トップページ | 2004年3月 »

2 25, 2004

思いこみの激しさ

2月24日の朝日新聞の声の欄に、このような投書が載っていた。

 日本の危うさを実感した一日

14日の新聞を開き慄然とした。「政府公報-防衛庁」として、「自衛隊は人道・復興支援活動を行います」と全面広告が載った。他紙でも載った。
私は先月、本紙に載った「私たちは戦争に協力しません」という意見広告に賛同した一人だ。5118人がお金を出し合ってやっと実現した。政府はなぜ多額の税金を使って広告までするのか。

<中略>

その夜のテレビニュースでは、海上自衛隊の大型輸送艦が「軍艦マーチ」の音楽に送られて呉基地を出港する場面が映され、耳を疑った。過去への戦争の反省など全く感じられない。
この一日だけでも、現在の日本がいかに危険な道を進んでいるか、思い知らされた。
平和と民主主義が守られてこそ、一人ひとりの暮らしが成り立つことを忘れてはならない。

 2004年2月24日 朝日新聞 声の欄 広島県 57歳 主婦


 
これを読んでいて、「全く、やれやれ」と言う感じだ。

確かに、税金を使ってまで新聞に広告を出す事に対しては、私もおかしいと思うので、賛同しよう。
しかし、それもこれも、この57歳の主婦のような思いこみの激しい人間が、日本にはゴマンといるからであろう。
小泉首相は、何度も何度もイラクへの自衛隊派遣に関しては、「戦争に行くのでは無い、人道・復興支援に行くのだ」と説明しているのにも関わらず、各所で「戦争に行く」と思われている。

例えば熊本では24日、平和を願う女性の会が自衛隊のイラク派遣反対を訴えるデモを行った。
「私たちは、こどもたちを戦場に送るために産んだのではありません」「イラクの子どもたちに、人々に、銃を向けないでください」と訴えたそうだ・・・
イラクに自衛隊が行くのは、子供に銃を向けるためですか? 復興支援と言う日本語理解できますか?
戦争だなんて、私も大反対です。 でも、イラクに戦争に行くわけではない事を知っていますので、戦争反対と自衛隊派遣がどう結びつくのか、さっぱり分かりません。


冷静に見つめなおすと、政府が呆れて頭を抱える理由が分かるだろう。
あれほど「人道・復興支援に行く」と言っているのに、理解できないのか、理解する能力が無いのか、日本語が分からないのか、それとも、理解したくないのか、復興支援に行くのがマズイのか。
そう、まるで私から見れば、反対にどうしても自衛隊に、イラクに戦争に行かせたがっているとしか思えないのです。
これは、全国各地で見られる光景です。


人の言葉を信じる、信じないは、まあ個人の自由だろう。 小泉首相の言うことなんか信じられない、そう思っても問題ない。
しかし、言っていない事を言ったかのように、事実をねじ曲げ、妄想で自分勝手に問題を広げ騒ぐのが正しいとは思えない。

だから、政府は新聞広告まで使ってでも、「人道・復興支援」に行くと国民に知らせているのだから、いい加減に戦争反対などのトンチンカンな思いこみを解けば、何も政府も税金を使ってまで広告など出さなくても済む話なのだ。
税金を使ってまで広告を出すハメになったのは、なんて事はない、この投稿者自身の存在によるのだが、性質が悪いのは、本人がそれに全く気づいていないことだろう。

現に、この投稿者も「人道・復興支援」に向かう大型輸送艦の出港で、どうして先の大戦の反省の話しが出てくるのだろうか。先の大戦の軍艦の出港は、確かに戦闘の為の出港だが、今回はイラクの国民の為の出港であり、「頑張って来てね」と応援する事はあっても、先の大戦を連想し、ひとりで日本は危険だと嘆いている。
そのうち、自衛官の姿を見るだけで、戦争だと叫ぶかもしれないほどの勢いだ。


私から見れば、危険なのは日本よりむしろ、この思い込みの激しい日本人だと思える。
言っていない言葉でも、自分勝手に連想し、目的が違う行為に理解を示すよりも、まず生理的な憎悪という色眼鏡で物事見てしまうが為に、正しい判断が出来ずに、独りよがりの結論を下し、的はずれな非難をする人の、なんと多いことか。
軍部の暴走や、戦争への拡大の危惧をするならば、もっと冷静に問題を捉える必要がある。
頭ごなしに、感情論だけで物事を判断する事は、大人のやることではないだろうね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2 18, 2004

目的のための手段

健康のためなら死んでもいい!

