« 小学生的感情論的反論 | トップページ | 高橋に変わる選手はいない »

3 10, 2004

国歌斉唱の拒否

今日は、国歌のことです。

日の丸・君が代強制やめて 京の市民団体が教委に申し入れ
 市民団体「『心の教育』はいらない!市民会議」などはこのほど、公立学校の卒業式や入学式で、日の丸への敬礼や君が代斉唱を子どもや先生、保護者に強制しないように京都府教委と京都市教委に申し入れた。

 申し入れ書は「日の丸と君が代については多様な意見がある」とした上で、歌わない権利があることを学校で伝えることや、式典の画一的な統制をやめることなど6点を求めている。
(3月9日 京都新聞)


ここには日の丸も入っていますが、時間的な都合もあって、一応、君が代に重点を置いてみます。

よく、教職員がこの手の式典(入学、卒業など)での国旗掲揚、国歌斉唱に対して拒否する話が聞かれます。

東京都では、そういった式典での国歌斉唱について、指導を強化して、校長の命令に従わない教職員は処分する方針を決め、都立学校の全校長と区市町村教委に通達しています。

また一方で、入学式に「君が代」を斉唱する際、「思想信条に照らして出来ない」と伴奏を拒否した小学校女性教諭に、東京都が戒告処分を行った件で、この教諭が処分取り消しを求めた裁判で、東京地裁では適法と判断した事件もありました。

このように、教育現場では国歌や国旗に対する、教職員の感情が、いろんな問題を起きています、広島では校長が自殺したのも、確かこの国旗・国歌が関係していたような。


さて、このような場合に、教師側から聞かれる意見、「強制的に君が代を歌わせるのは、思想の自由に反する憲法違反」、「教育現場、生徒に対する、君が代の押し付け」などあります。
あと、上記記事によれば「歌わない権利があることを学校で教える」、「式典の画一的な統制をやめる」などですか。


私は教育現場に、教師が「個人の思想の自由」を持ち出し、独自の判断で勝手に教育内容を拒否して良いのだろうか、という疑問を持っております。

教師も人間ですから、個人の思想、信条をそれぞれ持っている事、それ自身には、問題があると思いません。
しかし、教育現場に個人の信条など持ち出すことがマズイ、そう思うのです。
この個人信条の解釈を広げてしまうと、教師の都合(好き嫌い)で教えるもの、教えないものが出てきたりしますよね。
事実を隠して、教師の思想で極左派へ、または極右派へと教育を行っても正当化されてしまい、何のための教育庁なのか、何のための学習指導要領なのかわからなくなります。

私は、日本国民として、日本国家に対して、また日本国を象徴する自国の国旗、国歌に対して敬意を抱かせる教育は大事だと思う。
自国に対する敬意を持てない、また、持つことを否定するような教育を受けさせられた子供達が、他国を理解したり敬意を払ったりできるとは到底思えないです。

諸外国では、自国の国旗・国歌に対する尊敬の念は、非常に高いもので、それを理解できない日本人が、外国でのセレモニーで、国歌斉唱時に、観衆が起立している中、日本人だけが座ったままで、隣人とおしゃべりをして、顰蹙を買うなどの恥ずかしい行為を行っているのでしょう。
自国の国旗・国歌に敬意を持てない者が、他国民がその自国の国旗・国歌に対して、また、その敬意を表す人たちの気持ちに対し、敬意を持てるはずがありません。

君が代を強制的に歌わせる・・・学習させているだけと考えられます。一般民衆にまで強制させるのであれば、それは大問題ですが、学習指導要領に基づいて、教育する・される必要があるときにだけ、斉唱の指導や教育が強制されるものは、問題ないと考えます。
これは国歌にかかわらず、授業全般に言えることで、そもそも教育現場での学習とは、強制的な部分が必ず存在し、それは、強制だからと拒否するレベルの話ではない、例えば、三角関数は嫌いだから、個人の信条で教育はしない、などの理由が通じないのと、同じ理屈だと思っています。

歌わない権利があること・・・つまり憲法で保護されている権利を教える、と言うわけですね。 でも、憲法の内容や、その精神に関しては、別の授業でも教えられるものですよね。
そもそも権利とは、無条件に行使できるものではない、という当たり前の社会理念も、当然授業では必要でしょう。
さらに、憲法には他にもいろんな権利が謳われており、何も国歌斉唱を使ってではなく、日本国憲法をきちんと教える事のほうがよほど大事ですよね。


また、教師である以上、国や自治体=納税している国民、市民に雇われている立場であることも忘れてはいけないのではないでしょうか。
学習指導要綱に従った教育は、教師になる前に約束された決まりごとであり、その学習指導要綱が間違っている、と主張するのであれば、然るべき手続きを持って訴えて変えるべきであることは言うまでもなく、教える側の教師が、自分たちの都合で、約束を破って学習指導要綱に従わないのは、生徒に対しても示しがつかないと思うのですが。


日本国歌が「君が代」が嫌だ、という気持ち。
思想的に天皇がどうだ、太平洋戦争が何だ、といった意見には興味はないが、メロディや歌詞がイマイチだ、という感想には賛成だな。(笑)
でも、君が代を超える(上回る)国歌って、いまさら作れるんかいな。
(3月11日修正)

|

« 小学生的感情論的反論 | トップページ | 高橋に変わる選手はいない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18447/284242

この記事へのトラックバック一覧です: 国歌斉唱の拒否:

« 小学生的感情論的反論 | トップページ | 高橋に変わる選手はいない »