« 別れはやはり寂しいものだ | トップページ | 国民の権利は企業の免罪符じゃない »

3月 30, 2004

国民よりも憲法を守る方が大事

このショッキングな題名は、昨夜テレビ朝日で放送された「TVタックル」と言う番組の中で、(経済学者)経済評論家の森永卓郎氏が発したもの。

「日本は憲法9条と言う非常に美しい条文を守ってきたんですよ。
 仮に、仮にですよ、とんでもない奴が攻めてきたら、戦わずに潔く、黙って殺されれば良いじゃないですか!」
「そしたらああ、そういう立派な民族がいたなと思い出してもらえるじゃないですか」


彼は護憲派でありますが、ものすごい思考回路ですな。
護憲派とは、国民が犠牲になっても、9条だけは守るべき存在だと思っているのでしょうか、こうなれば、一種の宗教ですな。


おそらく、護憲派の社民党も同じような思想なのでしょう。
なぜなら、憲法9条「戦争はしない、戦力は持たない」を何としても守ろう、貫き通そうとすれば、必然的に「もしも」の時は、国民の犠牲もやむ無しと言う立場にならざるを得ないから。
そういう意味では、自衛隊の存在を違憲だと考える(最近は、違憲だが存在は認めるといったソフト路線になったが)共産党もまた、最終的には、国民よりも憲法、憲法を守るためなら自国民も犠牲になるべき、と言った立場になるのだろう。


もはや、憲法9条は変えなければならないのは明白である。
今のような、憲法解釈で「特措法」などで場当たり的な態度でごまかすのは、いい加減に終わらなければならない。

(※2004年3月31日 修正 → 森永卓郎氏は経済学者ではなく、単なる経済評論家でした)

|

« 別れはやはり寂しいものだ | トップページ | 国民の権利は企業の免罪符じゃない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国民よりも憲法を守る方が大事:

« 別れはやはり寂しいものだ | トップページ | 国民の権利は企業の免罪符じゃない »