また、議長席を不法に占拠し、自分達の要求を押し通そうとする姿勢は、どこぞのテロリストの論理とどう違うのですか?
民主主義と言うのであれば、実力行使(占拠)など使わずに、きちんと民主主義の手続きに則って、訴えるべきです。
こんなの当たり前です、自分達が少数派で意見が通らない、自分達の意見を聞いてもらえない、その辛さは理解出来ますが、だからと言って、実力行使が正当化できるものではないことぐらい、中学生にだって分かっている事です。

また、与那原さんもそう。
沖縄出身で、日の丸に対して良い感情を持っていない、と言うのは理解しましたし、日の丸に対しいろんな主張や活動を行う事は、まさに自由です。 でも、自分が嫌いだからといって、他人の日の丸を掲揚する自由を、強制的に侵害する自由は日本にはありません。
仮にも、議会で定められた国旗掲揚ならば、掲揚を中止させるのは、議会で決めるしか無いのです、こんなの市議ともあろう方なら、言われなくても分かっているはず。
議論が議会で出来ないとか、発言が無いとか、井上さんに言った言葉そのまま同じ事を送ります。
自分達が正しいと信じる行為でも、不法な振る舞いを行ってよい理由にはならんのですよ、こんなの常識です。

正論を振りかざしているつもりで、実は単なる自分勝手な振る舞いしかしない、だから、私はあなた達のような人たちに、信用がおけないのです。

|

« 責任をどうやって取ってもらうか | トップページ | GWの家族サービス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/506578

この記事へのトラックバック一覧です: 日の丸反対・除名取り消し訴訟:

« 責任をどうやって取ってもらうか | トップページ | GWの家族サービス »