ある場所で、「健康のためなら死んでもいい!」と言う言葉を始めて聞いた。
こんな言葉があるとは、恥ずかしながら知らなかった私は、妙にこのフレーズに笑ってしまった。

要するに、目的のために、結果が逆転しちゃう、本末転倒の典型的な例と言う事ですね。
確かに、廻りを見渡しても、そんな人いるいる。


例えば、この間も反戦を訴えて、杉並区の公園の公衆便所に落書きした男性の裁判があったが・・・
男は公共施設に落書きした行為に対し、「内容が反戦のメッセージだったために、通常あり得ない起訴がされた。政治的理由による起訴であり、無効」と訴えたり、判決理由の朗読が始まると、証言台のマイクの一部を裁判官に向かって投げ付け、退廷を命じられ、職員に取り押さえられるとスプレーをまいたりしたそうだ。
つまり、やることがムチャクチャで、まるでガキ。

しかしネットで検索すると、意外にこの落書き事件について、この男性を擁護する声が多いことに驚く。
反戦を訴えることが悪いのではなく、訴えた行為が問題なのだが、その事に気づかないのだろうか。
私から見れば、反戦趣旨であろうが、自己満足の落書きだろうが、迷惑千万なことは同じで、犯人は逮捕して裁判にかけられるべきもの、そう考えている。


反戦を訴える落書きは、許されるべきなのですか。
他にも落書きがあるので、落書きは許されるのですか。

そのほかにも、環境保護団体のグリーンピースなどは、自分たちの主張を訴える、公表するために、不法侵入を行い、ものを盗み、捕鯨などでは船をぶつけて妨害しようとしたり、かなり過激なことをする事で有名だが、彼らもまた、目的が逆転してしまい自分たちが法を犯していることに気づかない、もしくは、環境保護は正当な理由で犯罪行為も許される、そう思っている辺り、まさに健康のためには死んでもいい、ってなパターンですね。


くどいですが、運動そのものは問題ないのです。
反戦活動も、自分の家の塀に書き、自分の車に落書きして走り回ればすむことで、他人の所有物や公共施設に落書きすることが、許されない行為、この区別が大事。

彼を擁護するHPに、言論弾圧で最近の日本の急激な右傾化を憂う、みたない事が書かれていますが、目的のためには手段を選ばず状態になっている、その程度のことも気づかないほど、この問題にのめり込んでしまうのは、
何だかすごく右傾化よりも、彼らに危険な香りがするんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2 17, 2004

訴訟天国

こんな記事を見かけました。

 トラックから転落の写真家、運送会社を告訴
 --------------------------------------------------------------------------------
 ニューヨーク・マンハッタンで、グランドゼロ跡地を撮影しようとしてゴミ収集車から転落した
 写真家が運送会社を告訴したと、10日付の『Daily News』が報じた。

 男性は、停めてあったゴミ収集車に上りグランドゼロ跡地を撮影しようとしたところ、
 トラックが動きだしたため転落した。
 事故が原因で脳に障害を受けた男性は、運送会社に5000万ドルの賠償金を求めている。

『マイタウンUSA』編集部

またアメリカか、と笑ってすむ話じゃない。

そう言えば、1月14日号の「ニューズウィーク日本版」にも特集記事が出ていたが、今、アメリカではあらゆる面で、訴訟が発生し、麻痺状態に陥っているそうだ。

例えば、企業がある州でスポーツ大会を開き、その州の学校の教育プログラムに、毎年5000ドルを寄付して来たが、最近の大会で、3塁ベースに滑り込んで脚を骨折した男性が、市を相手取って10万ドルの損害賠償請求訴訟を起こした事件があり、スポンサー会社も訴えられるかも知れない、と言う不安になり、今年はその大会を中止したそうだ。

企業からみれば、教育振興に役立ってもらおうと寄付するのだが、怪我した人が訴えてしまった場合、高額な賠償金を支払わなければならない可能性も高く、何も出来ない状態になっている、というもの。

