« 思いこみの激しさ | トップページ | 国歌斉唱の拒否 »

3月 04, 2004

小学生的感情論的反論

3月になったので正式に引越し

でも、時間もあまり取れないし、これぞと言う話題も無いけど、今回はこれだけ。


 ★ 韓国、日本の独島切手非難声明に対抗 ★

 韓国は日本が万国郵便連合(UPU)に独(トク)島切手発行を非難する声明を伝達したことに対する反駁声明を同じUPUに送り、会員国に回覧するよう対応措置を取ったことが伝えられた。

 28日、スイス・ベルンに位置するUPUによれば、日本は先月26日、「独島切手の発行はUPU憲章の前文、諸精神に反する」という内容の非難声明を受け付け、190カ国の会員国に回した。

 これに対し、韓国側は今月23日、UPUに伝達した声明で、歴史的証拠と地理学的事実、国際法の原則から見て、独島は明確に韓国領土であり、韓国政府は日本の領有権主張が韓国の主権に対する重大な違反であることを継続して強調してきたと明らかにした。

 チョソン・ドットコム(朝鮮日報)


竹島は、引越し前のブログでも主張したように、現時点ではあれは完全に日本の領土。
まあ、それはあくまでも私の見解ですけど、韓国には韓国の人の独自の主観、思い込んだ誤った見解があるのでしょうから、ここでは特に取り上げません。

ただし、上の朝鮮日報の記事に書かれているような真似だけは、見ている方が恥ずかしくなるので、辞めて欲しい。


>>日本は先月26日、「独島切手の発行はUPU憲章の前文、諸精神に反する」という内容の非難声明

韓国が竹島の切手を発売する事を決定した時、日本国政府が抗議した内容と同じですね。
国際的に解決していない領土問題(少なくても双方が自分の領土だと主張している)場所を、敢えて切手にして発行するのは、UPU憲章の精神に反すると、訴えたわけですな。
「竹島は日本の領土だ」とか「理由は何々だ」などと一言もありませんね。

それに対し、韓国は・・・
>>韓国側は今月23日、UPUに伝達した声明で、歴史的証拠と地理学的事実、国際法の原則から見て、独島は明確に韓国領土であり、韓国政府は日本の領有権主張が韓国の主権に対する重大な違反であることを継続して強調

UPUに「竹島は韓国の領土だ」と主張したんですね。
UPU憲章の精神に反する、と言う日本の主張に対する反論が、いつのまにか「竹島はウチの領土だってば」に変わってしまっている。
まあ、中学生でもこんなピントのずれた反論はしないでしょうな。
まるで小学生が、学校で喧嘩は良くないよ、と注意されたら、「○○くんが悪い」と責任転嫁している図と、なんら変わらない。 喧嘩がいけない、と言っているのに、関係ないことを持ち出して来るのは、小学生レベルということだ。 (※)


UPUってのは、万国郵便連合ですよね。
そのような組織に、国際法廷と勘違いしたかのような、竹島は自分の領土だと主張する、場違いな行為。
この島は自分の領土だと主張する、その行為そのものがトラブルの火種になりかねず、良好な国際協力関係を求める憲章精神に反していると言うことに気づかないってのは、あまりにも見ていて哀れです。


(※)
小学生の、喧嘩を例え話とすれば、少しヘンだな、突っ込まれるかもしんない。

授業中は騒がしくしてはいけない(UPUには国際紛争を持ち込むような行為をしてはいけない)、と言われているのに、僕の主張が正しいんだよ、○○くんの考えがおかしいんだよ、とトンチンカンな答えを返して、授業中に騒いだ事に対する反論だと思っているところが、小学生レベルということだ。

と言った方が、より近いか。

|

« 思いこみの激しさ | トップページ | 国歌斉唱の拒否 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小学生的感情論的反論:

« 思いこみの激しさ | トップページ | 国歌斉唱の拒否 »