« 国歌斉唱の拒否 | トップページ | 別れはやはり寂しいものだ »

3 16, 2004

高橋に変わる選手はいない

ご存知、アテネ五輪の女子マラソンで、日本のエース高橋尚子選手が代表から外れてしまいました。
ニュースソースをリンクしなくとも、全国ニュースだったのでよく知っていますよね。


さて、最初に断っておきますと、選考会で野口(世界選手権2位)、坂本(大阪国際優勝)、土佐(名古屋国際優勝)の3名を選んだことは、正しかったと思います。あくまでも、今回の選考会での話ですが。

しかし、高橋尚子選手を代表に選ばなかった・・・いや、選べなかった点で、日本陸上競技連盟が間違っていると思います。


まあ冷静に見れば、今回の選考会では、そもそも最初から誰を選んだとしても、国民が不満を持ち、陸連が非難を浴びる事は目に見えていましたね。

高橋選手を選んでいれば、誰が落ちたにせよ、「選考会レース」で高記録を残した選手を落とす矛盾、選考レースの存在意義が無くなり、それこそ選考基準に非難が集中したでしょう。

かと言って、改めて言うまでもなく、高橋選手を落とせば、今の世間の状態です。
ただまあ、個人的には思ったよりは、国民は冷静に受け止めている印象はありますけどね。(これは、偏に高橋尚子さんが会見を行い、丁寧に大人の対応を行った事も大きいと思うけどね。)

結局、誰を選ぼうとも各界に不満や失望、批判が出る状態にしたのは、陸連ですよね。
これを回避するには、あくまでも私見ですが、高橋尚子選手を東京国際が終わった時点で、タイムは不満だけど過去からの実績で、特例として決定(シード)すべきだったのです。

高橋を落とせば、当然のことながら3人には、高橋の代わりとして日本国民の期待と声援を受けて、走らねばなりません。彼女たちに、高橋尚子の代わりが務まるでしょうか、ただマラソンが早いと言うだけなら、十分に務まるでしょうが。

現在92年バルセロナでは有森裕子が銀、96年アトランタでは同じく有森裕子が銅、そして2000年シドニーでは高橋尚子が金と、三大会連続のメダルを取っており、当然国民はメダルを期待しているし、早い話、高橋尚子ならメダルに一番近い、そう思っているわけで、その世界記録も作った彼女の代わりとして走ると見られるわけで、選ばれた選手も、高橋がいないだけで、ものすごいプレッシャーでしょう。
おまけに、もし、彼女たちがメダルを逃そうものなら、一斉に「高橋が出ていたら」と言う大合唱が起きます。このとき、彼女たちはその非難にどう耐えるのでしょうか。

高橋尚子が、過去の人で現在は選ぶに値しない実力に落ちていた、と言うのであれば話は違ってきますが、実績は世界トップクラス、日本女子で始めて陸上競技五輪優勝、その後も日本、アジア、世界記録など数々の記録を更新し、5年間で国際大会で6度の優勝(6連勝)。東京国際でも、選考されることより、「記録」に拘ったために、ペース配分を失敗した2位。
もう、彼女は国内では単なる選手ではなく、彼女に対する国民の期待、勝利への重圧、そして女王としての存在、全てを持つ選手以上の存在だと思っています。 これら全て比肩できる選手が国内にはいるのでしょうか、いるはずがありません、高橋を選ぶべきだったのです、いや選ぶしか無かったはずです。選べば、残りの代表2選手も、気分はだいぶ違ったでしょうね。

選ぶべき時期に選ばずに、残りのレースで凡庸なタイムであれば選べるとか、そんな消極的で特例を設けることへの批判を恐れての責任回避の姿勢で、混乱を招いた陸連の責任は大きいと思いますね。
その結果、誰を選んでも批判が起きる選考会になり、結局は陸連は自分たちのメンツと組織を守るために、高橋尚子という国民栄誉賞をもらった大選手をも、簡単に切り捨てて自分たちの責任回避のための道具にしてしまう。
選手は、陸連の権威付けのための商品でも何でもない。
高橋を選んでも非難の嵐で、外しても選考は正しくとも、選手にも棘の道であり、今回の選考では結局は、選ばれても、落とされても、その選手たちが一番の被害者であることには違いない。


選手の選考に絡んでは、毎回もめる陸連だが、組織も大きくなれば腐敗し、身動きが取れないんだろう、全く情けない限りだ。

|

« 国歌斉唱の拒否 | トップページ | 別れはやはり寂しいものだ »

コメント

コメントありがとうございました。

今回トラックバックした理由はまさにその点で、私自身もこれを書いた後「多くの日本人が感じた違和感は本当のところ何だったのだろう」という疑問があったのですが、akinopapaさんの記事を読んで、とてもすっきりしました。

最近の私のテーマのひとつに「組織・集団のいびつさ」もっと大げさに言えば「民主主義の欠陥」がありますが「Akinopapaのあくび」では、そこいらへんをすっきりと解説されているように感じられ、気に入っております。

投稿: sa10 | 3 27, 2004 13:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/307092

この記事へのトラックバック一覧です: 高橋に変わる選手はいない:

» アテネ五輪女子マラソン代表 [×××のような×××]
 何が不思議かといえば、新聞を何ページもめくってスポーツ面まで辿り着かないと、アテネ五輪女子マラソン代表選手の喜ぶ顔が見えてこないことだ。高橋尚子が落選して騒ぎ... [続きを読む]

受信: 3 26, 2004 21:31

« 国歌斉唱の拒否 | トップページ | 別れはやはり寂しいものだ »