これに似た話で、公園からおなじみのジャングルジム、ブランコ、滑り台、シーソーなどの遊具が撤去されているそうだ。 日本でも、最近、危険な遊具に関して裁判沙汰になったが、アメリカの場合、怪我をしたら、まずは管理責任を求めて、行政を訴えるそうだ。
行政側も、怪我をするたびに訴えられてはかなわないと、遊具を撤去する。
公園から遊ぶものがなくなり、家でおとなしくしている子供たちは、肥満になり、親はマクドナルドを訴える、といったばかげた話も起きている。


今アメリカでは、牧師は懺悔や相談は、扉を開けっ放しで行う、密室では訴えられた場合、証人がいないから。 カンニングした子供を叱った教師が訴えられ、歩道で転んだり、市営ゴルフ場で雷に打たれても、自治体を訴える。 公園でガチョウに襲われたと訴え、自殺を防げなかったと牧師を訴え、自分の子供が選手に選ばれなかったのはおかしいと、コーチを訴える。
刑務所でバスケットをしていて怪我をすれば、囚人が看守を訴え、逃亡犯が犯行後3日目に捕まったが、その逃亡中に凍傷にかかり指を失ったが、それは警察がすぐに捕まえなかったから、指を失ったと、ここでも訴訟が起きる。


もう日本人から見ればムチャクチャだ。
アメリカの弁護士は、日本に比べて非常に多く、このまま数年で、アメリカ人の5人に1人は弁護士だろう、などというキツイ見方もある。 優秀な弁護士はともかく、これほどいる弁護士の末端には、常にお金になる事件は無いかと、嗅ぎまわっており、何か見つけた場合、ハイエナのごとく、被害者を訪ね、訴訟を起こすように説得するのだ。 中には、病院の待合室で待機し、交通事故の救急として運ばれてくる患者を、片っ端から訴訟を持ちかける輩もいるそうだ。


それもこれも、訴訟費用がべらぼうに安い、タダのものも多いからだ。
日本では、この間青色LEDの200億円訴訟があったが、あれは訴えた中村氏は、裁判費用の印紙代として2千万円ほど払っている。 金額が上がれば、裁判費用も跳ね上がる。
タダのアメリカでは、ダメもとで訴えることが出来、弁護士費用も勝ち取った金額の何割かを払うだけでよいので、被害にあった人は、面倒なことは弁護士がしてくれので、まず何が何でも、とりあえず訴える。 その上で、勝てば大金が入り込んでラッキーだし、負けても費用はかからないので、自分ではそんなに損はしない、こんな馬鹿げた図式になっている。

皮肉なことに、アメリカは、個人の権利を追及するあまり、自由を失ったようだ。
千円ほどの簡単な商品に、読むのに何年もかかるような厚い説明書が付き、医者は身に覚えの無い訴訟に恐れ、そのために保険に入り、その保険料が高くなり、経費削減のためにリスクの高い治療は行わなくなり、困る患者も増えるなどの悪循環も発生し、また、訴訟を恐れる病院は、真実を徹底的に隠そうとする。
日本では、民事では被害金額しかほとんど認められず、慰謝料もわずかだが、アメリカでは、懲罰罰金と言う言葉がある。

良い例が、タバコにまつわる裁判で、平気で280億ドル(3兆円)とか100億ドルを超える賠償金命令が、陪審員によって出される国だ。 日本では、怪我をして休業して場合、せいぜい、休業日数の収入分と、通院代にプラスアルファ10万円もあれば御の字か。
ところが、アメリカでは場合によっては、50億ドルの判決も出たことがある。
そりゃ、訴訟費用はタダみたいなもの、もし勝って1億ドルでも分捕ることが出来れば、一夜にして大金持ちだ、やめられないはずだ。


こんなばかげた制度、日本では絶対に真似してはならないですね。
太ったには、マクドナルドのポテトを食べたからだ、といって訴えるアメリカを、嘲笑する感覚は、非常にありがたいと思わなければなりませんね。

(3月26日 改行などの文章整理、修正)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2 13, 2004

お引越し

今ままで、私の友人であるSR.VVさんのご好意で、ある場所を借りてblogを書いておりました。

あちらも、そろそろ長くなったので、そろそろ引越しの準備でも始めようかなと。
とりあえずまだ、公開はしておりません。

そのうち気が向いたら、公開に変えますけど。

とりあえず、よろしく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年3月 »